子育ての不安。お父さん、お母さんの気持ちを整える方法とは?

こんにちは。
今回から何回かは、以前述べた『お子さんの成績を上げる方法』の中での ①~⑤の話を掘り下げてみようと思います。
一回目は『①お子さんと話をする前に、お母さん・お父さんは深呼吸をして、気持ちを整える。』です。
「え?毎日、忙しくて安定なんてできないよ」と言われそうです。
 しかし、お母さん・お父さん。ちょっとした行動で、気持ちが安定する、もしくは安定しているように見せられる方法はあります
要は、お母さん・お父さんが動じないように見せられれば良いという意味で、こんな言い方をしました。
ただ、間違えて欲しくないのは、『気持ちに余裕を持つことまで求めていない』ということです。
余裕に関しては、違う段階だと思っています。

そんなことを書いている私ですが、3人の子どもの親(一番下の子は就学前)として、この考えになるま
では、気持ちの安定など全くありませんでした。
子どもたちに対して、必要以上に感情的になることが多々ありました。(茶碗を床に投げて割ったこともありました・・・そのあとはすごく自己嫌悪に陥りました)
「これじゃマズイ」と感じました。自分の性格から、何かあったら、すぐに行動(怒る、思ったことを言ってしまう)ことが多かったので、まずは落ち着ければなんとかなるかもしれないと思って、次の2つの行動を意識しました。
〇日常から、めちゃめちゃ遅いと思うくらいの速さで話をする
〇イラッとしたときは、ゆっくりと息を吐いた後に話をする

そうすることで、自然に落ち着いて、周りを見たり、話を進めらることができるようになってきました
(少なくとも安定しているように見せることは出来ていると思います)
そして、子ども以外の人(妻や他の人たち)の対応も、落ち着いてできるようになる訓練ともなりました。
やはり、意識して行動するってとても大事なんだと今更ながら感じました。
試しに一週間やってみてください。感情的になる人ほど効果があるかもしれません。
次回は、
『②内容は何でも良い。今日の学校の話。部活の話。友達の話。ゲームの話。テレビを見ながらの話 etc』の
ことを述べたいと思います。
今回も、ご覧になっていただき、ありがとうございました。