学力は昼ごはんと夕ごはんと関係あり


今回は、昼食、夕食の大切さについて話をします。

昼食について
お子さんが学校に通っているときは、お弁当もしくは、給食と色々な場合がありますね。
給食の時は、そのメニューに従うことになりますが、お弁当の時は、どのような状態になっているのでしょうか?
やはり、出来る限り、お母さん・お父さんの手作りもしくは、手作りに近いものを用意すべきでしょう。
高校生になると、結構コンビニで買ってもって行く生徒も多いかとは思いますが。
栄養のことはあまり深くは分かりませんが、やはり、作ってあげることができればそれに越したことはないでしょう。
そうはいっても、そんな時間はないという場合は、

『昨日の夕飯を利用する作戦』

でどうでしょうか?
前の日の残りをうまく利用すると、朝の時間が短縮できるでしょう。
また、冷凍食品は、私が学生の頃は、あまり美味しいとは思えませんでしたが、現在は、味もさることながら、食べ物を入れている容器も、おしゃれですよね。
それも、うまく利用すれば、彩りもよくできるのではないでしょうか?

 

夕食について
 すでに夕食の話をしてしまいましたが、夕食に関しては、一言

『可能な限り、お子さんと食べましょう!!』

 

に尽きます。
私の以前の職場での話の中で、計画的にお子さんの食事を考えていたという話をしましたが、それよりも、まずは、お子さんを囲んで食事をすることを第一にした方が良いと思います。
それが出来た時点で、食事の内容を考えて欲しいです。

お母さん・お父さんもそれぞれの仕事の関係上、いつも一緒にというわけにはいきませんが、一緒に食事ができるならば、

たくさん話を聞いてあげて、認めるというスタイルで過ごして欲しいです

食事は、生きるために必要です。
しかし、ただ食べるだけで終わるものではありません。
食事を通して、学力を向上させるために述べてきましたが、それ以上に大切なものがあると感じています。
今回もご覧いただきありがとうございます。