お子さんのことについて お母さん・お父さんは情報を共有はありますか?


子どもたちも学校等に行きはじめ、お正月の雰囲気もここで一息という感じです。
さて、ここ何回か、お母さん・お父さんとお子さんの間について話をしてきました。
今回は、お母さんとお父さんの間のことについて述べたいと思います。

『お父さんもお子さんの情報を共有しましょう』

です。
なぜこのようなことを言うのかというと、国のある調査を見て、疑問を持ったからです。
昨年、国が実施した全国調査から、「父親が22時以降に仕事を終えて帰宅する家庭の子どもの学力が高い傾向にある」
という調査結果が出ていました。

このことに関しては、色々な意見が言われていますが、その結果はそうかもしれませんが、父親が遅い時間で帰宅することが、子どもの成長にプラスになるかと言えばそうはならないと思います。
実際、22時にお父さんが帰ってきてから、どのようなことが待っているでしょうか?

 ①遅い夕食をとる
②お風呂に入る
③お酒が好きに人は飲む(夕食時で同時のときもあり)
④寝る

お子さんは、この時間はいつも起きているとは限らないです。
もしかして、お母さんも、寝てしまっているかもしれません。

これで、お子さんの話ができるでしょうか。
今日あったことをお子さんやお母さんと話すこともできないで、明日を迎えるかもしれません。

学力が高いということを取り上げるということは、当然、有名(偏差値的に高い)な学校に進学ということが意識されています。
当然、偏差値的に高い学校に進学することで、色々な可能性が出てくることはあるでしょう。

ただし、学力以外のお子さんの成長は、お父さんの関わりは非常に大切です。

しかし、『22時以降に父親が~』という調査結果だけが独り歩きして、学力高くなればすべてが良いみたいな感じになってしまっているのは疑問が多いです。
もちろん、家庭の状況は色々あるので、帰宅時間のことだけとは言えませんが、お子さんを育てる多くの目があれば、色々な角度からお子さんの状況を見ることができます。
今の時代、情報を多く持っている者は、色々な場面で有利に立つことができます。
同じように、お子さんの情報も多く持っていた方が、お母さん・お父さんも色々な支援や援助ができる可能性が高くなります。
朝9時、10時くらいから働き始めたお父さんが、夜22時よりも遅くに帰宅するというのは、やはりおかしな話です。
やはり、本当の働き方改革は、じっくりとお子さんと時間を取ることが出来る時間に自宅にいるくらいでないといけないと思います。
情報を共有する内容については、次回に述べていきたいと思います。
今回もご覧いただきありがとうございます。