性の教育・学習はどうしますか?

今回は性教育・学習についてです。
「え!なんか、嫌な部分に話が行きそうで困るな」
とか
「できるだけこの話は避けたいな」
というお母さん・お父さん・保護者の方がいらっしゃるのではないでしょうか?
お子さんから
「どうして、子どもって生まれてくるの」
とか
「僕(私は)はどこから生まれてきたの」
などと聞かれ、とても戸惑っている姿が想像できます。
今日の結論はこうです。

『お子さんが性について答えずらい質問してきても、恥ずかしがらずにさらっと本当のことを言いましょう』

なぜか、性の話の一部分が、日本人にとってはタブーな内容(話を避ける内容)になっていますよね。
本当はタブーの話や恥ずかしい話ではないはずなのに。

性というのは、人間の生まれたときから死ぬまでの過程そのものです。

それが恥ずかしいというのは人間自身を否定するようなものです。
例えば、

 〇人は誰から生まれてくるか?
〇どうやってハイハイから歩くことができるか?
〇男の子の声が大きく変わる時期は?

〇なぜ年を取ると、腰が曲がってくるの
〇どのようにして人は死んでいくの

のような、数えきれないほどの性に関するものが存在します。
それを子どもたちは、人として当然疑問に思ったり、知りたいと思う瞬間があります。

しかし、どうしても、男性女性の性に関して、

 〇子どもができるためには、性交渉が必要なことや
そのための準備として男性では射精が始まり、
女性では月経というものが存在する。
 〇避妊をするには、コンドームが有効

などの話は、今の日本では大きな声で話をすることが避けられてきている経緯があります。
まずは、家庭でしっかりと説明する必要があります。
また、学校でも授業でやってはいます。
現在の学校の授業では、以前よりもだいぶ説明がされてきています。
小学生、中学生、高校生など、それぞれの性教育の目標が示されている内容に沿って、行おうとしている学校が多いです。
それを、工夫して各学校が考えています。
小学校では、担任の先生や保健の先生。
中学校では、体育の先生、保健の先生が主に授業をします。
さらに、お医者さん、看護師や保健師さんなど、性の現場に関わっている方から話を聞くことも多くなっています。
しかし、学校独自(自治体独自)で講師を依頼していることが多く、日本全国の子どもたちが、共通して理解しているとは言えない状況です。
ですので、まず家庭から話を始める必要があります。

家庭で性の話をするポイント

 

①聞かれたことに、思っていることを素直(堅苦しくなく)に答える。
②できるだけ具体的(変な意味ではなく)に答える。
③恥ずかしがらない

我が家でもそうですが、いつ何時、話がでるか分かりません。
そうなったときの心構えも、お母さん・お父さん・保護者の方は必要ですね。