身だしなみを整えるって本当に大切なんだろうか?

こんにちは。みつわです。
(子ども)「今日はどんな服を着ていこうかな?」
(子ども)「うーん」
(子ども)「寒さ我慢して、おしゃれにしていこうかな」
(妻)「その前に、〇〇(名前)、下着取り替えたかい」
(子ども)「・・・・」

ところで身だしなみって大事だと思いますか?
答えは、

もちろん超大事です!

始めの話は、我が家での実際の出来事です。
外観だけはしっかりと考えているのに、見えない部分はどうでも良いのかなと思うことが多々あります。
外側の見えるところだけではなく、見えない身だしなみも小さいうちから習慣づけをさせなければいけません。
習慣付いていないと、色々な場面で不利なことが起きてしまいます。

身だしなみで意識する3点
1清潔感を出す
下着の話もそうですが、見えないところもしっかりと整えなければいけません。
手を洗う、顔を洗う、歯を磨く、髪を洗う、体を洗う
なども。
それぞれ、清潔にしなければいけないところです。
しかし、子どもにとってそれを継続することは、結構面倒なときがあります。
私自身、小学生になる前にすでに、かなりの虫歯がありました。
なぜなら、その日により磨かなかったり、磨き方が雑だったからです。
結局いい加減にやったせいで、歯が痛くて眠れない日々が1カ月ほど続きました。
歯医者がきらいだったので我慢していましたが、さすがに虫歯の部分が腫れてきたので、もうダメだと思い、親に頼んで歯医者に行かせてもらいました。
奥歯の上下4カ所すべて虫歯になっていました。
それも2本は歯が溶けていました。
ひどすぎて治療完了まで2年間もかかってしまいました。
現在も治療した歯の状態が悪くなる可能性があると言われているので、定期的に通っています。
子どもにはこうなって欲しくはありません。
「そんな基本的な習慣なんて言わなくてもできるでしょう!」
と思わないでください。
週に1、2回は、スキンシップを兼ねて、歯を磨いてあげる。
一緒にお風呂に入り、体や頭を洗ってあげる。
洗濯をしたときに、服の状況を確認し、気になったら声をかける。

など、コミュニケーションを取りながら、定着をしているか確認してみると良いでしょう。
2相手への思いやり
「第一印象」って大事ですよね。
よく就職活動で、この言葉は使われますが。
しかし、これは就職活動に限ったことではありません。
お子さんが毎日学校に通っているときも、一発目に友達と会うときの第一印象もあります。
この第一印象、とても大事です。

「今日寝ぐせがついているんだ」
「新しい服買ったんだ」
「靴が汚れているのはなぜだろう」
相手は瞬間的に色々な情報を入手します。
それが、すぐには人間関係に影響を及ぼすことはないですが、徐々にその情報が蓄積していることは確かです。
プラスの情報、マイナスの情報の結果、相手への印象は大きく変わってしまいます。
さすがに、お母さん・お父さん、保護者が学校についていくことはできないので、家での意識づけや身だしなみの声がけはしていきましょう。
3気持ちの切り替え
TPO(時と所と場合)によって、人の気持ちは大きく変わります。
それを変えるきっかけの一つが、身だしなみを整えることです。
休みの日に、一日パジャマ姿で過ごしていたら、どうなるでしょう。
顔も洗わない、服も着替えない、髪も気にしない。
行動までだらだらすることになるでしょう。
これは極端な例ですが、人には切り替えポイントがあります。
それが、身だしなみを整えるです。
戦隊ヒーローも変身することで、強さはもちろん、モチベーションも全く変わります。
子どもたちにも、ヒーローになるような感じでTPOをわきまえるようにしていきましょう。
どんなことにでもメリハリをつけることは大切です

 

まとめ

 

身だしなみは、人としての基本であることをお子さんには伝える必要あり
お子さんに身だしなみの重要性を教えるには、お母さん・お父さん、保護者も動く必要あり

以上、みつわでした。