赤ちゃんが便秘かも!病院に行くべき?便秘改善マッサージの方法は?

赤ちゃんの便秘ってお母さんにとっては一大事ですよね。

「これは便秘なのか」「病院に行くべきなのか」「でも便秘で病院に行っても良いのかな。」便秘で病院に行くのってちょっとためらいますよね。

私もその一人でいつも病院に行こうかどうしようかと悩んでいました。

それに正直小さい子を連れて病院に行くのは、お母さんにとってはとても大変なことです。

病院で何か他の菌を貰う可能性もあるので、可能であれば病院に行く前に出来ることはやりたい!と考えるお母さんも多いのではないでしょうか?

そこで、同じ悩みを経験した私が試した、今すぐお家で簡単に出来る「赤ちゃんの便秘改善方法」をご紹介したいと思います。

緊急性がない便秘でしたら、是非病院に行く前に試してみてください。どれもとても簡単で誰でも挑戦していただきやすいものです。

そして色々試してみて、それでも出なかったら堂々と病院に連れて行ってあげてください。

「便秘で病院に行っても良いのかな」なんて思わないで大丈夫です!

私の娘も便秘で病院に駆け込み、浣腸でどっさりとうんちを出してもらったことが何度もありますし、先生も心配だったらいつでも連れておいで!と言ってくださいました。

赤ちゃんの便秘で病院に行く方は意外と多いそうですよ。

今回は、私が試した「赤ちゃんの便秘改善方法」も含めて赤ちゃんの便秘について詳しくお話ししたいと思います。

赤ちゃんの便秘で悩まれているお母さんの助けに少しでもなれれば幸いです。

 

うんちが出ない!そもそも赤ちゃんの便秘ってどんな状態をいうの?

 赤ちゃんのうんちが何日も出なくて、お腹が張っていたら便秘かな?と心配になりますよね。

そもそも便秘には個人差があり「何日出ていないから便秘」という定義は無く、毎日うんちが出ていなくても機嫌や体調が良ければ便秘ではないのだそうです。

普段の排便回数や頻度で比較するようにしてください。

ただし、うんちが何日かでていなくて、以下の項目のうち一つでも当てはまる場合は便秘の可能性が高いので、便秘かも?と疑っている場合は是非チェックして参考にしてください。

チェック項目
  • 赤ちゃんの機嫌が悪い
  • 下腹部がいつもより張っている
  • コロコロした固いうんちが続き血が付く
  • うんちの量が少ない
  • うんちをする時に苦しそう、または泣く
  • ミルクや母乳を飲む量が減っている
  • 何度も吐く・おならがくさい

便秘解消と予防の為にやっておきたいこと

便秘になったら機嫌も悪くなるし、食欲もなくなります。それは大人も赤ちゃんも同じ事です。

私の娘は放っておいたらずっとうんちが出ず、よくお腹がパンパンに張って度々機嫌が悪くなっていました。

その都度病院にいくわけにもいかないので、自宅で出来る便秘解消方法と予防方法が無いかネットで調べまくり、片っ端から試していました。

当時色々な方法を併用して試していたため、正直どれに効果があったかは一概には言えないのですが、こちらを試す前と試してからでは、うんちの頻度が確実に増えたので、是非出来るところからでも試してみて頂けたらなと思います。

先程の便秘チェックでやっぱり便秘かも!と思われた方や、赤ちゃんのうんちが何日か出ていないなという方、まずは食事や水分に気を付けてあげてください。

また外側からの刺激としてマッサージで腸を刺激したり、綿棒浣腸でお尻の穴をこちょこちょしてあげるのも効果的です。

この食事と水分、マッサージや綿棒浣腸での外側からの刺激は私の娘には効果があったようで、少しずつですが自力でうんちが出るようになりました。

その他、オムツかぶれ等による痛みで赤ちゃんがいきむことを我慢してしまう事がないように、こまめにかぶれのケアもしてあげることも気を付けていました。

以下に私が試した便秘解消と予防方法をまとめたので是非参考にしてください。

水分をたっぷりあげましょう

離乳食を食べ始めた赤ちゃんは、水分不足で便秘になることがあります。

母乳やミルクの量が減った分、白湯や麦茶などで水分をこまめにあげるようにしてください。

水分補給のタイミングは、お昼寝の後やお風呂上り等何かの区切りで飲むように促すと良いでしょう。

娘も遊びに夢中になっているときは飲んでくれないことも良くあったので、とってがついていて持ちやすいお茶入れを常に娘の近くに置いておき、区切区切りでお茶を飲むようすすめていました。

食事は芋、バナナ、リンゴなど食物繊維を意識して

野菜や食物繊維が不足すると、大人と同じように赤ちゃんも便秘になります。

バナナやさつまいものペースト、すりおろしたリンゴなどは食物繊維も豊富で便秘解消にも良く、簡単に作れるのでおすすめです。

ここでは、私が良く作っていた、簡単に出来てどの月齢にもアレンジしやすいレシピをご紹介します。

各月齢に合わせて潰したり、皮を取ったりして工夫してあげてくださいね。

おすすめレシピ1

離乳食に☆りんごとさつまいもの甘煮

材料

さつまいも 1/2本

りんご 1個

作り方

さつまいもは皮付きのまま(煮崩れ防止)1センチくらいの輪切りに、リンゴは皮をむいていちょう切りにします。

鍋にさつまいもを入れたら、かぶるくらいまで水を入れ、その上にりんごをのせます。

鍋に蓋をして中火で煮て、沸騰したら弱火にして軽く煮詰めます。

やわらかくなったら火を止めそのまま冷まします。

(参考:cookpad  https://cookpad.com/recipe/2902519

おすすめレシピ2

離乳食バナナヨーグルトきな粉かけ

材料

プレーンヨーグルト 大さじ2

きな粉 小さじ1/2

バナナ 3センチ程度

作り方

バナナはざっくりスプーンでほぐしたら、レンジにかけてやわらかくします。

バナナとヨーグルトを混ぜ合わせたら、きな粉をかけて完成です。

(参考:cookpad https://cookpad.com/recipe/2818420

オリゴ糖を与えてみる

純度の高いオリゴ糖は、ミルクや母乳しか飲んでいない赤ちゃんにも安心して使えておすすめです。

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やして、腸の活動を促してくれる作用があるので便秘改善効果が期待できるそうです。

私は当時スーパーで購入した液体の「きびオリゴ糖」を使用していました。

アレルギーや与える量など、心配だったのでメーカーに直接問い合わせ、確認してから与えていました。

優しい甘みでヨーグルトに少しかけて食べさせていましたが、オリゴ糖は種類も多く与え方も様々なので色々試してみるのもよさそうです。

与える量は1日あたり0.5~1g程度が目安だそうです。

 

便秘解消マッサージと運動

赤ちゃんは筋力が弱く、踏ん張ってもうんちが出せない事が多くあります。

そんな場合は、赤ちゃんの腸を外側から刺激してあげると効果的です。

おへそを中心に平仮名の「の」を描くようにマッサージします。

力は入れず撫でるようにお腹全体を優しくマッサージしてあげてださい。

また、赤ちゃんを仰向けに寝かせて両足首を持ち上げ、左右の足を交互に動かしてあげて太ももや膝でお腹を押すのも腸が刺激されてとても効果的です。

上半身を起こせるお子さんは腹這いもお腹への刺激になります。

それぞれの運動やマッサージはどれも赤ちゃんとのスキンシップにもつながりますので、お母さんも楽しみながら行ってください。

私が試した中では、このマッサージや運動が一番効果があったように思います。

特に「の」の字マッサージはスキンシップもかねて、毎日してあげていました。

腹這いができるようになってからは、筋力がついたのか、うんちも少しずつですが自力で出せるようになっていきました。

ただし、どれも赤ちゃんが痛がったり嫌がったりしたらやめてあげてくださいね。

ここでは詳しいマッサージや運動方法を紹介します。

いくつか試してみて赤ちゃんとの相性の良いものを見つけられると良いですね。

便秘解消におすすめ!マッサージ

「の」の字マッサージ

ゆらゆらマッサージ(お腹にガスが溜まっている時に効果的)

ペダルこぎ運動

乳児の便秘マッサージ方法

綿棒浣腸

綿棒にベビーオイルかワセリンを付けます。

まず、その綿棒でお尻の穴をつついて刺激を与えます。

これだけでうんちをする赤ちゃんもいますが、反応が無ければ、綿棒のコットン部分だけ(約1センチ程)をお尻の穴に入れ、出し入れします。

1歳に近い赤ちゃんでしたら綿棒の先でゆっくりと円を描くように約10秒間刺激します。

くれぐれも綿棒を奥まで入れすぎないように十分注意してください。

こちらも赤ちゃんが痛がったらやめてあげてくださいね。

 

オムツかぶれのケア

オムツかぶれ対策に大切なことは「清潔にすること」と「乾かすこと」です。

うんちとおしっこが混ざるとアルカリ性が強くなり、かぶれの原因になるそうです。

うんちをしたらすぐにおむつを取り替えてあげてください。

おしっこの場合でもおむつの湿度が高くなるとかぶれやすくなるため、こまめにおむつ替えをしてあげましょう。

また、おしりを拭くときはしわの中まで丁寧にふいてあげてください。

私も汚れやかぶれが気になるときは、スプレーボトルにぬるま湯を入れて、オムツかえのタイミングでプシュプシュっとし、水分がひたひたな状態で洗うようなイメージでおしりふきで拭いてあげていました。

これをすると肌への刺激も少ないようでかぶれが落ち着いていきました。

毎回シャワーをするよりかはいくらか楽なので、面倒ですが是非試してみてください。

それでも出なかったら浣腸や、便秘薬も効果的です。

ただし、私の場合は自己判断で赤ちゃんに薬剤の浣腸をするのは怖かったので、浣腸の場合は行きつけの小児科で浣腸をしてもらい「市販の浣腸をどういった頻度ですれば良いか、また浣腸の仕方について」を教えて頂きました。

そうすることで、安心して自宅で一人ででも浣腸をすることができるようになりました。

また、赤ちゃんの便秘薬として有名なマルツエキスは薬局で販売していましたので、気軽に試すことができました。

こちらも薬局の方に、飲み方や量を確認してから少しずつ注意しながら飲ませていました。

どちらの商品も薬局やネットでも販売しており、入手しやすいので色々試してもなかなか出ないという方は、専門家にご相談の上試してみるのも良いかもしれないですね。

イチジク浣腸の使い方の参考(赤ちゃんに使うとき) イチジク製薬株式会社

【第2類医薬品】イチジク浣腸 40(40g*10コ入)【イチジク浣腸】

価格:846円
(2019/5/18 14:04時点)
感想(0件)

(楽天)

【第2類医薬品】イチジク浣腸40 40g×10

新品価格
¥888から
(2019/5/18 14:07時点)

(Amazon)

赤ちゃんの便秘薬 マルツエキス

 

【第3類医薬品】赤ちゃんの便秘薬 マルツエキス スティック (9g×12包入) ツルハドラッグ

価格:818円
(2019/5/18 14:09時点)
感想(0件)

(楽天)

【第3類医薬品】和光堂 マルツエキス・ステイツク 9g×12

新品価格
¥798から
(2019/5/18 14:10時点)

(Amazon)

 

病院に行った方が良い?判断に迷ったら。

赤ちゃんのうんちがなかなか出ないと心配になりますが、成長過程で一時的な便秘はよくあることです。

1~2日うんちが出なくても食欲があり元気にしているのであれば、少し様子を見ても良いでしょう。

それでも解消せず、3日間うんちが出ていなければ、病院を受診する事をおすすめします。

というのも、4日目になるとうんちがカチカチに固くなってしまうそうです。固くなったウンチは出るときに肛門に傷をつけることがあり、痛みを感じます。

その痛みのせいで、赤ちゃんはうんちをするのが怖くなり、更に便秘を悪化させてしまうからです。

また、次のような状態の場合、便秘の他に病気が隠れている可能性がありますので、すぐに病院で受診してください。

  • お腹がパンパンに張っている。
  • 産まれてからずっと便秘の状態が続いている
  • ぐったりしている、または機嫌が悪く熱や嘔吐の症状がある
  • うんちを出す時に痛そうにしている。うんちも固く出血がある。

病院を受診する場合、便秘が始まったのはいつか、食欲、機嫌、症状を伝えましょう。便のついたオムツを医師に見せるのも良いようです。

 

まとめ

 

赤ちゃんの機嫌が悪い、下腹部が張っている、固いウンチが続き血が付く、うんちの量が少ない、うんちをするときに苦しそう、または泣く、ミルクや母乳を飲む量が減っている、何度も吐く、おならがくさい、等の症状が一つでも見られる場合は便秘の可能性が高くなります。
便秘解消と予防の為に、食事は食物繊維を意識して、水分はこまめにたっぷり与えてください。また純度の高いオリゴ糖を少量与えるのもおすすめです。
便秘解消の為の、外からの刺激としてマッサージや運動、綿棒浣腸がおすすめです。マッサージはお腹を押すことで腸に刺激を与えるので、腹這いも効果的です。綿棒浣腸は綿棒にベビーオイルかワセリンを付け、綿棒のコットン部分のみをお尻の穴に入れ出し入れしたり、円をかくようにくるくる回し刺激する方法です。
オムツかぶれのケアをしてあげる事で、うんちをするときの痛みを軽減してあげられます。オムツかぶれ対策に大切なことは「清潔にすること」と「乾かすこと」です。
どうしても出ない場合は、浣腸や赤ちゃん用便秘薬「マルツエキス」もおすすめです。ただし薬剤の使用に際しては専門家にご相談の上慎重にご使用されることをおすすめします。
4日目になるとうんちがカチカチに固くなってしまうため、3日間うんちが出なければ病院受診をおすすめします。
また、お腹がパンパンに張っている、産まれた時からずっと便秘が続いている、ぐったりしている、機嫌が悪く熱や嘔吐の症状がある、うんちを出す時に痛そうにしているし、うんちも固くて出血がある等の症状がある場合、他に病気が隠れている可能性がありますので、すぐに病院で受診してください。

緊急性がない便秘だとわかったら、是非病院に行く前に便秘改善方法を色々試してみてください。

また私の娘のように、日頃から便秘改善解消方法を自宅で行いながら、どうしても出ないときは病院に頼るという形で、赤ちゃん期の便秘に対応するのも良いと思います。

この記事を参考に、ご自身の赤ちゃんにあった便秘対応方法を見つけ出してくださると嬉しいです。

赤ちゃん(新生児)におすすめの石鹸は固形タイプ?泡タイプ?

子育てのストレスから解放!赤ちゃんのために読む育児本。オススメな5つ

赤ちゃんの夜泣きが嘘みたいに止まる?意外なグッズ5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です