子育て中の肌荒れにお別れ?顔につかって欲しい3つのクリーム

出産後から始まる子育て。

子供や家事をこなしていると自分のスキンケアなんて後回しなんてことありませんか?

先日新米ママたち10人以上で集まり話したところ、産後忙しくてスキンケアが疎かになったというママたちが8割ほどいました。

そういう私も日々の忙しさとまだ20代だからという謎の自信から、肌のお手入れをサボることが頻繁にありました。

その結果20代とは思えないほど肌がパサつき、シミが目立つようになり主人にも指摘されるほど。

女性としての自信を取り戻すために、少しでも出産前の肌に近づくよう生活を見直すことで少しずつ改善することができました。

髪は女の命といいますが、顔の印象は肌によって大きく変化するものだと強く感じました。

実際、子育て中のスキンケアは難しく感じますが、意外と簡単なことだけで改善することも多いのです。

ここでは私が行ったスキンケアのポイントをいくつか紹介したいと思います。

 

肌荒れの原因は?

肌荒れは、肌が赤くなる・乾燥・かゆみが出る・吹き出物・シミ・そばかすなど症状は様々です。

子育て中のお母さんに起きやすい肌荒れの原因としては食生活の乱れによるもの、ストレスや睡眠不足による肌のバリア機能の低下など。

また子供と公園に行く機会も多いと思いますが、日焼け止めは必須です。

紫外線は顔の水分を奪い乾燥状態にします。

そこから発生するのが、シミ・くすみ・ニキビ・肌のざらつき・しわ・たるみ等です。

どうしても日差しの強い夏が紫外線も多く感じます。

気象庁のデータによると3月から急激に強くなり、5~8月がピークを迎えます。

冬も紫外線がなくなるわけではなく、少ないながらもしっかりと浴びています。

このようなポイントでお母さんたちの肌は、常に危険にさらされています。

 

どのように肌は改善したの?

私は肌の改善をしようと思う前にはあまり鏡を見ることをしなったと思います。

もちろん公園やスーパーに出かけるために、身だしなみはチェックします。

ただそれがポイントでしか顔を見ることがありませんでした。

全体を見ることももちろんありますが、ぼんやりと全体を捉えるだけで以前のように鏡で自分を注視することはかなり減りました。

肌改善のためにはまず現状を知らなくてはと思い、久しぶりに鏡の前で自分を見つめると乾燥し顔に覇気がない自分自身。

こんな顔だったかと自分で驚きました。少しの努力で変わるために以下の点を心がけました。

 

  ふき取りタイプのメイクシートの使用を控え、洗顔クリームを使う。

片手間でメイクを落とせてしまうシートやコットンにとって使うふき取りタイプ。

片手間でしかも素早く落とせてしまうので、日常的に使ってしまったりしませんか?

しっかり落とせてるから大丈夫と思ってる方もいるかと思いますが、意外な落とし穴があります。

それはふき取ることで肌を傷つけてしまうこと。

オイルやクリームタイプに含まれている油分に頼らず界面活性剤で落とすため、肌への刺激が強くなってしまうのです。

どうしてもの場合には強い味方ですが、日常的に使用するには控えたいアイテムですね。

またふき取った後には界面活性剤が肌に残るため、そのままお手入れをしてしまうと界面活性剤を含んだ状態になってしまうので、ここにも注意が必要ですね。

そのため時間がないままにはメイク落としと洗顔ができるクリームを使用するのがお勧めです。

メイク落としと洗顔ができるため時短にもなりますね。

洗顔で有名なロゼット。この商品以外にエイジングケアのものがあったりします。

ロゼット 洗顔パスタ エイジクリア メイク落としクリーム(180g)【ロゼット 洗顔パスタ】

価格:738円
(2019/5/31 09:50時点)

(楽天)

ロゼット洗顔パスタエイジクリアメイク落としクリーム

新品価格
¥644から
(2019/5/31 09:54時点)

(Amazon)

こまめに日焼け止めクリームを塗る

子育てをしていると子供とお散歩に行ったり公園に出かけることも多いのではないでしょうか?

気温が高い日は日差しも強く、日焼けしないように日焼け止めクリームをされると思います。

ですが、日焼け止めクリームにもいくつか気を付けなければならない点があります。

一つ目が紫外線は夏だけではないということです。

紫外線の量は5月から8月がピークと言われていますが冬でも、紫外線は出ています。

そのために冬だからと日焼け止めを塗らずに長時間外にいると、肌へのダメージも大きいでしょう。

(出典:気象庁 http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/info_uv.html

二つ目に日焼け止めには効果が持続する時間は2~3時間ほどとなっています。

これに関してはメーカーによって差があるというわけではありません。

そのため2時間以上外出する際は塗りなおしを行ったほうが良いです。

塗り直しの時に日焼け止めクリームが手間になるようでしたら、スプレータイプでもいいと思います。

この商品は美肌にも効果あり美容クリーム感覚でぬれる日焼け止めクリームです。

【店内P最大15倍以上&300pt開催】【DHC直販化粧品】美容クリーム感覚で毎日使える日やけ止め!DHC薬用QサンカットUV【日焼け止め SPF30 PA 】 suncut | 化粧品 基礎化粧品 スキンケア uvクリーム 化粧下地 下地クリーム フェイス 日焼け止めクリーム ディーエイチシー dhc

価格:1,944円
(2019/5/31 09:56時点)
感想(2件)

(楽天)

【医薬部外品】DHC薬用QサンカットUV

新品価格
¥1,600から
(2019/5/31 09:57時点)

(Amazon)

オールインワンクリームを使う

オールインワンクリームは子育てママの強い味方といってもいい商品だと思います。

独身時代にエステに行っていた際には、「一つ一つに役割があるからしっかりとサボらないように気を付けてね。」と言われましたが、実際ママになり思うことは「そんなのできない!」

というのが正直なところではないでしょうか?

なのでせめて何かしらのスキンケアが行うためにも、オールインワンクリームを使ってみてはいいのではないかと思います。

我が家では毎日ではないにしても旦那さんに交代してもらい、しっかりとスキンケアする日を作っています。

この商品は乾燥に強くハリをキープしてくれる10機能が一つになったものです。

one オールインワンクリーム STa(40g 約1ヶ月分) 化粧品 保湿 オールインワン ユーグレナ one オールインワンジェル

価格:3,218円
(2019/5/31 10:06時点)
感想(3件)

(楽天)

ユーグレナ(ユーグレナ) ワンオールインワンクリーム STa 40g

新品価格
¥2,589から
(2019/5/31 10:09時点)

(Amazon)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私は紹介した3つのクリームを使い、肌荒れを改善することが出来ました。

美肌を保つのは大変なイメージがありますが、意外と簡単にできることもあると思います。

また子育てや家事、仕事にと忙しい毎日を過ごしていると思いますが、気持ちを楽に持つことも大切なのだと感じました。

自分がやらなきゃいけないと思っていましたが、旦那さんに頼ることで気が楽になりました。

そうすることで美肌の大敵であるストレスも軽減されますし、スキンケアする時間を作り旦那さんやお子さんが自慢できるようなきれいなママになりたいですね。

子育て中のお肌乾燥ママに朗報!もっちり肌への改善対策はこれ!

肌は若返る?老化しないキメの整った美肌をつくる簡単美習慣3選

肌の乾燥の原因は?ガサガサ乾燥肌習慣の改善で全身うるうる美肌に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です