乾燥肌のつら〜いかゆみにおさらば!かゆみの原因と改善方法をご紹介

冬になると肌がかさかさして、かゆくなるという方は多いのでないでしょうか?

そんなとき、ポリポリとかいていませんか?「かくと余計にかゆみがますよ」なんて言われても、かゆくてかゆくて我慢なんて出来ない!って思ってしまいますよね!(笑)

私も、超乾燥肌でして冬はとくに辛いです。

常に乾燥して粉ふいてる状態です。(泣)

そんな私が、実際に試してみて乾燥肌が改善された方法をご紹介したいと思います!

 

かゆみの原因

かゆみの原因には、皮膚に異常がある場合とそれ以外に問題がある場合に大きく分けられます。

皮膚に異常がある場合は?

かゆみが生じる代表的なものは、アトピー性皮膚炎、虫刺され、蕁麻疹、乾燥性湿疹などあると思います。

皮膚からの異常は、神経を伝わって、脊髄を通り最終的に脳に伝えられて、はじめてかゆいと感じます。

これらの中で特にかゆみが強いのは、アトピー性皮膚炎です。

通常ですと、ポリポリ掻くとある程度のかゆみは抑えられます。

しかし、アトピー性皮膚炎だと、単純にポリポリ掻くだけではかゆみが治まらない場合がほとんどですよね。

掻いても掻いても,かゆみが抑えられないため、さらに強く掻くことによって、皮膚が破壊されて炎症が増強してしまい、かゆみが更に悪化してしまいます。

それ以外に問題がある場合は?

乾燥肌からくるかゆみは、皮膚のバリア機能が低下しているために起きてしまいます。

乾燥皮膚は角層のバリア・水分保持機能が低下している状態です。

さらに皮膚に分布している神経も異常な形態をしています。

その結果、皮膚が過敏状態になってしまい、かゆみが生じてしまうのです。

加えて,この皮膚が乾燥している状態では,外界からのアレルギー原因物質の侵入を許し,アレルギーを発症させてしまう可能性があります。

乾燥した皮膚の状態を放置しておくのは厳禁です。

※しかし、皮膚に問題がない場合もかゆみが生じてしまうことがあります。その主な原因は、腎疾患、肝疾患、糖尿病、内臓悪性腫瘍などです。

その他にも、白血病・リンパ腫などの血液疾患や多発性硬化症などの神経疾患などでもかゆみを生じる場合が考えられます。

 

乾燥肌を悪化させないために

肌を乾燥させないというと、スキンケアにばかり注目してしまいませんか?でも、実はそれだけでは根本的な解決にはならないのです。

大事なことは、全体的な生活の見直しなんです。

  • 適度な睡眠
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足

ストレス社会ですが、出来るだけストレスを感じないような生活を心がけることが重要になります。

 

入浴時に気をつけること

寒い季節は、熱めのお風呂に入りたくなりますよね。

私も、あつ〜いお湯に浸かる事が好きなのですが、実は熱めのお風呂に入ると皮膚膜が流れ落ちて、角質層がむき出しになってしまうので、乾燥する原因になってしまうのです!

ですので、お湯の温度は出来るだけ40℃以下を目安にするとよいでしょう。

寒い時期に40℃はぬるいと感じますが、この「ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる」という事が、お肌の乾燥を防ぐことに繋がります。

乾燥を改善したい方は、保湿成分の入った入浴剤を選ぶことをオススメします。

ここで、私が愛用している入浴剤をご紹介したいと思います。

 

MINON

私が気に入っているポイントは、

  • お肌がとってもしっとりする
  • 良い香りでリラックスできる

お風呂からあがった後も、しっとりすべすべで、保湿力が高いと感じています。

また、お肌に優しい弱酸性なことも、嬉しいですね。

ミノン 薬用保湿入浴剤 480ML

価格:1,382円
(2019/6/2 16:03時点)
感想(1件)

(楽天)

(Amazon)

ソフレ

私は一歳の娘がいるので、娘とお風呂に入る時はソフレの入浴剤を使っています。

ソフレの気に入っているポイントは、

  • 赤ちゃんと一緒に使える
  • お肌がしっとりもちもちになる
  • 優しい香りに癒される

MINONも気に入っていますが、私は娘とお風呂に入る事がほとんどなので、主にソフレを愛用しています。

赤ちゃんも自分も、しっとり保湿されるので、寒い時期など乾燥から赤ちゃんを守る事ができるのは、1番のお気に入りポイントです。

(楽天)

(Amazon)

 

乾燥肌に効果的な栄養素と食材を摂ろう!

たんぱく質や必須脂肪酸、ビタミンなどは乾燥肌に効果的な栄養素と食材です。

取り入れたい食材を詳しくお話ししていきますね。

たんぱく質は「細胞の原料」

お肉やお魚、大豆などに豊富に含まれています。

必須脂肪酸は肌細胞の「細胞膜」を作る

サバやイワシなどの青魚や、コーン油や大豆油などに豊富に含まれています。

亜鉛は肌や髪の毛の健康を維持する

牡蠣やレバー、牛肉、チーズ、たまごなどに豊富に含まれています。

ビタミンAの生成を促したり、皮膚や粘膜を正常な状態に保つ

レバー、うなぎ、卵黄、緑黄色野菜などに豊富に含まれています。

ビタミンB2、B6は肌の再生を促したり、細胞の原料になる

ビタミンB2は牛レバーや豚肉、納豆に含まれます。

ビタミンB6は、にんにくやマグロ、鳥レバーなどに豊富に含まれています。

ビタミンEは肌の血行を促進し、新陳代謝を促す

アーモンドなどのナッツ類や、アボカド、いくらなどの魚介類に豊富に含まれています。

これらの栄養素の中で、優先してとるべき栄養素は、「細胞の原料」になるたんぱく質です。

新しい細胞の原料になるたんぱく質が不足していては、十分に役割を発揮することができないのです。

成人女性が1日に必要なたんぱく質は、およそ50gほどだそうです。

肌の乾燥を防ぐためにも、毎日とることを心がけたいですね!

お肉やお魚、大豆などはとりいれやすいので、私は毎日、食卓に出していますよ。

栄養バランスを考えた食事を心掛けているおかげで、乾燥肌もそうですが、肌のかゆみに悩む事が減ってきました。

肌のツヤも良くなって、嬉しい変化がたくさんおきています。

 

まとめ

乾燥肌を改善するためには
  • 栄養バランスの良い食事を心掛ける
  • 「細胞の原料」になるたんぱく質を、できるだけ毎日とる
  • お風呂は、40℃以下のぬるめのお湯にゆっくりと浸かる
  • 保湿成分配合の入浴剤を使う
  • 質の良い睡眠をとる
  • ストレスを溜めないように気をつける
  • 適度に運動をする

今日から始められやすいことがたくさんあると思います。

この記事が少しでも皆様の参考になりましたら、幸いです。

お肌カサカサでかゆみがつらい!子育てママへおすすめ肌改善法時短編

肌の乾燥の原因は?ガサガサ乾燥肌習慣の改善で全身うるうる美肌に

子育て中のお肌乾燥ママに朗報!もっちり肌への改善対策はこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です