子育てのお悩み相談(中学生編)

子供が中学校に入ってから、幼少期と様子が変わった、親子間のコミュニケーションが減った、と感じていませんか?

思春期に入った子供は、自身が急激に変化してコントロールできない自分に加えて、学校の中でのいろいろなストレスが重くのしかかってきます。

一人として、悩みを持っていない子はいないのが現状です。

勉強、部活、友人関係、容姿や能力の比較などのみならず、些細なことと思うようなことで子供たちは悩んでしまうのです。

今回は、中学生の子供を持つ方々が持つ悩みを多い順に紹介し、対処法をまとめていきます。

 

反抗期

反抗期は中学生のお子さんがいる方々が最も多く悩んでいる事項です。

無視や暴力、言葉遣いが悪い、などを目の当たりにすると、ついつい口を挟んでしまうのではないでしょうか。

子供が反抗するのは、自分の内面の不安定さにうまく対処することができず、身近な親にストレスをぶつけてしまうからです。

反抗期は子供にとっては親から「自立」し、自分を律する「自律」の術を学ぶ期間なのです。

この期間はあれこれと指示をせず、子供を見守り、時には導き、あまり神経質にならないようにしましょう。

失敗は成長する機会と捉え、許せないラインだけ決めてそれ以外は大らかにつつんであげる態度でいるといいと思います。

全否定はしてはいけません。真摯に向き合い、受け止め、子供が大事だという態度でいましょう。

 

スマホ問題(SNS)

今はみんながスマホを持っていて当たり前の時代になりました。

中学生の中では、SNSをやることが一種のステータスのようになっています。

SNSが友人関係を作ったりもするので、中学生にとっては必要不可欠のものでしょう。

また、最近ではスマホゲームも豊富にあるため、はまってしまうことも多々あるようです。

しかし、やりすぎると「スマホ依存」になり、視力の低下や「スマホ首」など身体的にも悪影響です。

スマホを使いすぎた結果、成績が下がってしまったり、問題に巻き込まれてしまったりします。

スマホ問題の対処法としては、まず毎日スマホを使える時間を決めておくこと、そして家族間のコミュニケーションを欠かさず、子供を常に観察することです。

そして、フィルタリング規制(有害なインターネットサイトを選別してアクセスできないようにする制度)や課金制限(ゲーム内・インストールなど)を設けることで、事前に対処しておくのがベストです。

 

成績

中学生の親として、一番心配になる事項だと思います。

「うちの子、成績大丈夫かな?」と心配になり、ついつい試験の結果や模試の成績を聞いてしまうこともあると思います。

そうなると子供は、成績が悪いと怒られると思って、自分のためでは無く親を喜ばせるために勉強するようになります。

そのような勉強は一切身につきませんし、受験が終わった後すぐに忘れてしまいます。

実際、私の友達の家庭は成績にうるさく、試験の後いつも成績を聞かれたそうです。

成績が悪いと怒られていたので、怒られたくない一心で勉強していました。

しかし、実際その勉強が身についたのかと聞かれると疑問です。

彼女はその後無事に高校に進学できましたが、大学受験に失敗してしまったそうです。

勉強は親のためにするのでは無く、自分のためにするべきです。

なので、あまり首を突っ込むことはやめたほうがいいと思います。

また、最近の中学校では部活動が強制のところが多いようです。

部活に集中すると成績が下がる、と心配する方もいらっしゃると思いますが、部活は対人関係やチームプレーを学べる貴重な場です。

勉強との両立ができるように、支えてあげるといいと思います。

また、試合の成績にもあまり深入りせず、「頑張ったね」「次は勝てるよ」などの言葉で応援してあげるといいと思います。

 

やる気を見せない

中学生くらいの思春期の子供たちは、大人から見て些細なことでも傷付いて悩んでしまう年頃です。

友人関係や体のことなど、それぞれの悩みは異なります。

悩みを解決してあげたい!と思うかもしれませんが、繊細な時期なので過度に干渉するのはお勧めしません。

コミュニケーションをとりつつ、見守るといいと思います。

友人関係で最近話題に上がるのがいじめ問題です。

仲間外れにあったり、いじめられたりすると学校にも行きたくなくなり、不登校になってしまうことがあります。

その際の対処法としては、まずはゆっくりと話を聞いてあげましょう。

そしてお節介な行動は慎み、アドバイスがあれば「お母さんならこうするけど、どうかな?」など、提案程度にしておくといいと思います。

いじめが助長されてしまう恐れがあるので、くれぐれも学校に連絡したりなどのお節介はやめましょう。

体のこととしては、中学生は他人と比べがちです。特に女の子は無理なダイエットを始めたりするでしょう。

その際は健康に痩せられるよう、食事面などでサポートしてあげたり、適度な運動に付き合ったりするといいと思います。

私は中学生の時とても太っていて、劣等感から断食などの無理なダイエットに挑戦したことがあります。

「太っているから痩せたい」なんて母には恥ずかしくて言えなかったので、部活や図書館によることを言い訳に、一人で夕飯を抜いたりしていました。

しかし、無理なダイエットは体を壊しますし、そこまで痩せられなかったので、自分の中でフラストレーションが溜まり常にイライラしていました。

そんな時、母は私の異常に気付き、詳細を聞くでも無く、朝一緒にランニング行こう、と誘ってくれたのです。

その後私も母もダイエットに成功し、悩みの1つが解決しました。

母であっても仲間がいると頑張れるものです。

常に子供に気を配り、無理なダイエットをしていないか、コミュニケーションをとってみてください。

 

まとめ

今回の記事をまとめると、

・神経質にならない

・コミュニケーションを取る

・失敗を成長の機会と捉える

・アドバイスは押し付けず、提案程度にする

の4点です。

中学生は思春期真っ只中で、とても繊細です。

過度な干渉はせず、子供を優しく見守ってあげ、コミュニケーションを大事にするといいと思います。

反抗されても、ご自身の今までの子育てに自信を持って、優しく見守ってあげてください。

子育て本ベストセラーを紹介!余裕がもてる子育て方法とは?

子育て中でも家をきれいに片付け。どこから始めるのがポイント?

子育てでイライラして「怒鳴る、叩く」をしてしまった時にとるべき行動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です