新生児・赤ちゃんの沐浴方法は?詳しいやり方や手順を紹介!

産院から退院したその日から、ママの体はボロボロな状態ですぐに赤ちゃんのお世話が始まります。

育児初心者のママ・パパにとって難しく大変な事は、やはり沐浴ではないでしょうか。

産まれたばかりの新生児は、触れると壊れてしまうのではないか?と心配になるほど、ふにゃふにゃの小さな小さな体です。

沐浴は、慣れないうちは赤ちゃんが動くと落としそうになったり、耳に水が入らないようにと気を遣いすぎて、体が強張ってしまうかもしれません。

ですが、毎日行うことでだんだん上手になっていきますよ。まず沐浴する際に用意するもの、入れ方の手順を覚えて、あせらずに赤ちゃんをお風呂に入れてあげましょう。

 

なぜ、沐浴をするの?

「赤ちゃんは汗っかき」という言葉を聞いたことはありませんか?

赤ちゃんの体は新陳代謝が活発で、とても多くの汗をかきます。

そして新生児は、おしっこやウンチの回数がとても多いので、おむつが頻繁に汚れます。

産まれたばかりの赤ちゃんは、抵抗力が弱くおへそも乾いていないためお風呂で細菌などに感染して病気になってしまう恐れがあります。

そのため、ベビーバスなどに綺麗なお湯をはり「沐浴」することが必要なのです。

オムツでお尻がかぶれないように体を清潔に保つだけでなく、体のどこかに湿疹などの異常がないかをチェックをするためにも、毎日の沐浴が大事になりますね。

 

新生児の沐浴はいつから、いつまで?

沐浴は、退院したその日から始まります。

産まれたばかりの赤ちゃんは、抵抗力が弱くおへそも乾いていないので、細菌などに感染してしまう恐れがあります。

生後1ヶ月健診で、医師から問題ないとされるまではベビーバスに綺麗なお湯をはって、毎日沐浴をしましょう。

 

ベビーバスはどんなタイプがあるの?

ベビーバスには、

  • 床に置くタイプ
  • シンクに置くタイプ
  • 空気を入れて使うタイプ

など色々な種類があり、初めてつかうママやパパは悩んでしまいますよね。

それぞれのメリット・デメリットをお話したいと思います。

床に置いて使うタイプ

メリット

床に置いて使うので、安定感があります。

お風呂場で使用するので、もしもお湯がこぼれたり、飛び散っても気にならない。

暖かい空間で沐浴が出来る。家族も手伝いやすいのは良いですよね。

デメリット

場所を取るので、お風呂場で使わないときの収納場所に困る方も多いのではないでしょうか。

また、赤ちゃんと一緒にお風呂に入るようになると全く使用しなくなる場合もありますね。

 シンクに置くタイプ

メリット

洗面台やシンクを使って沐浴できるので、ママやパパが立ったままでも作業できて、腰に負担がかかりにくいです。

楽な姿勢でお世話ができることはとても大切ですね。

デメリット

シンクを使用している間、食器などの洗い物ができないので、赤ちゃんの沐浴時間と洗い物の時間が重ならないように気をつけなければいけません。

空気を入れて使うタイプ

メリット

使わないときは、空気を抜いて折りたたんでおけるので、場所をとらずに収納も便利です。

折りたたんで持ち運びができるので、赤ちゃんを連れて帰省する時など、外出先で使うこともできます。

デメリット

空気でふくらませて使用するので、穴があいて破損してしまうなどの不安が残ります。

また、使うたび空気を入れるという手間がストレスに感じるママもいるかもしれませんね。

我が家は、置くタイプのベビーバスを使っていました。

お風呂場に置いて沐浴をするのが1番やり易いこと、使用する度に膨らませるのは手間かなと考えて、置いて使うタイプを選びました。

 

実際に使用してみたメリット・デメリット

メリット

お風呂場なのでお湯が飛び散っても、気にならない。暖かい空間なので、赤ちゃんの寒さ予防になる。

立ったままより、屈む、もしくは座る方が私はやりやすかったです。

デメリット

肘を置く場所がプラスチックなので、硬くて腕が痛くなりました。

赤ちゃんは日に日に重くなり、沐浴は毎日のことなので、少し辛かったです。

私は膨らませる手間を考えましたが、気にならない方は空気を入れて使うタイプがオススメかなと思いました。

次のお子さんをお考えの場合は、購入するのが良いと思いますが、新生児期は1ヶ月と短いので、レンタルをするという方法もありかなと思います。

沐浴は重労働です。ママも産褥期で辛い時期ですので、体に負担がかからないものを選ぶと良いですね。

 

沐浴に必要なグッズを用意する

  • ベビーバス・洗面器・湯温計
  • ガーゼ・沐浴布・バスタオル
  • ベビーソープ・石鹸
  • 肌着・洋服・オムツ
  • ベビーオイルやミルクなどの保湿剤
  • 綿棒・お手入れセット

バスタオル・肌着・洋服・オムツは、お風呂場の近くに用意しておきましょう。

 私は、沐浴する前に肌着と洋服を重ねて、その上にオムツを広げて置いています。

そうすることで、沐浴が終わったらすぐに赤ちゃんを着替えさせられて、湯冷めさせずにスムーズにできるので、オススメですよ。

おへその消毒に使う綿棒やお手入れセット・保湿剤も近くに置いておくと、すぐ使えて便利です。

 

ガーゼは多い方が便利!

私は娘の沐浴をする時、お腹にガーゼをかけてあげたり、握らせてあげていました。

そうすると安心するようで、気持ち良さそうな顔になるんです。

赤ちゃんの気持ち良さそうな顔が見れると、ママやパパは幸せな気持ちになりますよね。

私は大きめのガーゼをお腹にかけたり掴ませる用、小さめのガーゼを、顔や体を洗う用にと分けて使用していました。

顔や体を洗うだけではなく、頭の石鹸の泡を流す時もガーゼは大活躍しますので、多めに用意しておくと良いですね。

 

お風呂の最適温度は?

湯温計を使い正確に計りましょう。

夏場は38〜39℃、冬場は40℃が良いとされています。

赤ちゃんの入浴時間は、体や頭を洗う時間も全て含めて、10〜15分以内にしましょう。

最初は慣れていないので時間がかかってしまうかもしれませんが、赤ちゃんは体力がないのでのぼせてしまわないように、お湯に浸かる時間は2〜3分が良いですね。

 

沐浴のやり方・手嶋

多くのママさんは、産院で沐浴のやり方を教えてもらうと思います。私も教わりました。

しかし、家に帰ってきてから「いざ沐浴をしよう!」って時にやはり焦ってしまいました。

慌ててしまわないためにも、頭の中で何度もやり方をイメージしておくと良いかもしれません。

1.まず、赤ちゃんの耳にお湯が入るのを防ぎます。

左手の親指と中指で赤ちゃんの両耳を押さえながら、手のひらで頭を支えます。

右の手の平に赤ちゃんのお尻をのせて、そのまま抱きかかえます。(やり易い手で大丈夫です)

2.赤ちゃんを足からゆっくりとお湯へ入れます。

全身が入ったら、お尻の手を抜いてベビーバスの底へ座らせます。

抜いた手で沐浴布にそーっとお湯をかけ、赤ちゃんが安心する様に沐浴布やガーゼを体になじませてあげたり、掴ませてあげると良いですね。

3.顔を洗います。

ガーゼを指に巻きつけて、綺麗なお湯につけて絞ります。

赤ちゃんの目頭から目尻に向かって拭きます。反対側も同じ様に拭きましょう。

次はおでこと目の横へガーゼを滑らし、ほっぺ、あごを通る様にして優しく拭きます。

反対側を拭く時は、再度ガーゼを綺麗なお湯ですすいでから同様に拭いていきます。

耳も忘れずに拭きましょう。

4.頭を洗います。

お湯が顔にかからない様に、赤ちゃんの頭を反る様に傾けて持ち上げます。

ゆっくりと頭にお湯をかけたら、石鹸やベビーソープの泡で赤ちゃんの頭を洗います。

この時、爪を立てず指の腹で撫でる様に優しく洗いましょう。

洗い終えたら、ガーゼを使って泡を洗い流します。

泡が流れたら、固く絞ったガーゼで頭の水分も拭き取りましょう。

5.体を洗います。

体を洗う手順は「首・脇・手のひら・腕・胸・お腹・足・背中・お股」と、顔に近い方から遠ざかる順で洗っいくと良いでしょう。

お股は一番最後に洗います。

首の溝や脇の下、関節で曲がる箇所などは汚れが溜まりやすいので、丁寧に洗ってしっかり流してあげましょう。

6.赤ちゃんを仰向けの状態から、くるんとママやパパの腕に腹ばいになる様にうつ伏せにします。

この時に、滑って落としてしまわないように注意が必要です。

背中全体を洗います。湿疹がないかを見てあげましょう。

7.汚れの溜まりやすいお尻を優しく丁寧に洗います。

オムツかぶれがないかどうかも、しっかりチェックしておくと良いですね。

汚れが溜まる部分なのでしっかり洗いたいですが、洗いすぎには気をつけましょう。

8.最後に、上がり湯をかけて終わりです。

湯冷めをしてしまわないように、すぐにバスタオルで優しくトントンと押さえるように拭きましょう。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、擦らないように気をつけましょう。

 

私が使用しているのは、SARAYAのarau baby全身ソープです。

これ一つで全身洗えますし、泡タイプなので、泡だての手間がないのは嬉しいですよね。

優しい香りも気に入っています!

アラウベビー 泡全身ソープ 本体(450mL)【アラウベビー】

価格:612円
(2019/6/9 13:08時点)
感想(17件)

(楽天)

arau. アラウベビー 泡全身ソープ 本体 450ml

新品価格
¥598から
(2019/6/9 13:10時点)

(Amazon)

以上が沐浴のやり方・手順です。

読むだけでは難しく感じるかもしれませんが、これらを何度もイメージすることで、少しずつ慣れて上手に沐浴できるようになりますよ。

私も慣れるまでは必死で、焦る事も多かったですが手順をイメージするようにしてからは、次にする事が分かっていたのでスムーズにできるようになりました。

沐浴期間はあっという間に過ぎてしまいますので、ママ・パパが楽しんで行えると良いですね。

 

まとめ

  • 沐浴は生後1ヶ月健診で、医師から問題なしとされるまで
  • ベビーバスは、家庭にあったサイズの使いやすいものを選ぶ
  • 沐浴の最適温度は夏場は38〜39℃、冬場は40℃
  • 入浴時間は全体で5〜10分以内、お湯に浸かるのは2〜3分
  • 必要なグッズは事前に用意して、お風呂場の近くに置いておくとスムーズ
  • 耳にお湯が入らないように注意する
  • 汗のかきやすい首筋、脇の下、お尻などは念入りに優しく洗う

これから沐浴が始まるママ・パパや、現在悩んでいる方の参考になりましたら、幸いです。

赤ちゃんとおもちゃで遊ぶお風呂タイムは大事なスキンシップタイム

赤ちゃんのお風呂デビュー!楽しめるおもちゃや入浴に便利なグッズ

赤ちゃんのシャンプーの仕方、新生児編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です