新生児・ベビーベッドは必要?ベビーフェンスで赤ちゃんを守ろう!

出産準備の際に、ベビーベッドを置くか?置かないか?と悩むママ・パパは多いのではないでしょうか。

赤ちゃんは、一日の大半を寝て過ごします。

そんな赤ちゃんの為に、快適な空間を用意してあげたいですよね。

ベビーベッドは使用期間が限られていたり、赤ちゃんによってはベッドを嫌がる場合もあります。

始めにベビーベッドの必要性やメリット・デメリット、いつまで使うのかなどお話したいと思います。

 

ベビーベッドの必要生

ベビーベッドの一番の目的は、「赤ちゃんを安全な場所に寝かせる」ことです。

どのようなメリット・デメリットがあるのか?

また、実際の赤ちゃんとの生活を想像しながら検討すると良いでしょう。

メリット

赤ちゃんのお世話がしやすい

オムツを替える時や着替えの時、眠りについた赤ちゃんを寝かせる時などに、高さのあるベッドがあると腰への負担が少なくなります。

 私は、出産後に腰をひどく痛めてしまったので、ベビーベッドを使うことで腰への負担が減って大変助けられました!

危険を防ぐ

兄弟・姉妹がいる場合やペットがいる場合、赤ちゃんを床に寝かせておくと、間違って踏んでしまったりする恐れがありますよね。

 ベビーベッドを使用する事でそのような危険を防ぐことができますし、柵をしっかりかけることで、ママが家事などでほんの少し目を離さなければいけない時などに助かります。

ホコリやダニから守る

床から30cm位の高さが、一番ホコリが舞うとされています。

なので床に敷いた布団に赤ちゃんを寝させるということは、一番ホコリが舞う場所で赤ちゃんは呼吸をすることになってしまいます。

赤ちゃんは免疫力が弱いので、ホコリやダニなどのハウスダストやアレルギーの原因となる可能性があります。

ベビーベッドを使用した高さだと、ホコリの量は100分の1と言われていますので、ベッドを使うことで赤ちゃんの寝る場所を衛生的に保つことができますね。

デメリット

部屋のスペースをとる

ミニサイズのベビーベッドなどもありますが、やはりそれなりの大きさがあります。

圧迫感がある・部屋が狭くなるというデメリットはどうしてもありますね。

値段が高い

「購入したけれど、使用期間が短かった」「赤ちゃんがベビーベッドを嫌がって結局使わなかった」という場合、非常に高い買い物になってしまいます。

使用後の収納場所に困る

折りたたんでもかなり大きいのでスペースを取ります。収納場所に困ります。

添い寝(添い乳)ができない

寝かしつけの際に添い寝や添い乳ができません。

母乳で育てているママは、授乳の度に起き上がらなければならないので、大変になります。

柵の部分をしっかり管理しないと転落の恐れや、挟まったりする危険性もありますので注意が必要です。

 

いつまで、使うの?

ベビーベッドに記載されている使用期間は、新生児〜24ヶ月買ってきて(2歳)までが一般的のようです。

使用期間は個人差があると思います。

私は、娘が8ヶ月頃にベビーベッドを卒業しました。

理由は、寝返りのたびに頭や体をぶつけたしまったり、成長と共に体が大きくなるので窮屈になってきたこと、つかまり立ちが始まってきたので、よじ登って転落する危険性がでてきたことがきっかけでした。

 

赤ちゃんと添い寝する場合

ベビーベッドは置かないで、布団を敷いて添い寝するママも多いかと思います。

日本では古くから親子で川の字で寝る習慣があります。

母乳で育てているママは、添い寝しながら添い乳が出来るので、夜間の授乳が楽ですよね。

赤ちゃんも、ママの温もりを感じることができて安心して眠りにつくでしょう。

しかし、気をつけなければいけない大事な事があります。

それは、「乳幼児突然死症候群」です!

赤ちゃんがいるママはご存知の方もいると思いますが、それまで元気だった赤ちゃんが、ある日突然なんの前ぶりもなく亡くなってしまうという親には絶望的なものです。

ある研究によると、1歳未満の乳幼児突然死症候群の原因の70%は「親の添い寝」という報告があがっています。

とても多い数字ですよね。

 親が寝ている間に、手や足が赤ちゃんの胸部を圧迫してしまったり、寝返りをした際に、赤ちゃんに覆いかぶさってしまったり、ママ・パパの布団が赤ちゃんの口を覆ってしまうなどが主な原因と言われています。

乳幼児突然死症候群は、突然起こることで対策がないとされていますが、その中でもママ・パパが気をつける事で、防げる事はあります。

  1. 添い寝や添い乳をする場合は、ママが先に寝てしまって目が覚めた時には赤ちゃんに覆いかぶさってた…なんてことが無いように、赤ちゃんが寝付いたのを必ず確認してからママも寝るようにしましょう。
  2. 赤ちゃんをうつ伏せに寝かせない。大人と同じ布団で寝る場合は、ぬいぐるみなど、赤ちゃんが顔を埋めて窒息してしまう恐れがある物は置かないようにしましょう。
  3. 赤ちゃんとママの掛け布団は、別々にわける。
  4. 通路側ではなく、壁側に赤ちゃんを寝かせて、パパも一緒に寝る場合は赤ちゃんの隣はママだけが寝られるようにすると良いですね。

添い寝するママ・パパは、これらの事を十分注意した上で添い寝をしましょう。

 

ベッドに付けるオススメのおもちゃ

新生児はまだ視力も弱く、ぼんやりとしか見えていないと言われています。

まだまだ寝返りも出来ないので、ただ天井を見つめるのは退屈だろうなぁと思って、娘のベビーベッドに、このくまのプーさんのガラガラメリーをつけてあげました。

最初は、メリーをじっと見つめるだけでしたが、曲をかけてあげるとニコニコしたり、手を伸ばそうとしたり、しばらくすると目で追ったりもしました。

興味を持ってくれたので、購入して本当に良かった新生児の赤ちゃんに、オススメのおもちゃです!

【オンライン限定価格】折りたたみベビーベッドにも対応♪ やわらかガラガラメリーデラックス プラス

価格:6,576円
(2019/6/14 16:19時点)
感想(29件)

(楽天)

ディズニー 折りたたみベビーベッドにも対応♪やわらかガラガラメリーデラックス プラス

中古価格
¥3,580から
(2019/6/14 16:23時点)

(Amazon)

 

赤ちゃんがずり這いをするようになったら

新生児期が過ぎて、首も座り寝返りもできるようになった頃の赤ちゃんは、ずり這いが始まります。

今まで見えていた景色が一変して、見るもの全てに興味津々です!

ずり這いでどこまでも移動するので、危険なものに触らないように、ぶつからないようにママ・パパは目が離せなくなりますね!

そんなママ・パパにオススメしたいものがベビーフェンスです!

 

ベビーフェンスで赤ちゃんを守ろう!

私は、娘がハイハイするようになってからは、家事などでどうしても目を離さなければいけない時、トイレに行きたい時、ご飯支度をしなくちゃいけない時、お風呂に入る時に、私が先に入ってつぎに娘をお風呂にいれる時も、このベビーフェンスの中で一時待機をしてもらっています。

娘の安全を確保できますし、自分のトイレやお風呂、家事などで手が離せない時に、とても重宝していました!

ミュージカルキッズランドDX【パネル6枚】扉付き ベビーサークル【日本育児】 Nihonikuji 扉付き ベビーサークル「代金引換不可」

価格:12,800円
(2019/6/14 16:24時点)
感想(15件)

(楽天)

日本育児 ベビーサークル ミュージカルキッズランド DX 6ヶ月~3歳半対象 おもちゃパネル付のベビーサークル

中古価格
¥6,000から
(2019/6/14 16:25時点)

(Amazon)

ベビーフェンスにはたくさんの種類があります。

プラスチックの物、木材の物、カラフルな物からシンプルな物など、どれにしようか悩んでしまいますよね。

大きいので場所をとりますし、なにより部屋での存在感があります。

お部屋のスペースを確保すること、またインテリアに馴染む物を選ぶと良いかもしれませんね。

 

ハイハイやつかまり立ちをするようになったら

ハイハイやつかまり立ちをするようになったら更に行動範囲が広がりますので、ベビーフェンスから出たがりますし、ママやパパはますます目が離せなくなりますね!

先ほどご紹介したベビーフェンスだけでは、足りなくなってきます。

我が家は、キッチンや階段など危険な場所にベビーフェンスをつけています。

このベビーフェンスは、やわらかいメッシュ扉のゲートです。

片手で簡単に開けられ、自動的に閉まりますので、赤ちゃんが危険な場所に侵入することを防ぐ事ができます。

リリーズ・ボタンをスライドして持ち上げて開く、ダブルアクションロック式なので、赤ちゃんが開けられないようになっているのも、安心感がありオススメポイントです!

キッチンや階段は、赤ちゃんにとって危険がたくさんありますので、こうしたベビーフェンスを使って、赤ちゃんを危険から守ってあげましょう。

私の娘は、私が料理中でキッチンにいる時など、このベビーフェンスに張り付いています。笑

あけろ〜!っと物凄い訴えをしてきますが、入ってこられないので、娘を気にしつつも安心してご飯支度が出来ます。

危険な階段も、赤ちゃんにとっては興味津々!ママやパパが少し目を離した隙に…なんて事を防ぐために使用しています。

娘は、自分も登りたいのに防止されているので泣いて訴えてきますが、娘の安全が何よりも最優先ですので、このベビーフェンスには、とっても助けられています!

ベビーザらス限定 メッシュゲート ベージュ エクステンション2本付き

価格:5,398円
(2019/6/14 16:26時点)
感想(1件)

(楽天)

同じシリーズで、真ん中がメッシュではないタイプもあります。

お値段は、そちらの方が少しお高めですが見た目は良いかなと思います。

その他にも、扉がないタイプのベビーフェンスもありますね。

こちらの方がお値段が安いので、購入してみたんです。

しかし扉がないので、その都度股がないといけない事がとても面倒でしたし、何度も引っかかって転びそうになりました。笑

なので、我が家では使わなくなりました。

このように、ベビーフェンスにはたくさんの種類やデザインがありますので、ご家庭にあったサイズの物やインテリアに馴染む物を選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

  • ベビーベッドの必要性を知る
  •  メリット・デメリットを考えて検討する
  • 使用期間は、新生児期〜生後24ヶ月(2歳)頃までが一般的、卒業するタイミングには個人差がある
  • ママが添い寝をする場合は、乳幼児突然死症候群に気をつける
  • ガラガラメリーなどを取り入れてみる
  • ベビーフェンスで赤ちゃんの安全確保をする
  • ベビーフェンスは家庭にあったサイズのものやインテリアにあったものを選ぶ
  • ベビーゲートで赤ちゃんの危険を回避する

 子育て中の、ママやパパのお役に立てれば幸いです。

赤ちゃんとおもちゃで遊ぶお風呂タイムは大事なスキンシップタイム

新生児お出かけはOK?お出かけに使うのは抱っこ紐ベビーカーどっち?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です