肌荒れ、かゆみ原因は「乾燥」!そのかゆみとカサカサ改善できます!

季節の変わり目や寒い季節、顔や全身に感じる「かゆみ」。

「かゆみ」はイライラやモヤモヤといったネガティブな感情につながりやすい肌トラブルの一つです。

かゆくて仕事や家事や勉強どころじゃないし、気持ちも沈んでしまいますよね。

実は、このかゆみの原因のほとんどが「乾燥」だとご存知でしたか?

肌は乾燥することにより、皮膚が本来持っていたバリア機能が低下してしまいます。

それにより、外的刺激を受けやすい無防備な状態になるのです。

その状態の肌には、花粉や黄砂、PM2.5などの汚染物質や、普段使い慣れた化粧品ですら刺激となり、かゆみを起こすきっかけとなるようです。

また、ただの肌荒れだと軽視して、ひびわれや皮がむけた状態(乾皮症)を放置しておくと、強いかゆみや赤みや水膨れなどを伴う、乾燥性皮膚炎(皮脂欠乏性湿疹)になることもあるようです。

このように身近な乾燥も放置しておくと、セルフケアだけでは完治づらい状態になり、病院で治療しないといけなくなってしまいます。

私も一年中乾燥肌なので、自分では気を付けているつもりですが、毎日のこととなると日々のケアをさぼってしまい、気付けば手も足もかさかさ…あちこちかゆい…

でも、そんな私でも毎日ちゃんとケアできるようになったんです。

やり方は簡単、自分が続けやすい方法を見つけて無理をしないで続ける、たったこれだけです。

そこで、今回は「肌荒れ、かゆみ」の原因や簡単に出来る対策等について、私の経験も踏まえて詳しくお話し致します。

皆様の日々の肌荒れやかゆみ対策に、お役立て頂けたら嬉しいです。

 

寒い時期の肌荒れ、かゆみの原因とは?

先程、季節の変わり目や寒い時期の肌荒れやかゆみのほとんどが「乾燥」が原因だとお話ししました。

では乾燥するとなぜ、かゆくなるのでしょうか?

皮膚の表面には水分や天然の保湿成分を含んだ角質層、その上は皮脂と水分からできた皮脂膜があります。

本来は、角質層から水分が蒸発しないよう、体全体が皮脂膜のバリアで覆われ守られている状態です。

でも肌が乾燥してくると、角質層の水分量不足により、皮膚の柔軟性が失われていきます。

こうなるとひび割れや皮むけがおこり、皮膚のバリア機能が低下し、肌が外的刺激を受けやすい状態になってしまうのです。

外的刺激を受けると、神経伝達物質が分泌され、それが肌の神経を刺激することでかゆみが起きるそうです。

これが「乾燥」によってかゆみが起こるメカニズムです。

では、その乾燥はなぜ起こるのでしょうか?次は「乾燥」が起こる原因について見ていきましょう。

乾燥の原因

  • 年齢を重ねると、保湿成分「セラミド」が減少し乾燥しやすくなっていきます。老化現象の一つで、高齢になれば大半の人に皮脂の欠乏が見られ、乾燥肌になりやすくなります。

 

  • 乾燥した時期は、年齢に関わらず乾燥肌になりやすい時期のため、乾燥しやすい人は特に注意が必要です。

 

  • 加齢以外にも、過剰な清潔志向が影響しているようです。熱いお湯に長時間入ったり、ゴシゴシと体や顔を洗いすぎるのも乾燥を引き起こす原因になります。

このように、この時期の肌荒れやかゆみは「乾燥」が主な原因です。

この乾燥の原因は、加齢や洗いすぎなどの生活習慣によるものが関係しているようです。

また乾燥している時期は肌も乾燥しやすいため、普段から乾燥肌の方は特に注意する必要があるようです。

 

正しい入浴法で、乾燥の悪化を防ぎましょう。

では、生活習慣の中で最も乾燥を悪化させているものは何でしょうか?

実は、寒い時期等に湯の温度を熱くしたり、長時間湯船に浸かったりする、間違った入浴方法が乾燥を悪化させてしまっていたんです。

そこで、ここでは肌に負担をかけない、正しい入浴法をご紹介したいと思います。

是非、日々の入浴に取り入れて乾燥の悪化を防いでいきましょう。

入浴時の温度は40℃以下に

熱いお湯は皮脂を奪うため、乾燥の原因になります。

入浴するお湯の温度は、39~40℃のぬるめのお湯にしましょう。

また、長時間入るのも同じく皮脂が奪われるので、長くても15分程度の入浴時間にしておきまししょう。

私も冬は寒いので毎回41℃や42℃設定をしていました。

でも一緒に入浴している娘のお腹や足がカサカサに乾燥してしまった事と、熱がって湯船に入ってくれなくなったので40℃に戻しました。

その後、入浴後の保湿もしっかりするようになり、娘の皮膚も元通りつるつるの状態に戻りました。

やはり、人の皮膚には40℃以上は熱いんですよね。

それからは、ぬるめのお湯に娘と遊びながらゆっくり浸かるようになりました。

長時間入るのは肌には良くないのですが、子どもがいると仕方ないかと割り切り、その分しっかりめの保湿でケアをするようにしています。

肌に優しい素材や手だけで、やさしく洗う

肌荒れがひどい時は症状が落ち着くまで手だけでそっと洗うようにしましょう。

私は以前は合成繊維で洗っていたのですが、乾燥防止のため手ぬぐいか手で洗うようにしました。

合成繊維で洗うことに慣れていたため、洗った後のスッキリ感がなく最初は抵抗がありましたが、慣れれば平気です。それよりも、以前はゴシゴシと洗いすぎていたんだと痛感しました。

手ぬぐいは日本製の綿100%のものが柔らかく肌触りも良くてすぐ乾き、衛生面でもおすすめです。

弱酸性の低刺激製品を使う

石鹸類(ボディーソープ)は肌の刺激が少ない弱酸性のものを選ぶようにすると良いそうですよ。

弱酸性のボディーソープも販売されていますので、乾燥しやすい時期だけでも使うと良いかもしれませんね。

泡で洗うようにする

洗顔と同じように、体を洗う時も泡をしっかり立てましょう。

泡で肌を撫でるようなイメージで優しく洗います。

バスタオルはこすらず水分を取る

入浴後バスタオルで拭くときもゴシゴシしてしまいますが、これもNGです。

よく吸う清潔なタオルを肌に押し当て、肌の水分をタオルに吸水させるようなイメージで拭きましょう。

入浴後すぐ保湿する

入浴後タオルで水分をふき取ったらすぐに、肌が乾ききる前に保湿しましょう。

保湿剤には様々な成分が含まれており、肌の状態によっては、その成分が肌を刺激し、かえってかゆみを悪化させてしまう事もあります。

肌の状態は人によって異なりますので、ご自身の肌にあったものを選び、こまめに保湿して肌を乾燥から防いであげましょう。

肌荒れが酷い場合はまず、皮膚科で相談してから保湿剤を選ぶようにすると安心ですね。

私は一緒に入浴する娘がいて、お風呂上りにすぐケアするのが難しいため、気になるところはミストローションを浴びるようにしました。

ミストローションとは、細かい霧状で出る化粧水で、たっぷりめに浴びておくと、お風呂上りの乾燥を防いでくれます。

その後、落ち着いたらしっかりとローションでケアしています。

こうすることで、お風呂上りのケアができてないということはなくなり、乾燥も大分改善されてきましたので、大変おすすめです。

いかがでしょうか?

どれも目新しいものではありませんが、実際に実践できているものは少なかったのではないでしょうか?

今回ご紹介したものの中で、③番の弱酸性の低刺激製品以外は全て、今日からでも実践することが可能です。

全てを完璧にするのは難しいと思いますが、心がけるだけでも肌は変わってくると思います。

是非、今日の入浴法から少しずつ、肌に優しい入浴法へと変えていって頂きたいものです。

 

肌荒れかゆみの原因、「乾燥」の対策と予防法

かゆみを早く治すためには、まず「かかないこと」が一番。

かくと余計かゆくなり、炎症が広がって悪化する原因になってしまうので、できるだけ肌に刺激を与えないようにするのが望ましいです。

でも、どうしてもかゆくてかゆくて仕方がない!という状況もありますよね。

そんな時は、「冷やす」と落ち着くそうです。

方法は簡単!

冷水で濡らしたタオルなどをかゆみのある部分にのせてクールダウンさせてあげます。

これでかゆみがおさまるので一度試しにやってみてくださいね。

ただし、これはどうしてもかゆい時の応急処置法です。

今からご紹介するのは、乾燥を起こさせないために、普段から気を付けておきたい対策と予防法です。

みなさんの乾燥対策の参考になさってくださいね。

肌の代謝をよくする食事を積極的に採る

食事では、ビタミン類を豊富に摂取することが大切です。

ビタミン類には肌の代謝を促し、潤いを保つ働きがあるそうです。

その中でも、特にビタミンAとCはその効果が最も高いので積極的に摂りたい栄養素です。

また、ビタミンCはコラーゲンの生成を助けたり、シミやシワを防ぐそうです。

積極的に摂りたい食べ物

ビタミンA … 鶏、豚レバー、ウナギ、乳製品、卵、緑黄色野菜(ニンジン、カボチャなど)

ビタミンE … アーモンド等のナッツ類、大豆、穀類、緑黄色野菜など

ビタミンC … キュウイ、イチゴなどの果実類、ピーマンやキャベツなどの野菜や、ジャガイモなどの芋類など

これらを意識して、栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

 

なるべくストレスを溜めない、睡眠をしっかりとる

ストレスは肌の皮膚代謝の乱れを起こすので、肌には大敵ですね。

特に睡眠不足は体にとって大きなストレスとなります。

なるべく時間を見つけて休息を取り、ストレスを軽減させてあげると肌にとっても良いようです。

刺激の強いものは食べない

かゆみは体があたたまると出やすくなるため、香辛料や辛い食べ物で汗が出たり皮膚が熱くなったりするとかゆみが悪化してしまいます。

そのため、かゆみがあるときは、辛い食べ物や香辛料はなるべく控えるようにしましょう。

またたばこも刺激となるため、やめておいた方が良いでしょう。

肌に直接触れるものは化学繊維ではなく、綿製品に変える。

アクリルやナイロンなどの化学繊維は、皮膚の水分を奪ったり、かゆみを誘発したりするそうです。

そこで直接肌に触れる肌着などにおすすめなのが、木綿素材がおすすめです。

綿100%又はコットン100%の肌着を選ぶようにしましょう。

夏は涼しく冬は暖かいですし、何より肌触りがよいですよね。

ただし、渇きにくいというデメリットもありますので、なるべく分厚い生地のものは私はおすすめしません。

肌の為とはいえ、日々のストレスになるものであれば続かないので、無理なく続けられるものを見つけてくださいね。

紫外線対策をする

紫外線は日焼けを起こすだけではなく、皮膚のバリア機能も低下させ、乾燥の原因ともなります。

季節に関係なく、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

加湿器で室内の湿度を60%に

乾燥している時期に、暖房を付けると更に室内の乾燥が進みます。

そのため、加湿器を使用して室内の乾燥を防ぐのがおすすめです。室内の設定湿度は60%を目安にすると良いそうです。加湿器が無い場合は、水を入れたボウルなどを室内に置くだけでも効果があるようですよ。

何よりも保湿が一番

ワセリン、ヘパリン類似物質、尿素、セラミド配合のクリームやローションをこまめに塗りましょう。

私も色々試しましたが、やはり一番効果的なのは、この保湿です。

でもこれを継続するのが難しいですよね。

そのため、私はお風呂上りの服を季節問わず、タンクトップと短パン等なるべく肌を露出した状態にし、風呂上り後のケアをしやすいようにしてみました。

それだけで、ケアがやりやすくなり継続できるようになったんです。

保湿を継続させることが「肌荒れ、かゆみ」乾燥に一番効果的だと思いますので、是非皆さんもちょっとした工夫で継続できるよう、一度考えてみてはいかがでしょうか?

乾燥肌のつら〜いかゆみにおさらば!かゆみの原因と改善方法をご紹介

まとめ

肌は乾燥すると、皮膚が本来持っていたバリア機能が低下し、外的刺激を受けやすい状態になります。

その状態の肌には、汚染物質や、普段使い慣れた化粧品ですら刺激となり、かゆみを起こすきっかけとなるようです。

ただの肌荒れだと軽視して、ひびわれや皮がむけた状態(乾皮症)を放置しておくと、強いかゆみや赤みや水膨れなどを伴う、乾燥性皮膚炎(皮脂欠乏性湿疹)になることもあるようです。

寒い時期の肌荒れ、かゆみの原因とは?

寒く乾燥している時期の肌荒れやかゆみは「乾燥」が主な原因です。

この乾燥の原因は、加齢や洗いすぎなどの生活習慣によるものが関係しているようです。

また乾燥している時期は肌も乾燥しやすいため、普段から乾燥肌の方は特に注意する必要があるようです。

正しい入浴法で、乾燥の悪化を防ぎましょう

①入浴時の温度は40℃以下に、入浴の時間も15分程度が望ましい

②肌に優しい素材や手だけで、やさしく洗う

③弱酸性の低刺激製品を使う

④泡で肌を撫でるようなイメージで優しく洗うようにする

⑤バスタオルはこすらず水分を取る

⑥入浴後すぐ保湿する

かゆみを早く治すためには、まず「かかないこと」が一番。

かくと余計かゆくなり、炎症が広がって悪化する原因になってしまうので、できるだけ肌に刺激を与えないようにするのが望ましいです。

どうしてもかゆくて仕方がない!という状況の時は、「冷やす」と落ち着くそうです。

冷水で濡らしたタオルなどをかゆみのある部分にのせてクールダウンさせましょう。

肌荒れかゆみの原因、「乾燥」の対策と予防法

①肌の代謝をよくするビタミンA、E、Cを意識して栄養バランスの取れた食事を心がける。

②なるべくストレスを溜めない、睡眠をしっかりとる

③刺激の強いものは食べない

④肌に直接触れるものは化学繊維ではなく、綿製品に変える。

⑤季節に関わらず、紫外線対策をしっかりする

⑥加湿器で室内の湿度を60%に

⑦ワセリン、ヘパリン類似物質、尿素、セラミド配合のクリームやローションをこまめに塗り、保湿をしっかりしましょう。

いかがでしたでしょうか?

今回は「肌荒れ、かゆみ」についてお話しさせていただきました。

どれも簡単に出来るものですが、なかなか継続が難しいものも多かったのかなと思います。

ただ、この「肌荒れ、かゆみ」をか改善させるには、どうしても継続が必要になります。

そのため、ご自身で無理なく続けられる方法を見つけだし、乾燥を未然に防いで頂きたいと思います。

この記事が、そんな皆様の参考になり、健やかな毎日を送って頂けることを願っております。

(関連ページ)

子育て中の肌荒れにお別れ?顔につかって欲しい3つのクリーム

お肌カサカサでかゆみがつらい!子育てママへおすすめ肌改善法時短編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です