捨てる片付けのやり方は?コツを知って物の少ない部屋にしよう!

家の中が物で溢れかえっている。押入れも収納スペースが無くなるほどにぱんぱん、なんて人は多いのではないでしょうか。

私もその1人です。私は物が捨てられなくてどんどん溜まっていくタイプです。

もったいないという気持ちと、まだ使うかもしれないという気持ちから、なかなか捨てる決心がつかないのです。

でも物が多いのって結構大変なんですよね。

どんどん物だけ増えていって収納スペースが足りなくなって。

入りきらない物を床に置いてしまったりして。

見栄えが悪くて他の人には見せられない状態になったりします。

最近は、ミニマリストなんていう言葉もよく聞くようになりました。

持ち物を出来るだけ最小限まで減らして暮らす人の事を言うそうです。

自分に本当に必要な物だけで暮らす事で豊かに生きられるという新しいライフスタイルだそうです。

実は私も最近このミニマリストという生き方に興味を持っており、少しずつ物を減らすという事を心掛けています。

今回は物を捨てる事のメリットと、捨てる片付けのコツをご紹介します。

 

物を捨てるメリットは?

その後の片付けが楽になる

物が少ないと片付ける物も少なくなります。

一旦物を捨ててしまえば、その後の片付けがとても楽になりますよね。

片付けた後は、極力物を増やさないように努力をしましょう。

意外と必要最低限の物さえあれば生活はできますよ。

捨てる癖をつけることができる

たくさんの物を捨てる事で物を捨てる癖がつき、部屋が物で溢れる事もなくなり散らかりにくくなります。

時間の無駄がなくなる

物がたくさんあると探し物が増えますよね。

「あの書類はどこだっけ」「着たい服が見当たらない」などです。

そんなことを毎日繰り返していたら、一体どのくらいの時間を無駄にしているのでしょうか。

たくさんの物の中から探し物をしている時間ほど無駄な時間ってありませんよね。

物が少なくなって何がどこにあるのか自分で把握できていれば、時間を無駄にすることもなくなるのです。

お金の無駄がなくなる

お気に入りの物や思い出の物を捨てるという行為には、多少の心の痛みが伴います。

ですので欲しい物ができた時に「本当に必要な物だろうか」「買って本当に後悔はしないか」など、慎重に考えてから購入するようになります。

そういう意識を持つだけでも、お金の無駄使いを防ぐ事ができます。

 

捨てるコツ1 まずは明らかにいらない物を処分する

手始めに、絶対にいらない物から処分してみましょう。

  • レシート
  • 郵便物・チラシ
  • 賞味期限切れの食品
  • 使用期限の切れた物

などです。

レシートは家計簿をつけ終わればもう必要ないですし、チラシなんかも一度読んでしまえばまた何回も読み直す事はあまりありませんよね。

期限切れの食品も食べませんよね。

こういった物はすぐに捨てやすいので、最初はこんなところから手を付けてみてはどうでしょうか。

 

捨てるコツ2 使えるかどうかではなく使うかどうか考える

物を捨てる時に考えてほしい事は、その物が使えるかではなく、この先使うかどうかという事です。

使える物を全て手元に残しておいても、絶対に使わない物がでてきます。

まだ使える物を処分するのはもったいないし、物を粗末に扱っているのではないかと思うかもしれませんが、使える物を有効活用していない事も物を粗末に扱っているのと同じことだと私は思います。

人間に使ってもらう為に生まれてきた物が、押入れの奥に閉まって忘れ去られている方がかわいそうですし、それで物を大切にしているとは言えません。

使わない物を残しておくよりも、この先使う物を残しましょう。

 

捨てるコツ3 自分の中のルールを作る

捨てる事が苦手な人は、捨てる基準を自分の中で決めてしまいましょう。

アイテム毎にルールを決めても良いですね。

クローゼットの中の服

  • 1年着なかったら捨てる
  • 流行から外れたら捨てる
  • 使用感が出てきたら捨てる
  • サイズが合わなくなったものは捨てる
  • 捨てるか捨てないかは手に取って3秒で決める

玄関の物

  • 傘は必要な本数だけ残す
  • 靴は1足買ったら1足捨てる
  • 靴箱のスペースを常に空けておく

リビングや部屋の押し入れ

  • 収納スペースから溢れたら捨てる
  • 1つ買ったら1つ捨てる
  • 同じ用途の物は手元に残すのは1つだけにする
  • なくても困らない物は捨てる

などです。

このように自分のルールを作っておけば、物の処分がかなり楽になると思いますよ。

慣れないうちは捨てるのも心苦しいですが、慣れてくると捨てる事がどんどん楽しくなってきますよ。

 

捨てるコツ4 いらない物を処分する手段を考えてみる

捨てる物を処分する方法を考えておくと、片付けもスムーズに進みます。

色々な処分の仕方があるので、自分に合った方法で処分してくださいね。

捨てられるゴミは処分・自治体の回収

ゴミで出せる物はすぐに処分してしまいましょう。

粗大ゴミなどはすぐに処分できないので、回収の申し込みをして回収してもらいましょう。

リサイクルショップで売る

私のイメージですが、高額で売れるという事はなかなかありません。

私も利用したことがありますが、漫画10冊と衣類20着で300円ほどでした。

お金にならずにただ回収という事もあります。

もちろん、そのショップによって買い取り金額は違うと思いますし、高く売れる物は高く買い取ってくれるでしょう。

なんにせよ少しでもお金になるのは嬉しいですよね。

ブックオフ出張買取

【ブックオフ】公式宅配買取サービス

ウリドキ

日本最大級の買取比較ポータルサイト!モノを売るなら【ウリドキ】

リコマース宅配買取サービス

Amazonアカウントで利用できる【リコマース宅配買取サービス】

トータル

買取品目数日本1の出張買取トータル

フリマアプリで売る

フリマアプリで売れれば少しでもお金になりますし、処分せずに他の人がまた使ってくれるというのはとても良い事ですよね。

ただ、出品しても全く売れない事もありますし、売れた後の梱包・発送作業などは自分でしなくてはいけませんので、少し面倒くさいという点もあります。

すぐに売ってしまいたいという人には向いていない方法かもしれません。

しかし自分で価格設定できるので、個人的にはリサイクルショップよりも高額で売れるイメージがあります。

まとめ

今回は捨てる片付けのコツをご紹介しました。

片付けのコツ
  • まずは明らかにいらない物から処分する
  • 使えるかどうかではなく使うかどうかを考える
  • 自分の中のルールを作る
  • いらない物を処分する手段を考える

まだ使える物を捨てるというのは心苦しいですが、物が少なくスッキリした部屋は気持ちが良いものですよね。

私も物を捨てた後は、気分までスッキリしました。物が少ない事でとても暮らしやすい家になりますよ。

一度家の中を見直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です