妊娠中の肌荒れがとっても辛い妊婦さんへ。原因と対処法をご紹介!

妊娠中は幸せいっぱいになりますが、その反面様々なトラブルにも悩まされます。

つわりやむくみなどは有名ですが、妊娠中の肌荒れや肌トラブルに悩まされる妊婦さんも意外と多いようです。

妊娠中にニキビが増えたり、体のあちこちに吹き出物ができたり、シミが増えたり…。

せっかくの幸せなマタニティライフに、こんな肌トラブルで気持ちが落ち込むのは悲しいですよね。

そこで今回は、そんな妊娠中の肌荒れや肌トラブルの原因と対処法を詳しくお話ししていきます。

この記事で、肌荒れが少しでも改善し、快適なマタニティライフを送って頂ければ幸いです。

 

妊娠中、肌荒れや肌トラブルが起きるのはどうして?

私も妊娠中に体験しましたが、妊娠中は体の中で様々な変化が起こります。

今回の妊娠中の肌荒れも、どうやらその変化によるものが大きいようです。

そこでここでは、妊娠中になぜ肌荒れや肌トラブルが起きるのか、その原因について詳しく見ていきます。

原因を知った上で、的確な対処法を見つけ出していきましょう。

原因1. ホルモンバランスの変化によるもの

妊娠初期には「プロゲステロン」というホルモンが増加します。

このホルモンは妊娠には必要不可欠なのですが、皮脂の分泌を促す働きもあり、分泌過多となった皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、ニキビや吹き出物ができてしまうのです。

また、妊娠中に増加するホルモンの一つの「エストロゲン」は色素沈着作用があるので、シミができやすくなるそうです。

妊娠前、生理の直前になると肌荒れやニキビがひどくなる方もいますが、それと似た形で出てくるようです。

一般的にはこの肌荒れは、妊娠初期に多く中期には症状がおさまる方が多いようです。

原因2. 水分や栄養の不足、又は栄養の偏りによるもの

妊娠初期はつわりの症状がひどくなりやすく、水分や食事がうまく取れない方が多くいます。

体内の水分が不足すると、肌にも必要な水分が不足し乾燥状態になってしまいます。

つわりで特定のものしか食べられない場合も、栄養不足になり肌荒れを起こす原因となります。

また、ジャンクフードなどの脂っこい食べ物を好んで食べる場合、特にニキビに悩まされる方が多いようです。

原因3. 便秘によるもの

つわりで水分や食べる量が少なくなると、便秘を引き起こしてしまいます。

便秘は肌に良くないと良く耳にすると思いますが、便秘になると老廃物が体に蓄積され、吹き出物やニキビができたりと、肌トラブルの原因に繋がります。

本来排出されるべき老廃物が体内に留まるのは、肌に悪影響を及ぼすという事ですね。

原因4. 睡眠不足によるもの

私は現在妊娠中ではありませんが、良質な睡眠が一番肌には良いと年を重ねるごとに痛感しています。

睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうんだそうです。成長ホルモンには、皮膚の再生や修復、新陳代謝を促進する働きがあり、その分泌は睡眠中に増加するのです。

妊娠中でも睡眠不足が、肌には大敵なのは同じことです。

ただ、私は妊娠中は睡眠が浅くなり、何度も起きるようになりました。

お腹が大きくなってくると、更に重みで苦しくて眠りにくくなり、何度も起きては寝返りをしていました。

こういった妊婦だからこその睡眠不足もありますし、他にもお子さんがいたり、お仕事や家事で眠れない等、それぞれご家庭の事情は様々で、妊婦は眠いのに、なかなか睡眠は取れないのが現実です。

それでも肌の為に、妊娠中は可能な限り、時間を見つけて睡眠を取るようにしたいものです。

原因5. ストレスによるもの

妊娠中はホルモンバランスが崩れて、自立神経が乱れやすくなるそうです。

妊娠中イライラして落ち込んでしまうのも、これが原因なんです。

また、妊娠中は今までにない体調の変化や、妊娠や出産に対する不安などからストレスを感じる方も多くいます。

その上肌荒れを意識しすぎて、それがまたストレスとなり、肌荒れの悪循環に陥ってしまう方も少なくないようです。

その他、妊娠性掻痒症(そうようしょう)という病気もあります。

妊娠中期から後期にかけてかかる可能性があり、症状としては全身に強いかゆみが出るようです。

かゆみ以外の症状は無いようですが、掻きすぎると発疹や色素沈着が起こるので注意が必要です。

どうやら妊娠中のホルモンの仕業で、妊婦さんは肌荒れしやすい状態になっているようですね。

またホルモン以外の原因の多くが、不規則な生活や食生活による、睡眠不足やストレスが原因になってしまっていたようです。

 

妊娠中の肌荒れや肌トラブルには、どんな症状がある?

では、妊娠中に起こる肌荒れや肌トラブルにはどんなものがあるのでしょうか?

以下の内容が妊娠中に良く起こる肌荒れ、肌トラブルの症状です。

ここでは、これらを経験された方々の話を参考に見ていきたいと思います。

妊娠中の肌荒れ、肌トラブルの症状

・肌のかゆみや、カサカサ、ごわつき

・ニキビや吹き出物が、アゴや口周り、頬、鼻の頭、生え際、腕や背中などの全身に見られる

・シミ、そばかす、しわ、くすみ

・湿疹

妊娠を経験された方の中には、

「普段は肌荒れが無い体質なのに、妊娠初期に顎と背中に大きなニキビができた」

「胸や背中にまでニキビができ、全身ニキビだらけになるのでは!と不安になった」

という声がありました。

また、

「つわりで今まで使っていた化粧品が合わなくなったり、シミや肌荒れができたり大変だった」

という方もいらっしゃいました。

他にも

「20代ですが、妊娠してから急にくすみやしみが気になり老けた感じがする」

「妊娠5カ月でいきなり体中に湿疹が出て来て痒くなった」

という声もありました。

このように、妊娠中に出来るニキビや吹き出物は、顔だけではなく背中や胸などの他の体の部位にまで症状が出ることも多いようです。

また、普段使っていたスキンケア用品が合わなくなる方もたくさんいらっしゃいます。

妊娠による肌荒れが起こりやすい時期と、つわりの時期が丁度重なっているので、化粧品の匂いがダメになったという声もありました。

そのせいでスキンケアを怠るようになり、シミや乾燥、しわ、くすみの原因になってしまう事もあるようです。

このように妊娠中に起こる肌荒れ、肌トラブルは様々なものがあり、時期も内容も個人差があります。

肌のトラブルで、ずっとこのままだったらどうしようと悩む方も多いようです。

妊娠中は不安もあり気持ちも落ち込みやすくなるのに、肌荒れにもなったらとっても辛いですよね。

後で、妊娠中の肌荒れ対処法を詳しくご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

妊娠中に肌荒れしたけど、何科を受診するべき?

妊娠中の肌荒れや肌トラブルで「妊娠によって起こっている気がするけど、どこの病院を受診したらいいの?」

と悩まれる方も多いでしょう。

妊娠による肌荒れである場合は、妊婦健診で相談してみるのが最善です。

産院であれば妊娠中であることも了承済なので、最適な薬を処方して頂けますし、こういったトラブルも日常茶飯事のため、対応も的確で安心でしょう。

ただし、産院では相談しにくい場合もあるので、その場合は皮膚科を受診してください。

でも、必ず妊娠中であることを病院側に伝える事を忘れないようにしてくださいね。

 

妊娠中の肌荒れや肌トラブルの対処法

妊娠中の肌荒れやニキビができた時も、基本的な対処法は通常時と同じです。

ただし、妊娠中は水分が通常時より不足しやすかったり、肌が敏感になったり、匂いがダメになることも多くあります。

その事も踏まえて、ご自身に合った対処法を見つけ出す参考にして頂きたいです。

洗顔などを丁寧に行い、清潔を心がけましょう。

つわりと重なる時期に肌荒れを起こす方も多く、本来使っていたスキンケア用品などが合わなくなる方もいますが、なるべく清潔にすることを心がけます。

またニキビなども触ると悪化し、ニキビ跡として残ってしまう可能性がありますので、触らず清潔にするよう注意が必要です。

肌に優しい洗顔料を使用し、分泌過多の皮脂を優しくしっかりと洗い流すようにしましょう。

ゴシゴシ洗いは禁物です。泡で優しく洗う事を心がけてください。

しっかりと保湿ケアをしましょう。

洗顔後は吸水性の良い清潔なタオルで優しく水気をとり、化粧水や乳液でしっかりと保湿しましょう。

丁寧に洗い清潔にして、その後すぐにしっかり保湿をしてあげるのは肌に大変効果があります。

妊娠して肌質が変わる方も多くいますので、香料や防腐剤が含まれている化粧品は控え、ご自身に合った化粧品を見直してみましょう。

また、お部屋に加湿器を置き、室内を乾燥状態にしないようにするのも保湿の面では効果的です。

紫外線対策をしっかりとしましょう。

妊娠初期はホルモンバランスの乱れにより、シミができやすくなってしまうそうです。

シミは一度できてしまうと、なくすのが大変難しいので、可能な限り紫外線を浴びないようにするのが肌には大切です。

季節や室内屋外に関わらず、日焼け止めを塗り、日差しが強い外出時には日傘や帽子と併用するようにしましょう。

また、日焼け止めには保湿成分も含まれているものも多いので、乾燥対策にもなるそうですよ。

肌に優しい服や肌着を選びましょう。

肌にかゆみが出ている時には、肌に直接触れる服や下着は肌に優しい低刺激のものを選ぶようにします。

特に、下着のレース部分や、肩紐部分は刺激になりかゆみが増すことが多いようですので、低刺激のマタニティ専用のものを選ぶようにすると良いでしょう。

睡眠をしっかりとって、ストレスを溜めないようにしましょう。

妊娠中は睡眠が浅くなりがちですが、睡眠不足になるとストレスの原因になってしまいます。

睡眠不足やストレスは、肌に悪影響を及ぼします。

なるべくそれらの原因をなくすようにし、睡眠不足の場合は日中に睡眠を取るように工夫してみるのも良いですね。

 また、妊娠中は様々な不安や体調の変化によりストレスを感じてしまい、それが肌に影響します。

その肌荒れを気にしすぎてストレスを感じ、肌荒れを悪化させてしまい、悪循環に陥る方も多いようです。

「妊娠中に肌荒れが酷くて悩んでいたけど、産後赤ちゃんのお世話で肌荒れどころではなくなったら、いつの間にかお肌が改善されていた。

妊娠中でも気にしすぎなければ良かった。」という経験者の声もあります。

一時的なものが多いので、あまり気に病まず、今出来る「肌に良いこと」をしてあげましょうね。

水分補給、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

妊娠中はホルモンの影響で食欲が増したり、好みが偏ったりと、食生活が乱れてしまいます。

ジャンクフードや、甘いものが食べたくなる方も多いですが、ほどほどにし食べ過ぎないようにしましょう。

また、妊娠中はお腹の赤ちゃんの成長に必要な血液や羊水を作るために、母体が水分不足の状態になりやすくなります。意識して、こまめに水分補給をするようにしてください。

ビタミンCは肌の代謝を促進する働きがあるので、積極的にとると良いそうです。

ビタミンCが豊富に含まれる食材

◎キュウイ、イチゴなどの果実類

◎ピーマンやキャベツなどの野菜

◎ジャガイモサツマイモなどの芋類

妊娠中の肌荒れを経験した方の中にも、「なるべく新鮮なフルーツを食べたり、食事を和食にし間食を控え、規則正しい生活にするようにしたら、肌荒れが少しずつ改善されていった。」という声もありました。

是非参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

妊娠中の肌荒れや肌トラブルの原因

・ホルモンバランスの変化によるもの

・水分や栄養の不足、又は栄養の偏りによるもの

・便秘によるもの

・睡眠不足によるもの

・ストレスによるもの

その他、妊娠性掻痒症(そうようしょう)という全身にかゆみが出る病気もあります。

妊娠中の肌荒れや肌トラブルの症状

・肌のかゆみや、カサカサ、ごわつき

・ニキビや吹き出物が、アゴや口周り、頬、鼻の頭、生え際、腕や背中などの全身に見られる

・シミ、そばかす、しわ、くすみ

・湿疹

妊娠中に肌荒れは、何科を受診するべき?

妊娠による肌荒れである場合は、妊婦健診で相談してみるのが最善です。

ただし、産院では相談しにくい場合もあるので、その場合は皮膚科を受診してください。

でも、必ず妊娠中であることを病院側に伝える事を忘れないようにしてください。

妊娠中の肌荒れや肌トラブルの対処法

①洗顔などを丁寧に行い、清潔を心がけましょう。

②しっかりと保湿ケアをしましょう。

③紫外線対策をしっかりとしましょう。

④肌に優しい服や肌着を選びましょう。

⑤睡眠をしっかりとって、ストレスを溜めないようにしましょう。

⑥水分補給、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

いかがでしたか?

先程お話ししましたが、妊娠中も肌荒れ対処法は、通常時とさほど変わりがありません。

ただし、妊娠中であることを踏まえてスキンケア用品を選んだり、水分補給をいつもより意識して行ったりすることは必要になってきます。

また、妊娠中は不安や体の変化により、思うように規則正しく生活するのが難しい方もいらっしゃいます。

そういう場合はご自身の生活を見直し、なるべく規則正しく出来るように工夫してみるのもおすすめです。

全部は無理でも、出来るところからやってみてください。きっと肌が少しずつ改善されると思いますよ。

人生で経験出来る時間が、とても短く貴重「妊娠期」

その幸せな時間を、幸せな気持ちで過ごして頂きたいと心より願っております。

肌の毛穴や黒ずみが気になる!シミにも効果的なスキンケア法って?

子育て中の肌荒れにお別れ?顔につかって欲しい3つのクリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です