産後の肌荒れに悩むあなた!原因と対処法を知って綺麗な肌へ

出産は人生の中の一大イベントのひとつです。長い間お腹の中にいた赤ちゃんと対面できた時はものすごく感動しますよね。

しかし感動したのも束の間、その日から大変な子育てが始まります。

私も1年前に初めての出産を経験し、出産の疲れも残ったまま子育てがスタートしました。

毎晩の授乳で寝不足が続き、慣れない育児でストレスも溜まりました。

そんな時、ふと鏡を見てみると肌荒れしたボロボロの自分が映っていました。

出産前は肌荒れとは無縁の生活をしていたので、とてもショックを受けた事を覚えています。

産後は肌がカサカサに乾燥し、白い粉をふいていました。

こういった産後の肌荒れは珍しい事ではないそうです。

多くのお母さん達が経験している産後の肌荒れ。

私は出産から1年がたち、肌荒れは少しずつ快方に向かっています。

今回は産後の肌荒れの原因と、私が試した対処法をご紹介します。

 

産後の肌荒れの原因とは

ホルモンバランスの変化

女性は妊娠~出産を経て、女性ホルモンが大きく変化します。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンやプロゲステロンが妊娠を機に急増し、出産が終わると急激に減少する事で、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

それが、産後の肌荒れを起こしている原因です。

寝不足

赤ちゃんへの2時間おきの授乳や夜泣きで、お母さんは慢性的な寝不足に陥ります。

この寝不足が本当に大変なのですよね。寝不足はお肌の大敵という言葉を聞いた事があると思いますが、寝不足になると肌荒れを起こすのは事実です。

睡眠中には成長ホルモンというホルモンが分泌され、肌の新陳代謝を促します。

しかし、寝不足が続くと成長ホルモンの分泌量が減り、肌の細胞分裂が進まないのです。

ストレス

ストレスも子育てにはつきものです。

我が子が可愛いのは大前提にあるのですが、初めての子育てでいっぱいいっぱいになっていた私は、いつもイライラしていた気がします。

ストレスをひとりで抱え込んでしまいました。

ストレスで自立神経を乱す事によって、ニキビの原因であるアクネ菌を増やしてしまいます。

食生活の乱れ

出産後は慣れない育児で手一杯、自分の食事の事は後回しになってしまいますよね。

私は、出産前はあんなに食べたい物がたくさんあったのに、出産後は全く食欲が無くなってしまったのです。

なので食事もバランスなどは考えず、お腹が空いたら食べたいものを食べる、という生活を産後2か月程続けていました。

脂分の多い物ばかり食べて野菜を取らなかったり、甘いものばかり食べて糖分を取りすぎてしまったり。

食事のバランスが崩れると、血液循環が悪くなり老廃物をため込んでしまい、正常なターンオーバーが行われなくなってしまうのです。

 

産後の肌荒れの症状とは

では、産後の肌荒れにはどのような症状があるのでしょうか。

乾燥 かゆみ

水分不足や睡眠不足、ストレス、スキンケアの時間が取れないなどの理由から、肌が乾燥します。乾燥する事により、かゆみも引き起こします。

ニキビ

育児によるストレスや、産後のホルモンバランスの変化で肌の状態が悪くなると起きやすいトラブルです。

シミ そばかす

出産後はシミの原因であるメラニンを作り出す活動が活発になる為に、シミそばかすが出来やすくなります。

 

産後の肌荒れの対処法

保湿や紫外線対策をしっかりする

私の場合は産後の乾燥肌がひどかったので、お風呂上りの化粧水と乳液はたっぷりと使うようにしていました。

赤ちゃん用のベビーオイルを塗ったりもしていましたね。

肌の乾燥に大切なのはとにかく保湿です。

肌の黒ずみなどが気になる人は、少しの外出でも紫外線ケアを忘れずに行いましょう。

ストレスを溜めない

子育てをしていてストレスが全くないという人はほとんどいないと思います。

ストレスを感じにくい人と感じやすい人の差はありますが、みなさんストレスを感じているのではないでしょうか。

それは子育てをしている上で仕方のない事です。大事なのはストレスを溜めない事です。

私は、赤ちゃんが寝ている間に自分の好きな事をしたり、たまに旦那さんや自分の両親に赤ちゃんを見ていてもらい、友達とランチに行ったりしてストレスを解消するようにしました。

なかなか難しいとは思いますがひとりで頑張りすぎず、時には周りの人に助けてもらうことは大切だと思います。

質の良い睡眠を取る

これもまた子育てをしている上では難しい事ですよね。夜中も関係なく、2時間おきの授乳がありますから。

睡眠時間を長く取る事は難しいので、短時間で質の良い睡眠を取るように心掛けてみて下さい。

アロマを焚いてみたり、リラックスできる音楽を聴いたり工夫してみて下さい。

食生活を正す

毎食バランスの良い食事を作って食べるのも、子育て中のお母さんには難しい事です。

私は毎日そんな食事を作る事は出来ていません。

しかし、お肌に良いとされるビタミンCが入っているキウイフルーツをなるべく毎日食べるようにしています。

キウイフルーツは抗酸化作用があり、肌にみずみずしく潤いを与えてくれます。

野菜やフルーツを毎食取り入れると、バランスの取れた食事を取る事ができますよ。

 

まとめ

いかがでしたか。今回は産後の肌荒れについてご紹介しました。

産後、ここまではっきりと肌の変化が現れるとは思ってもいませんでした。

しかし、産後の身体は私が想像していた以上にデリケートなものでした。

赤ちゃんとの時間が一番なのは当たり前ですが、元気で若々しいお母さんでいるために、自分を労わる時間も大切だと私は思います。

周りの人の協力を得ながら、自分も大切にしていきましょう。

産後の不安定なホルモンバランスが正常に戻るまでは、約1年程かかると言われています。

その関係もあるので、産後の肌荒れをすぐに治す事はできませんが、出来る範囲で、自分で対処しながら綺麗な肌を取り戻していきましょう。

妊娠中の肌荒れがとっても辛い妊婦さんへ。原因と対処法をご紹介!

子育て中の肌荒れにお別れ?顔につかって欲しい3つのクリーム

肌の乾燥の原因は?ガサガサ乾燥肌習慣の改善で全身うるうる美肌に

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です