子供の防犯グッズ。GPS・ブザー色々あるけど、結局どれがおススメ?

誘拐や殺人など子どもが被害にあう痛ましい事件が度々ニュースなどで取り上げられる今の時代に、親である私たちが子ども達を守るためにしてあげられることは一体何でしょうか。

学校や習い事に通わせる際に、ちゃんと目的地に着いただろうか、危険な目にあってないだろうかと心配な親御さんはたくさんいると思います。

私も子どもが小学校に入学した際に、近所で不審者情報が出ていて不安な思いをしました。

今回は、その不安を解消するべくたくさんある防犯グッズの中からおススメの紹介と選び方、特徴を紹介していきます。

 

子どもの防犯グッズの定番 防犯ブザー

世の中的に防犯の意識が高まっている今、地域によっては小学校入学時に入学祝いとして配られる所も多いと思います。

防犯ブザーは、身に着けているだけでも防犯効果はあると思いますが、いざ使わないといけない場面になった時にしっかりと使えなかったら意味がありません。

音量、防水性能、操作のしやすさに注目して選んでいきましょう。

まず、音量ですが90dB以上の物を選びましょう。

80dB代の物も十分にうるさいですが、いざという時に子どもの身を守るものです。

より音量が大きい方がもちろん防犯効果が高いです。

我が子も90dB代の物を持たせているのですが、一度試しに鳴らしてみた時に、隣のおばあちゃんがびっくりして家から出てきたことがありました(笑)ちなみに、音量の目安ですが、

音量の目安

・120dB→飛行機のエンジンの側に立った時の音量

・110dB→自動車のクラクションをすぐ側で聞いたときの音量

・100dB→電車が通るガード下の音量

・90dB →騒々しい工場内の音量

です。

次に、防水性能ですがIPX4、IPX5の物が多いです。

通常使用する場合はどちらでも問題はないです。動画を見ていただけば防水性能がどういったものか分かりやすいと思います。

最後に、操作の仕方ですが、音を鳴らす時にピンを完全に抜くタイプ、ピンを引っ張るタイプ、ボタンを押すタイプがあります。

おススメなのはピンを完全に抜くタイプで、一度ピンを抜くともう一度ささないと止めることが出来ないので犯人に遭遇した時に抜いたピンをどこかに投げると止めたくても止められずに犯人が慌てている隙に逃げ出せるので防犯効果が高くおススメです。

しかし、子どもがふざけて鳴らしてしまった時も同様になかなか止められないので、絶対にふざけて使用しないことを教えておく必要があります。

防犯ブザーは、手軽に始められる防犯対策ですが子どもにきちんとした使い方を教えておかないと役に立ちません。

いつもふざけて使っているといざという時に助けが来てくれないかもしれませんし、電池の残量を確認していないと鳴らない事もあると思います。

日頃から使い方、道具の管理をしっかりしておくことが大切です。

 

シンプルに位置情報を知る事ができるGPS端末

学校だと携帯電話はダメな所もあると思うのですがGPS端末だと持っているだけなので学校の許可をもらい易いと思いますし、携帯電話を持たせる事に抵抗があるという方もいらっしゃるとおもいます。

そういう方におススメなのがGPS端末です。

防犯といえばもしもの時に子どもを守ることに重視しがちですが、GPS端末は見守る防犯グッズです。

実際に使ってみると、学校の帰りにどこに寄り道しているのか、どこの友達の家で遊んでいるのかを把握できるということはとても安心できます。

日頃の行動範囲を把握しておくことで危険な道を通らないように子どもに教えることができるので危険な目に遭う可能性を減らすことができ防犯になります。

今どこにいるか位置を確認する回数が限られていたり、位置を確認できる範囲が狭かったりと制限されている物が多い中おススメなのが

GPS BoT

我が子には、遊びに行く時は行き先を言って出かけるように教えているのですが、遊びに行った先からまた別の所に移動してたりと中々把握するのが難しかったため、GPSBoTを使ってみることにしました。

これのすごい所は、一般的なGPS端末では難しかった、屋内や地下での位置特定も可能です。

多少、ずれることはありますがとても精度はいいと思います。

初めてGPSBoTを使って子どもを発見した時はすごく感動しました。ちょっとした探偵気分ですね(笑)

GPSBoTはAIロボットです。

日本中をカバーする携帯電話回線に自動接続し、現在地を確認することができます。

充電が終わったら、ランドセルに入れるだけなので面倒な接続設定は一切ありません。

端末価格は4800円。月額価格480円(定額通信料含む)。

端末は、無料のアプリやメーカーホームページ、Amazonから購入できます。

わずらわしい2年縛りや、付帯費用も一切ありません。

追加費用なしで複数の保護者でお子様を見守ることができますので家族に子守を頼んだ時なども安心できます。

画像引用 Bsize公式サイト

 

このままだと、持たせても無くしてしまいそうだなという時は専用のケースも販売されていますのでケースに入れてネックストラップなどに取り付けておくと無くしにくくなるかなと思います。

ちなみに、appleから出ているairpodsのケースも使えるようで充電用の穴もぴったりみたいです。

百円均一などでも丁度良さそうな入れ物ありそうですよね。

以下Amazon商品ページです。

GPS BoT お子様の現在地や行動履歴を教えてくれるAIみまもりサービス

新品価格
¥5,534から
(2019/6/24 14:24時点)

 

大手キャリアが提供するキッズケータイ

GPS機能だけではなく連絡をしたいなど他にも機能が欲しい場合はドコモ、AU、ソフトバンクから出ているキッズケータイがおススメです。

キッズケータイにするメリットは

キッズケイタイのメリット

・Bluetooth機能で見守り範囲から子どもが離れると親のスマホに通知がいくのでお出かけ先で迷子になる心配がなくなる。

・防水、防塵使用になっていて衝撃にも強いので壊れにくい。

・電話は電話帳に登録してあるところにしか出来ず、着信も電話帳に登録してある所からしかしないようになっている。

・防犯ブザーがついている。

様々な機能がついているのでより一層安心できます。各キャリア色々特徴があるので紹介していきたいと思います。

ドコモのキッズケータイF-03j

(画像引用 ドコモ公式サイト

電話やメールが簡単なドコモのキッズケータイF-03j。

ブザーを引っ張ることで、あらかじめ登録しているところに自動で通知が行われ、同時に位置情報も送信できます。

また別売りのTomoruという商品を使えば、おかえり通知が可能になり家に帰り着いた時に保護者に通知がいくので登下校が心配という人にぴったりです。

機種代は24回払いで月486円です。

ドコモ公式サイト

auのキッズケータイmamorino5

 

(画像引用 au公式サイト

自動通話機能付きのauのキッズケータイmamorino5。

着信自動応答機能では、設定をすれば電話に出るボタンを押さなくても自動で通話状態にしてくれるので、子どもが遊びに夢中になっていて気付かない時にも状況を知る事ができるので安心できます。

電話に出なくて何をしているだろうと心配することがなくなりますね。

自動応答機能を設定していない場合だと電話に出ない場合は、出ないときガイド機能を使えば保護者あてに自動でメールが送信され遠隔操作が可能になる機能もあります。

活発なお子さんでなかなか電話に出そうにないなという方におススメです。

機種代は24回払いで月675円です。

au公式サイト

ソフトバンクみまもりケータイ4

(画像引用 ソフトバンク公式サイト

機種代が安いので初めてキッズケータイを持たせるという人におススメのソフトバンクみまもりケータイ4。

価格は安いですが、GPS、防犯ブザー、プロの警備員駆け付けサービスにも対応しているので最低限の機能はついています。

機種代金は24回払いで月280円と安いのでとりあえず持たせたい、初期費用をおさえたい方には魅力的ですね。

ソフトバンク公式サイト

キッズケータイは、必要最低限で機能が充実しているので間違い電話をかけたりする心配がないので安心して持たせられますね。

ただ、契約する際は親がドコモならドコモだったりと同じキャリアじゃないと契約できなかったり、料金が割高になったり、使える機能が制限される部分もあるので注意が必要です。

 

キッズケータイのかわりに見守りスマホ

今は格安SIMの契約をしている方も多いと思うのでそういう方におススメなのが

(画像引用 TONEモバイル公式サイト)

最近、子供向け格安スマホというものが登場しています。低学年のうちからスマホは抵抗がある、ゲームやSNSなどでスマホ依存にならないか心配という方もいると思います。

しかし、そういう問題は、充電をする時は部屋でせずにリビングでするようになど子どもとルールについて話し合って使ってもらうことや、機能制限などのスマホ自体の機能を使うこと解決できます。

特に今回おススメするTSUTAYAのスマホ、TONEモバイル。

子供向けの格安スマホで、GPS機能で居場所を知ることができ、LINEも使えるので無料通話もできますし、機能制限、フィルタリングまで可能なスマホです。

利用する時間もアプリごとに設定可能でゲームは1日1時間まで、夕方までなど時間帯で制限することもできます。

月の料金はキッズ携帯と同料金で、キッズ携帯と同じ防犯機能が使えるうえに、スマホなので様々なアプリを追加して使用できます。

遊びに行って無くしたりしないか心配という方もいるでしょう。

TONEモバイルなら、設定をしていれば遠隔操作で探すことも出来ますし、アラームを鳴らして探すことも出来ます。ロックをかけることも出来るので安心です。

お子様向けの安心機能満載 TSUTAYAのスマホ 【TONE】

 

子どもの防犯グッズまとめ

今回紹介した防犯グッズを正しく、ご自分の生活スタイルに合ったものを選び、使うことで防犯効果を高めることが出来ます。

何かあればカバンなど重い物捨てて走って逃げるなどルールについてもしっかり話すことが大切です。

子どもにとって安全、安心な日常を創ってあげる事で、心配事を一つ減らすことが出来ればお仕事や趣味など、より一層取り組むことが出来るのではないでしょうか。

子どもの為、そして自分自身の為に子どもの防犯について真剣に考え取り組みましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です