片付けが苦手な我が子の部屋!中学生でもうまくできるコツとは

子供の部屋が散らかっていると、なんとかしなきゃ、と親は思います。

こんな部屋で過ごしていたら、勉強ができなくなるんじゃ・・。

中学生だし、何か悩みでもあるのかな・・。

親は、不安でいっぱいですね。

大丈夫。あなたの子供を信じましょう。

子供と一緒に、うまく片付けるコツを教えます!

 

片付いていない子供部屋にモヤモヤ・・中学生なんだから自分で片付けて!

中学生の我が子の部屋。

机や床に、教科書やノートやプリントが散乱している。

本人としては分かるように並べているのかもしれない。

だから、むやみに動かせないし。

ベッドに置いたバッグはどかさずに、体を曲げて寝ている・・。

この子はこれで大丈夫?と、心配になりませんか。

散らかった部屋で過ごすことで、成績や受験に悪影響を与えていないか。

もっと早くから片付けを習慣にしておけば、片付けができる子になっていたかもしれない。

でも家事・仕事・子育てに追われて、ゆっくり一緒にやる時間なんてなかったし・・。

子供が部屋を片付けられないのは、私のせいかも

そんなふうに、自分を責めている人はいませんか。

子供の部屋を見ると、ついイライラしてしまう人もいるでしょう。

こんなに散らかしたら、必要なものが分からなくなっちゃうでしょう?

ずっと床に置いてある問題集とかあるけど、本当に勉強できてる?・・中学生なんだから、自分の物は自分できちんと管理してよ!

言っても動かないし、もう放っとこうと、放置作戦にでることもありますね。

もう気にしないことにする、と思っていても、完全に無関心になるのは難しいものです。

部屋が片付いていないと、「だらしない」と感じますね。「だらしない」は、規則を守ることに直結する言葉です。

子供は中学校で、だらしない人間にならないよう、厳しく言われているはずです。

しかし、一度落ち着いて、自分が中学生だった頃を思い出してみてください。

大人に言われて、なんでもすんなりと行動に移せましたか?

子供はもう、自分が何を大事にするかは、自分で決めたい時期なのでしょう。

片付けができていなくても、そこにあるゲームや提出課題そのものはきっと大事にしています。

床に置きっぱなしで、大事にしているように見えなくても、提出課題の締め切りはきちんと覚えています。

使わないものはしまえばいいのに・・と、親は思います。

しかし残念ながら、それは子供にとっては大事ではないのです。

おそらく。

小さい頃に片付けの習慣をつけてもらった子供は、確かに、今も整理整頓が苦ではないかもしれません。

「小さいときから、一緒に片付けをやっておけば・・」と後悔もするかもしれませんが、あまり自分を責めないことです。

子供は、親の気持ちをよく察しています。

親が落ち込んだり、イライラしたりしていると「自分が原因かも」と気にしたりします。

気にしていないようで、傷ついているかもしれませんよ。

 

子供には片付けられない部屋になってしまったら、中学生でも親の出番

では、子供自身が部屋を片付けたい、と思うのはどんなときでしょうか。

片付けが得意な子供だったら、自然とそう思い立って、片付けをするでしょう。

しかしそうでないのなら、それは、子供が危機感を感じたときです。

「これではマズイ」と自分で思ったとき、ようやく子供は部屋を片付ける気になってくれます。

子供の「これではマズイ」のタイミングが、まぁときどきは来ていて、一応は片付けをしているみたい、というのなら大丈夫です。

その場合は、少しくらい散らかっていても、放っておいてあげましょう。

本人のペースに任せます。

親が思うような片付けができていなくても、目をつぶりましょう。

しかし、ときには「汚部屋」と呼ばれるほどになってしまう部屋もあります。

「これではマズイ」と思っていても、自分ではどこから手をつけていいか分からない。

どこに何があるか分からなくなってしまって、分かるのは最近使ったものだけ。

もし、子供がそんな風に感じ、手をつけられないでいるとしたら、その部屋は「汚部屋」に近づいているかもしれません。

その部屋では、ものを管理することができなくなっています。

忘れ物が増えたり、提出物が期限通り出せなかったりします。

提出期限や範囲が書いてあるプリントは、ずいぶん前に配られて、山の中に埋もれてしまっているのです。

中学生ですから、課題が期限までに提出できるかどうかは、内申点に関わる大事なことなのですが・・。

また、必要なものがどこにあるか分からないと、それを探す時間が必要になります。

朝に探しものをしたせいで、遅刻をするかもしれません。

部活の朝練や、始業時間に遅刻するのは、子供にとって辛いことのはずです。

持っていくことはできても、中身が整っていなかった、ということもあるかもしれません。

ずっと散らかったままのものがあるとき、そこにある一つ一つのものは、おそらくメンテナンスされていないでしょう。

学校に持っていって、いざ使おうと思ったときに、汚れている、壊れている、内容が足りない、では使うことができません。

かわいそうなことですが、子供は、学校で困ることになるのです。

自分を情けなく感じ、劣等感を持ってしまうかもしれません。

劣等感をもってしまうと、勉強も、部活も、友達関係も、うまくいかなくなる場合があります。

人間はどんな場面でも、自分を肯定できる気持ちを持っている必要があるのです。

もし、子供の部屋が片付いていなくて、生活にも影響がでているようだと分かったら、子供と一緒に片付けを始めましょう。

「一人でできるようになってほしい」は、後回しです。

かわいい子供のために、時間を作って取り組みましょう。

 

子供の部屋を一緒に片付けるコツ

子供の部屋が、自分では手をつけられないほど散らかってしまったのはなぜなのか。

本人が、片付けを面倒がったからでしょうか。

そう思うと、説教してしまいそうになりますね。

叱るのは逆効果ですから、やめましょう。

絶対に一緒に片付けなんてしない、と言われてはおしまいです。

一緒に片付けるのですから、気持ちを持ち上げてあげる必要があります。

そもそも、部屋が散らかってしまったのは、単純に片付けのやり方を知らなかっただけかもしれないのです。

片付けるには、量を減らすのが大事、と教えてあげる

子供は、ものの手放し方を知らなかったのかもしれません。

部屋にものがあり過ぎて、片付けられなかったのではないでしょうか。

あなたも、膨大な数のものを片付けることになったら、途方にくれますよね。

中学生の部屋にあるものというと、大人が買ったもの、大人に貰ったお金で買ったもの、学校から持ち帰ったもの、くらいでしょう。

買ったものの多くは、おそらく日用品です。

使わなくなったら捨ててもよいものがほとんどのはずです。

学校から持ち帰ったものには、教科書などの実用品、作品などの思い出の品があります。

全てをとっておくことはできないため、ちょうどよい量まで減らす必要があります。

今までの生活で、それらを捨てることができていないと、大変な量になります。

子供はおそらく、片付けとは、部屋にあるものをすべて、きちんとしまうことだと思っていたのではないでしょうか。

まだ使えるものや思い出のものを、片付けのために積極的に減らすということに、考えが至っていないのではないでしょうか。

逆に、とっておくのが良いことだと思っていたかもしれません。

ものが多くなりすぎていたから、片付けが難しくなっていたということ。

残すものを選んで、それだけをしまうなら、ずっと簡単だということを教えてあげましょう。

捨てるコツ-捨てやすいものから捨てる-

まずは、今使っていない日用品や実用品から捨てます。

思い出のものが少ないというのがポイントです。

好きでよく使っていたものなど、子供の思い出ごころを揺さぶるようなものは、手から離して後回しにしましょう。

サイズアウトした洋服や、ずいぶん前に返されたプリントなど、「賞味期限切れ」と分かるものが捨てやすいですね。

それでも「復習しようと思って」と、とっておいたときのことを思い出し、まだとっておくと言うかもしれません。

そんなときは、それならば今すぐに復習をしなくてはならない、ということを伝えましょう。

他にやらなくてはいけないことがあり、結局復習はしなかった、しないでここまできたんだよね、ということを分かってもらいます。

現在進行形で、やらなくてはいけないことがあるはず。

それを後回しにしてでもする、という場合にだけ、とっておくことができるのだと伝えましょう。

勉強だけでなく、かつての習い事グッズや、古い雑誌などにも当てはめて考えることができます。

「いつかやる」ものをとっておくことも、今の状態をつくりあげてしまった原因の一つなのだということを、優しく伝えてあげましょう。

捨てるコツ-子供の気持ちに寄り添いながら捨てる-

「賞味期限切れ」のものが捨てられるようになってきたら、徐々に、かつてのお気に入りだったものにも手を出していきます。

今は使っていないけど、小学生のときに気に入って使っていた、文房具、バッグ、キーホルダーなどです。思い出が含まれるものは、捨てづらい気持ちが出てきます。

あったことを忘れていた、というものは、捨てます。

見ると懐かしくなって、とっておくと言うかもしれません。

しかしやはり、「忘れていた」「それ無しで生活していた」という現実に目を戻してもらうのが大事です。

ぎゅうぎゅうに詰めてしまわれているとか、ホコリをかぶっているものなども、捨てます。

それらは今、大切なものとしての扱いをされていない、という現実を受け止めてもらってください。

子供には、今、まさにお気に入りにしているものがあるはずです。

それを今使い、今きちんとしまってあげることが大事なのだと教えます。

思い出が含まれるものを捨てる時、「かわいそう」という気持ちをもつ子供もいるかもしれません。

その気持ちは、今、お気に入りにしているものを大切にすることに替えようね、と伝えます。

人は、たくさんのものをすべて一番大事にすることはできないのです。

役目を終えたものは「ありがとう」の気持ちで送り出してあげようね、と伝えると、子供のさびしさを少し減らせるかもしれません。

「それは捨てるべきなの。あるのも忘れてたでしょ」などと、強く指示するような言葉は、使わない方がよいです。

優しい言い方をしても、使っていないものを処分させるということに違いはありません。

ですが、子供の心に「親に捨てさせられた」という気持ちを残すことは、子供の人生に傷を残すことになります。

その傷がどんな風に残り、膨らんでいくかは、親には分からないのです。

あなたには、親に言われた小さな「あの一言」が尾を引いて、今でも親に感謝ができない、ということはないでしょうか。

子供の私物を処分させているのですから、本人の気持ちになるべく寄り添ってあげましょう。

それがあなたのためでもあります。

捨てるコツ-テンションをあげて捨てる-

漫画やゲームなどは、中古販売店に売るとお金が手に入ることもあります。

おそらく、微々たる金額にしかならないでしょう。

でも、それを子供にあげると話すことで、子供の片付けテンションがあがるなら、利用する価値があります。

結果、金額にガッカリするかもしれませんが、「次は高いうちに売ろう」と、新しい方向に意欲を出す子供もいます。

ものを大事にするとはどういうことか、という新たな問題にぶつかるかもしれませんが、それはそれでまた考えましょう。

片付けの面では成功しています。

今は着ないお気に入りの服などは、お下がりをあげる誰かを、具体的にイメージしてもらうと効果があるかもしれません。

捨てることより、誰かに譲ることを考える方が、前向きな気持ちで片付けに取り組むことができるでしょう。

掃除も一緒にして、この部屋を好きになる

部屋が片付いてきたら、せっかくなので、掃除も一緒にやると良いでしょう。

子供は、学校で掃除のやり方を習っています。

学校の掃除は簡単だけど、部屋の掃除は難しいと感じているかもしれません。

学校は、子供の手とはいえ、毎日、大勢の人数で掃除されている空間です。

毎日ですから、常にある程度の清潔は保たれていますし、それを保つためのシステムができあがっています。

なので、一人一人の役割は簡単でも、そこそこ清潔になるのです。

それに対して、この部屋は、毎日の掃除はしてこなかったし、掃除のシステムもできていません。

学校のようにシンプルじゃないし、丁寧にやらないといけないように感じます。

しかし、まずは学校で習っているのと同じようにやって、そこそこの清潔を目指してみましょう。

結果、それで充分だと感じるかもしれません。

違うのは、ほうきの代わりに掃除機を使うことです。

あとは、ホコリをとりたいところはから拭きをし、汚れをとりたいところは水拭きをします。

から拭きに使うものは、ぞうきんでなくても良いのです。

ティッシュでも、お掃除用シートでも、使い古しのウエスでも、なんでもOKです。

使い捨てのものを使えば、掃除は簡単でいいんだと、子供に感じてもらえるかもしれません。

水拭きも同じです。

ウエットティッシュでもお掃除用シートでもOKです。

体を動かすと、だんだん集中してきます。

部屋の一部でも掃除ができると、達成感があります。

「自分ってエライ」「自分って、やれる人だ」と、自分に自信がついてきます。

親も一緒です。

子供のために頑張れたことが、自分の自信につながります。

親子で、この部屋は良い部屋だな、と思うことができるようになります。

部屋を好きになります。

障子とか、ふすまとか、カーテンとか、壊れている部分がある場合は、この機会に直すことを考えましょう。

いっぺんには難しいかもしれませんが、それを直すことで、親もこの部屋を大事に思っている、ということを伝えてあげましょう。

それはそのまま、親が子供を大事に思っている、ということにつながります。

 

子供が、自分で片付けたくなる部屋にするコツ

部屋を片付けたあと重要なのは、これからもその状態をキープするということです。

きれいな状態をキープするには、ものをいつでも定位置に戻すのが大事です。

ものがしまってあり、○○はここにあると管理できていれば充分ですが、ちょっと工夫して、定位置に戻したくなる収納にしてみるのも一手です。

例えば、インテリア性を持たせてみるのはどうでしょう。

家で保管しておく書類を入れるファイルを、アンティーク風にしてみるとか。ハンガーをシンプルなものに統一して、お店のような雰囲気を出すとか。

逆に収納を、限界まで簡単にするのが良いタイプもいるでしょう。

洗濯から戻ってきた服は、かごにポイッと入れる方式にするとか。

中学生は制服があれば、外に出かける私服はさほど必要ではありません。

制服を脱いだ後に着る普段着が、一番よく着ている服です。

洗濯に出して戻ってきたら、カゴに入れればOKという簡単収納です。

子供が、ここはこのままきれいにキープしたいな、できるな、と思ったなら成功です。

きっとその場所は、これからもきれいな状態が続くでしょう。

部屋が好きになれば、子供は、いろいろアレンジを始めます。

ポスターを買ってきて貼ったり、目標を書いて貼ったり。

すべて任せてあげましょう。

大切なのは、部屋を好きでいてもらうことです。

 

中学生の片付け、大人と同じようにできなくて当たり前!

子供が、きれいな部屋をキープすることが、再び難しくなるときが来るかもしれません。

その場合は、また手伝ってあげてよいのです。

散らかってきたからまた一緒に片付けようか、と言うと、子供はイヤな顔をするかもしれません。

責められているような気持ちになったり、面倒くさいと思ったりするのでしょう。

しかし子供も、きれいな部屋の方が、本当は自分もうれしいと分かっています。

少しくらい散らかっているのは子供に任せて大丈夫です。

しかし、ものを管理しきれていない様子が見えてきたなら、それは子供からの「お手上げ」のサインと考えます。

出しっぱなしになっているものが増えていたら、一緒にしまいます。

捨ててもよいものが置いてあったら、一緒に捨てます。もう一度、キープできる状態に戻します。

良い状態に戻すことを繰り返すうちに、やり方を覚えます。

いつかは一人でできるようになります

そのうち、子供が片付けに目覚めるかもしれません。

図書館の本からでも、テレビからでも、片付けの情報は入ります。

親も驚くくらい、きれいな部屋を作り上げる可能性もあります。

しかし親は、期待しすぎず、他の場所をきれいにすることに努めましょう。

本などで見た自分の理想を、子供に押し付けるようなことはしないようにしましょう。

「こういうの素敵だよね」と見せるのはよいですが、それを素敵と思うかは子供の自由です。

子供の感性まで自分と同じに育てるには、やはり小さい頃からの習慣が必要だったのです。

そこは、あきらめが肝心です!

我が子が困っているようなら、遠慮なく助ける。

そうでないときは、潔く身をひき、見守りに徹する。

それが、中学生というムズカシイ我が子とうまくやっていく秘訣です。

 

まとめ

中学生という、多感な時期を過ごす子供。

家では、安心とか、心地よさとか、幸せを感じてほしいですね。

親ができることの一つは、環境を整える手伝いをすることです。

自分の部屋がきれいなら、勉強にすぐ取り組めるかな。

心も体もゆっくり安らげるかな。

自分に自信をもてるようになるかな。

親の思う通りにいくとは限りませんが、幸せに過ごしてほしいという気持ちくらいは、きっと伝わるでしょう。

親は、私の部屋を大事に思っている。親はつまり、私のことを大事に思っている。

私はきれいなこの部屋が好き。この部屋をきれいにできる自分自身が好き

子供がそんな風に感じているなら、きっと素敵な人生を送れるはずです。

子育て中でも家をきれいに片付け。どこから始めるのがポイント?

ズボラでも出来る片付け術!面倒にならない簡単に続けられる方法

子供と一緒におもちゃのお片付け!片付けを習慣づけるためには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です