運動は朝がおススメ!ダイエットにも効果的!

皆さんは早起きは得意ですか?苦手ですか?

そうですよね、苦手な方が多いですよね。

朝は1分でも長く寝ていたい、そういう方が多いのではないのでしょうか。

そう言う私も、早起きは大の苦手、朝はギリギリまで寝ていたい、と思っていました。

ところが、数ヵ月前、なぜか早く目が覚めるようになってしまい、目が覚めると、もう眠れないのです。

そこで、せっかく起きているのだからと、朝ウォーキングを始めてみました。

すると、2ヵ月弱で3.5kgも体重が減ったのです!

う~ん、朝の運動は侮れない、そう思い、続けることにしました。

続けるからには、より効果的に行いたいし、注意するポイントなども知りたいと、色々調べてみました。

それをここでご紹介します。

 

朝の運動が効果的な理由

時間帯で考えれば、一番続けやすい

夕方ですと、残業その他の予定が入ったり、疲れていたりと、なかなか続けにくいですが、朝なら、そんなことはなく時間が取れますから、習慣づけしやすいです。

自律神経のリズムにかなっている。

自律神経には二つあり、一つは交感神経、もう一つは副交感神経です。

交感神経は、心拍数を上昇させて、活動する際、脂肪を燃焼しやすくします。

副交感神経は、心拍数を下降させ、身体をリラックスさせて、疲労回復を促す働きをします。

朝起きてから活動するまでは、交感神経が優位になり、夕方から睡眠に入るまでは副交感神経が優位になります。

このことから、脂肪を燃焼しやすい朝に運動するのが効果的と言えます。

食事誘導性熱産生が高い。

これは、食事をした際、消化するのに使われるエネルギーのことで、最も高い時間帯が朝になります。

朝運動してお腹を空かせておき、朝食を摂ると消費エネルギーが高くなるので、食べても太りにくいと言われています。

 

朝、運動する際の注意点

朝食後すぐに運動すると、消化に悪いです。

もちろん、運動するなら、もちろん、朝食前がいいのですが、起きてすぐは血糖値が下がっていて、そのままで運動すると低血糖を起こしてしまいます

運動前に、胃腸に負担がかからない程度に、水コップ1、2杯とバナナなどの軽食を摂っておきましょう。

そうすることで、血流が促進されて、血糖値が安定します。

また、朝は体温も下がっているので、いきなり運動してしまうと、温まっていない硬い身体に負担をかけてしまいます。

普段より入念にウォーミングアップをして身体を温めてから徐々に行いましょう。

習慣にするためには、一気に生活のリズムを変えずに、まずは1時間早起きをして軽めの運動をするなどして、少しずつ慣らして行きましょう

アラフォー主婦のダイエットは、運動と食事で綺麗に痩せよう!

 

朝、行うのにおススメの運動

ストレッチ

朝の運動を始めたばかりの方、朝、いきなり激しい運動はちょっと、という方におススメなのが、ストレッチです。

じっくりと筋肉をほぐすことで代謝も上がり、身体の中から目覚めて行きます。

筋トレ

朝、筋トレを行えば代謝アップ効果が期待できます。

腹筋、腕立て伏せ、ダンベル運動、スクワットなどがおススメです。

効果が一番高いのは、大きな筋肉を動かすスクワットです。やり方は次の通りです。

ウォーキング

ウォーキングは、有酸素運動の一つで、朝、行うと脂肪燃焼効果が高いです。

有酸素運動は20分以上やらないと効果が現れないと言われていますが、この20分は連続している必要はありません。

20分以上続けると、よりよく脂肪が燃焼するというだけで、脂肪燃焼効果自体は運動することによって得られます。

これなら、通勤時間を利用してもできますね。

ジョギング・ランニング

身体を動かす習慣がついてきたら、ジョギング、それに慣れてきたら、ランニングもおススメです。

運動の強度が上がれば、それだけダイエット効果も高くなります。

ラジオ体操

ラジオ体操も意外と運動強度が高く、結構な脂肪燃焼効果があります。

15分で57kcalも消費できます。

速いペースのウォーキングとほぼ同じです。部屋の中でも手軽にできますから、おススメですね。

 

まとめ

朝の運動は、

  • 習慣にしやすい。
  • ダイエットに効果的。
  • 一日の活動のために、精神的にもよい作用がある。

などの理由から是非おススメします。

ただ、無理はしないことです。

朝、運動をがんばり過ぎて、仕事や学習に支障が出ては本末転倒です。

まずは、少し早起きをして、軽い運動をすることから始めて行きましょう。

短期間で痩せる!その方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です