お金を貯めるコツとは何か?主婦の節約方法をご紹介します!

みなさんは毎月どのくらいの貯金ができていますか。

私は毎月のお給料の中から生活費やローンなどの支払い分を計算し、余った金額を貯金するという方法を取っていますが、毎月貯金できる額はちっぽけで悲しくなってしまいます。

そして実は、この方法はお金が貯まらない人の特徴でもあるそうなのです。

貯金を増やすのが難しい時代ですから、小さな節約の積み重ねがとても大切になってきます。

一体、世間の人はどのくらいの貯金額があるのでしょうか。

なかなか他人の貯金額については聞きづらいものですよね。

私も、友達の貯金事情については聞いたことがありません。

でも結構気になってしまうところですよね。

貯金がたくさんある人は、どのように貯金しているのでしょうか。

コツなどはあるのでしょうか。

今回は、貯金のコツと主婦ができる節約方法を調べてみました。

 

貯金が苦手な人の特徴とは

毎月どれくらいのお金を使っているのか把握できていない

自分の使ったお金を把握できていない人は、貯金が苦手なのかもしれません。

家計簿などもつけていないという人は、把握できていないお金があると思われます。

まずは家計簿をつけてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

家計簿がどうしても続かないという人は、レシートを撮影するだけで家計簿をつけてくれるアプリなどもあるので、そういったアプリなんかも利用してみると良いかもしれませんね。

お金が足りなくなるとすぐに貯金を崩してしまう

お金が足りなくなったらすぐに貯金に手をつけてしまう人っていますよね。

はい、私です(笑)なぜか毎月のようにお金が足りなくなり、貯金に手を出してしまいます。

これでは絶対にお金なんて貯まるはずがありません。

わかってはいるのですが、毎月のお給料の中でやりくりするのって本当に大変な事なんですよね。

主婦になって初めて知りました。

せっかく貯めたお金ですから、子供の為に使ったり、非常時の為に取っておきたいものです。

ぐっと我慢して、貯金にすぐ手をつけるのは辞めましょう。

給料の振込、引き落とし、貯金を同じ口座にしている

全て同じ口座にしてしまうと、いついくらが引き落とされて、今貯金がいくらあるのかもわからなくなってしまいます。

そもそも、貯金を一緒の口座にしてしまうと気づかないうちに貯金に手をつけてしまう可能性もありますよね。

それでは絶対にお金は貯まりません。

せめて、貯金の口座だけは別に持っておきましょう。

 

貯金のコツとは?

目標額を明確にする

何をするにも目標はあった方がやる気が出るものです。

いつまでにいくら貯めて旅行に行く!など期日と目標額を決めると、期日から逆算して、毎月最低でもいくらくらいは貯金しないといけないな、など貯金のペースが決まってくると思います。

いつまでにいくら貯金するのか、明確な目標がないと目先の誘惑に負けてしまいなかなかお金が貯まらないということもあるかもしれません。

そういった基準みたいなものはあって損はありません。

ぜひ目標額を決めてそれに向かって貯金を始めましょう。

積立貯金を利用する

私は、銀行の積立定期預金を利用しています。

給料が振り込まれる口座から毎月自動的に預金口座へ積み立てられる仕組みになっています。

自分で毎月いくら積立をするのか決められますので、5千円でも1万円でも自分の家計を見て無理のない程度で設定すると良いと思います。

自動的に積立てられますので、知らないうちにお金が貯まっていきます。

積立定期の口座からお金を引き出す時は、銀行の窓口で手続きしないとおろせない仕組みになっていますので、簡単にATMで引き出す事は出来ません。

貯金が苦手な人はぜひ利用してみてください。

500円玉貯金をする

500円玉貯金をしている人は多いのではないでしょうか。

定番の方法なので、みなさんわかっていると思いますが、財布の中に500円があったら貯金をするという方法です。

とても簡単で家ですぐできる方法ですし、お金が貯まっていくのが目に見えてわかりますから、貯金できているという実感が湧きやすい方法ですよね。

貯金が苦手な人でも、比較的やりやすい方法だと思います。

クレジットカードや電子マネーを利用する

日本はまだまだ買い物は現金でしている人が多いと思いますが、クレジットカードや電子マネーを利用するとポイントが貯まります。

クレジットカードでの支払いにするだけで0.5%~2%ほどのポイントが付くので、同じ買い物をするのならクレジット支払いにした方が断然お得です。

さらに今年から軽減税率制度が始まりますから、キャッシュレス決済が節約に対してとても重要なカギになってくると思います。

 

今日からでもできる!主婦の節約法とは

食費

主婦が一番節約できるものは食費ではないでしょうか。

毎月出ていく額が決まっている固定費とは違い、毎日ちょっとした工夫で節約することができます。

はじめに1か月分の食費を決めてしまい、その中で済むように生活できるのが一番良いです。

目安は大体1人1万円以下です。

買い物は、1週間分の献立を決めてまとめ買いした方がお得です。

毎日買い物に出てしまうと、何か買わずにいられず必要のないものまでちょこちょこ買ってしまう可能性があります。例えばお菓子などです。

そういった事を避ける為にもまとめて買っておくと良いと思います。

お肉なども大量に買って冷凍しておけますし、安く手に入る食品で常備菜などを作っておけば、夜ごはんにもなりますしお弁当に入れることもできるので便利です。

そして節約にもなるのが嬉しいですよね。

もちろん、外食などはかなりの出費になりますので、できるだけお家でご飯を食べるようにしましょう。

洋服代

洋服代は、意外と節約できるもののひとつです。

最近では、フリマアプリなどでも安くすぐに手に入るようになりました。

有名なブランドのものが、中古だからという理由で破格のお値段で購入することができますし、出品している人によっては、ものすごく綺麗な状態の洋服をかなりお安い値段で出品してくれている人もいます。

フリマアプリが不安だという人もいるかもしれませんが、出品者の口コミなどもあるので、そういうものも参考にすれば比較的安心して取引ができるかと思います。

こういったものを利用すると、洋服代を抑える事ができますよね。

それでもやっぱり中古品は嫌だという人は、アウトレットやセールなどを利用してみてはいかがでしょうか。

交際娯楽費

毎月、娯楽費はどのくらい使っていますか。

人間ですから、遊ぶ事も必要ですし仕事や家事のストレス発散になるので娯楽は大切なことです。

しかし、それも週に何回も遊びに出掛けたりしているのは、貯金の面から考えるとどうかなぁと思います。

月に何回まで、と決めることで娯楽費を抑えることができますよね。

特に、飲み会などは1回で出ていく金額が大きいですから、月に5回行っていたのを1回減らすだけでもかなりの節約になりますよ。

雑費

雑費は主に消耗品だと思います。洗剤やトイレットペーパーなど生活に欠かせないものが多いですよね。

使わない事はできないですが、使いすぎに気を付ける事はできます。

化粧品などは高価な物が多いですし、使いすぎに気を付けることで必ず節約に繋がります。

 

まとめ

いかがでしたか。貯金を増やす為の方法はたくさんあります。

これからの時代、なにがあるかわかりませんから貯金はあるに越したことはないです。

自分の欲しいものややりたい事などを楽しみにしながら貯金を頑張れば、目標を達成した時の嬉しさも倍ですよね。

主婦のみなさんは、毎日節約などを頑張っている方がほとんどだと思いますが、この記事を読んでもう一度節約方法などを見直してみてもらえたら嬉しいです。

今回ご紹介できなかった方法もまだまだあると思いますので、自分なりの節約術も考えて試してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です