洋服を片付ける時のコツとポイント

洋服を片付ける「コツとポイント」と考えたとき、私が思い浮かんだのは大まかに、

整理整頓

捨てる

の二つでした。

最近、「片付ける」をテーマに取り上げられているのはどちらかというと「捨てる」のほうが多いように感じます。

だけど「どうしても捨てられない」「捨てずに片付けたい」って思っている人も多いはずです。

そこでここではできるだけ「捨てずに」「片付ける」を考えていきたいと思います。

どちらかというと私は「片付け」が苦手なほうです。

特に「洋服」となると片付けるまでの工程がとても煩わしいものとしてしかとらえることができないからです。

「洋服」を着て「片付ける」までの工程を想像してみてください。

着る→脱ぐ→洗濯する→干す→畳む→収納する

といった具合でしょうか。

着たものを脱ぐのはいいけど、洗濯して干して畳んで閉まってといった工程を考えるだけで、面倒臭いって思ってしまうのです。

そこで面倒なことは少しでも省いて簡単に片づけられたらと思うのです。

 

洋服を片付けるコツ

洋服を片付けるといっても苦手な人にとっては一苦労ですよね。

苦手だからこそ、簡単に片づけたいと考えるのではないでしょうか。

そこでまず洋服を大まかに分類してみましょう。

初めに「春夏物」「秋冬物」と季節に応じて衣替えできるように分けます。

次に細かな「下着類」「靴下」「小物類」と分けます。

それからいつもお気に入りで着ている洋服を選びます。

分ける時簡単なのはカゴなど使って分けていきます。

これなら片付けが苦手な人でも簡単に分けることができると思います。

一人暮らしの人なら自分の分だけで済むと思うのですが、家族のいる人は各自の洋服に分けて一人ずつ分類します。

分類し終えた後、大きいものから片付け始め、だんだんと小さいものへと進めていくと飽きずに行えます。

長めの物やボタンのついているYシャツやブラウスのようなものはハンガーにかけたまま収納するとしわもなく楽です。

下着などは100均の収納を使うと便利です。

Tシャツやトレーナーの様な洋服は一目で見分けがつくように畳み、立てるように収納する方法と巻くようにして収納する方法が便利です。

タンスや衣装ケースに収納するとき、お気に入りのものを手前に収納したり、色別に分けたりすると見わけやすくコーディネートするときにも便利です。

 

洋服を片付ける時のポイント

洋服を片付ける時のポイントとして、次のことをやってみましょう。

・クローゼットに収納

・タンスや衣装ケースに収納

・小物入れのようなかごに収納

・仕分け小物を使って収納

クローゼットがある人は活用しましょう。

クローゼットがない場合は、押し入れなどに突っ張り棒で掛けるところを作りましょう。

ハンガーを使ってそのまま掛けて置くようにするとき、長いものから短いものといったように端に長いものが来るように掛けて置くと見た目がよく見えます。

長さをある程度揃えたほうがバラバラに掛けるより取りやすいし見た目もいいですね。

次にタンスや衣装ケースに収納するときは、上から見てそれが何なのか分かるようにすると取り出しやすいですね。

タンスなどの場合2列になるように入れるとたくさん入れることができます。

畳むときにA4サイズのクリアファイルを利用してそのサイズに畳むと簡単に畳むことができますので試してみてください。

それから小物入れは100均ショップでよいものが色々と手に入りますし、小分けグッズを使うと簡単に収納できます。

人の目に触れないようにしたい人には突っ張り棒にカーテンなどを使って目隠しにしてもよいかもしれませんね。

突然の訪問客にも対応できますよ。

 

まとめ

片付けが苦手な人は、面倒に感じない程度に片付けるのがコツだと私は思っています。

片付けが苦手な人は工程がたくさんあればあるほど面倒に感じますので、できるだけ面倒だと思われる過程を省略できるようにするのがポイントです。

収納ができないくらい洋服を持っている人はいったん片付けた後にもう一度見直してみるのもよいかと思います。

そうすると最近着ていない洋服が目に付いてくると思います。

その中から処分するものを選択するのも一つの方法です。

また、見えるように収納することで自分のサイズを知ることもできるので、スタイルを気にしている人にとっても維持につなげていけますね。

モチベーションが上がるように洋服を片付けてみましょう。

もしかしたら楽しく片付けることができるようになるかもしれませんね。

服・衣類の片付けはいつ終わるの?収納ができないと悩み続けるあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です