ウォーキングダイエットは痩せるの?気になる効果は?

ダイエットのための運動はしたいけれど、体力に自信がない方も多いはず。

そんなとき、女性でも気軽にはじられるのが「ウォーキング」です!

だけれど、ウォーキングによるダイエットって効果は期待できるの?と疑問に思いますよね?

頑張っているけど、効果が出なくて途中で諦めてしまう人も多いと思います。

でも、ちょっと待った!それだともったいないです!

ウォーキングは、脂肪燃焼効果が高い有酸素運動ですので、続ければちゃんと「痩せる」ことを実感出来る運動です。

実際、私もウォーキングダイエットで痩せた経験があるので自信をもってオススメします!

 

ウォーキングの効果

まずは、ウォーキングすることでもたらすダイエット効果について見ていきましょう!

ウォーキングの効果には、

  • 脂肪燃焼
  • 血流改善
  • 病気の予防
  • 生活習慣病の予防

などがあります。

下半身の大きな筋肉を使うので、血流がよくなってむくみ解消や美肌や低体温改善なども期待できますよ。

さらに、ウォーキングは「身体の一部分が痩せる」というよりは「全体的に痩せる」ことが多いんです。

継続して行うことで、余分な体脂肪が落ち、スッキリとした体型に近づく事が出来ますよ!

また、ウォーキングは運動の中でも負荷が軽いのが特徴ですので、継続しやすく、初心者やダイエット挫折者にとってはうってつけの運動といえるでしょう。

ダイエットにはジョギングがおすすめ!綺麗に痩せる方法と注意点

 

ウォーキングによって痩せる部位

ウォーキングは「全体的に痩せる」とお話しましたが、以下の3つの部位は特にダイエット効果が得られます。

その理由は何故か?お話したいと思います。

ジョギングのように、何度も地面を蹴ることがなく、ウォーキングでは下肢を中心に使うので、脚が「痩せる」というよりは筋力がつき、引き締まる効果があります。

筋肉が肥大化することもありませんので安心して下さいね。

腹部

ウォーキングは、体内に酸素を取り込んで、その酸素を使って糖質や脂肪を燃焼させ、エネルギーを生み出す「有酸素運動」です。

この有酸素運動では、体脂肪が燃えていきます。

ですので、ウォーキングを続けると、内臓脂肪や皮下脂肪を燃やす効果があります。

おなかまわりの脂肪太りが気になる方は、ウエスト周りを意識した筋トレを行ってからウォーキングをすると、相乗効果が高まりますよ!

定期的な運動として取り入れると、脂肪が落ちてスッキリとするでしょう。

背中

腕ふりをしっかりと意識してウォーキングを続けた場合は、背中・肩甲骨まわりのダイエット効果が期待できます。

急に痩せるわけではないですが、意識して腕ふりをしっかり続けることが大切です。

ウォームアップに腕や体のストレッチを組み合わせると、効果はさらに高まるのでオススメですよ!

 

ウォーキングのメリット

足への負担が少ない

ゆっくり歩いたときに足にかかる重さは体重の1.2倍だそうです。

例えば、50キロの人の場合だと1歩ごとに6キロの重さが足にかかります。

これが、走っているときにはその3倍で、ジャンプをすると約6倍もの重さが足にかかることになります…!

膝が痛みやすくなるんですね。

しかし、ウォーキングに関してはそのような痛みを伴うことは少ないので、運動が苦手な方にとっては安心な運動といえるでしょう。

心理的負担が少ない

ウォーキングに比べるとジョギングは辛いので、運動の習慣が身についていない人にとっては、スタートするときに、気合いが必要ですよね?

反対にウォーキングは、気軽にいつでもスタートすることが出来るので、心理的な負担が軽く、取り組みやすいのがウォーキングのメリットです。

継続も比較的しやすいと思います。運動は続けることが非常に大事なので、「継続のしやすさ」は最大のメリットなのです。

貧血になりにくい

ジョギングをする人の悩みの中に、貧血があります。これはスポーツ貧血とも言われるのですが、運動で汗を大量にかくと、同時に鉄分が失われます。

そして、この時に食事での栄養補給が足りないと鉄分不足になるのです。

ジョギングは足裏を何回も打ちつけることで赤血球が減るとも言われています。

しかし、ウォーキングで大量に汗をかくということは余程の負荷をかけなければ無いことですし、ジョギングのように足裏を打ちつける動作もありません。

なので、ジョギングに比べると貧血になるリスクが低いのです。

脳が活性化する

ウォーキングは、体温を上昇させる運動なので、脳を活性化させて、学習能力を上げてくれる働きがあります。

ウォーキングをすることで、脳の神経細胞内部でのたんぱく質の分泌が盛んになり、脳の神経細胞や血管が作られるのです。

認知症予防

さらに有酸素運動は、持続的に酸素を体内に取り入れる為、認知症予防にも効果的です。

酸素は血液によって運ばれ、脳の血管にも、新鮮な酸素を含んだ血液が流れ込みます。

それにより、脳機能の低下を防ぐことで、脳を若く保つ働きがあるのです。

 

正しい姿勢で歩く

ウォーキングをする際に、重要なのが正しい姿勢です。

そして、正しい姿勢を保つために必要なのは、「腹筋」「背筋」なんです。

自分が正しい姿勢なのか自信がない方は、壁などを利用して、しっかり姿勢を保てているのか、チェックしてみると良いでしょう。

やり方は、まず壁にかかと、お尻、背中、頭をつけて立ちます。かかとは揃えて、つま先の間は少し空けましょう。

両膝をくっつけて、両肩もしっかりと壁につけます。目線はまっすぐで、顎は引きましょう。

簡単そうに見えますが、意外とまっすぐ立てない人が多いそうです。

私も実際にやってみましたが、普段使えていない筋肉をしっかり刺激されました!

ウォーキングをする際は、この基本を守って歩くことが大切ですね!

 

まとめ

  • ウォーキングは体のパーツが痩せるというより、全体的に痩せる。その為には継続することが大事。
  • 脚、お腹、背中の3つの部位は特に痩せやすい。
  • ウォーキングする際は、正しい姿勢で行うと高い効果が得られる。
  • ウォーキングには、たくさんの嬉しいメリットがある。

いかがでしたでしょうか?

ウォーキングダイエットは、たくさんのメリットがあり、正しい姿勢で継続して行なえば、しっかり痩せられることがわかりましたね!

これからウォーキングダイエットを始めてみようかなと考えてる方は、是非参考にしてみてくださいね!

太ももの脂肪がどんどん落ちる!太もも痩せダイエットの方法4選

痩せるための運動メニュー紹介!誰でも簡単に始められるテクニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です