運動は夜と朝で効果が違う?!シンプルなおすすめダイエット法

ダイエットを始めたいのだけれど、いつ運動をして良いかわからない。

なんとなく始めてみたけど、効果が現れないので辞めてしまった。

そんな声を耳にします。

なんとなく運動を始めても続けることは難しいですし、体重を落とす目標を持って運動に励んでもすぐには効果が現れないと辛くて辞めてしまうという方がほとんどではないでしょうか。

最初のステップで大切なのは適度な運動を無理なく習慣化させることから始まります。

まずは、運動する時間と始めやすいオススメの運動を紹介します。

紹介する運動法はシンプルなものばかりですが、ジムに通わなくとも十分に効果が出るものですので、参考になさってください。

 

運動をするのは夜と朝とでは、効果が違う?

運動はいつしても良いわけではなく、時間帯によって効果が違ってきます。

ですから、自分が目指す身体を作るためにはどの時間帯に運動を行った方が効果的かを知ると効率よく結果が出せます。

例えば、朝の運動は脂肪が燃焼しやすくカロリーの消費が高いのでダイエットに適しています。

燃焼しやすい理由は、朝は身体を起こそうとするために消費カロリーが高いということと、身体が低血糖状態だからです。

血液中の脂肪より先に糖分を燃焼するという特徴が身体にあるため、血液中の糖分が少ない低血糖状態では脂肪が早く燃焼されるということです。

では夜の運動は朝よりも何が効果的なのでしょうか。

大きな違いは筋肉が生成されやすいので筋トレに適しているということです。

これは寝ている間に副交感神経が活発になり筋肉が生成されやすくなる特徴から、就寝に近い時間に運動をすると良いということです。

 

朝の運動

朝の運動での注意点

朝の運動には上記した通りメリットはあるのですが、注意して頂きたい点があります。

朝の運動は、カロリーの消費が高い反面、エネルギーを消耗しやすいのでとても疲れてしまいますし、筋肉がほぐれていない為に怪我を起こしやすいというデメリットがあるということです。

また、栄養不足のまま運動を行うと、ダイエットに必要な筋肉を壊してしまう恐れもあり、やみくもな朝の運動は気をつけなくてはいけません。

朝の運動のおすすめ

朝の運動は疲労しやすいため、習慣化することがとても大変です。

出社前に運動しようと考えたら早起きしなくてはいけません。

一気に生活を変えようとするととてもストレスになるので、ここでは準備をあまりせずとも始めやすく習慣化しやすい有酸素運動をおすすめします。

ジョギングは良いとされていますが、天候によってはモチベーションが下がりやすいので、まずは部屋でできるものを考えましょう。

ある程度の知識が必要なので難しいですが、「ピラティス」はとてもダイエットに効果的なので駅前の教室で習ってみても良いと思います。

そこまでお金を掛けたくない方は、ベランダなどある程度のスペースのある方には「縄跳び」をおすすめします。

賃貸マンションで近隣の住民の迷惑が気になる方には、「フラフープ」がベストです。地味ですが、立派なダイエットに効果的な有酸素運動です。

お腹と腰回りの筋肉を使うので腹直筋や腹斜筋を効率よく鍛えられます。

100均で購入ができます。

運動は朝がおススメ!ダイエットにも効果的!

 

夜の運動

夜の運動の注意点

夜の運動の注意点は、就寝時間に近すぎると興奮して寝付けないということです。

体は疲れているのに眠れないということが起こるので、翌日に影響が及びます。

質の悪い睡眠が続くと仕事のパフォーマンスも下がりますし、疲労も溜まり、身体機能の低下が生じるために避けなくてはいけません。

運動してから就寝するまでに三時間はリラックスできる時間を作るべきでしょう。

夜の運動はシンプルに

夜は自宅でも簡単にできる筋トレを行いましょう。

世間には色々な筋トレが紹介されていますが、ダイエットという観点で筋トレをするのであれば、シンプルな運動だけでも十分に効果を出すことは可能です。

足を肩幅分ほど広げて背中をまっすぐ伸ばし、腕を頭の後ろに組んで、お尻を後ろに落とす「スクワット」

肩幅よりこぶし二つ分ほど外に開いて床につき、つま先と腕だけで体を支えてゆっくりと体を上下させる「プッシュアップ」

この二つを15回ずつ3セット続けましょう。

シンプルに認知されている二つの筋トレを習慣化させるだけでも十分なダイエットになります。

夜だけ食事制限のダイエットにおすすめな方法やメニューは?

 

まとめ

朝と夜の運動では体に影響する効果の出方が違うことがお分かりいただけましたか?

  • 朝の運動は脂肪が燃焼しやすくカロリーの消費が高いのでダイエットに適している。しかし、朝はエネルギーの消費が激しいため疲れやすい。
  • 夜の運動は筋肉が生成されやすい。しかし寝る直前に筋トレをすると興奮して睡眠の質を下げる恐れがあるため、就寝直前三時間はリラックスする時間を設ける。
  • 難しいトレーニングを覚えるよりも、簡単に始められるトレーニングを毎日行い習慣化することが大事。

シンプルな内容ですが、自分が続けられる仕組みを作ることがダイエットの近道です。

いろんなことを試してみるよりもシンプルな運動を長く続ける。

コツコツできる運動を日常に取り入れましょう!

短期間で効果的に痩せられる!厳選「筋トレ」メニュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です