真夏の時期。赤ちゃんと楽しく外出するために気を付けることは?

赤ちゃんとの外出で気を付けるべきことはたくさんありますが、赤ちゃんとの真夏の外出は特に気を付けることがたくさんあります。

暖かくなってきて、イベント事も多い夏はたくさんお出かけをしたくなる時期ですが、注意点をしっかり守って赤ちゃんと快適なお出かけをしましょう。

真夏の外出心得

赤ちゃんとのお出かけは慣れるまで大変なことも多いですが、真夏のお出かけは特に注意が必要です。

まず赤ちゃんと外出する際の大前提は『赤ちゃんの負担にならないこと』です。

お出かけすることは赤ちゃんの成長にとってとても良いことですが、無理をして遠出したり、猛暑日に出歩いたりする必要はありません。

無理のない範囲での外出を楽しみましょう。

生後1か月児健診で問題なく、外出のOKも出されたとしても、月齢の低い赤ちゃんはまだ大人に比べて免疫力や抵抗力が低いです。

外気浴や近所の公園などから少しずつ外の世界へ赤ちゃんを慣らしていきましょう。

時間帯は1日のうちで気温が最も高くなる昼前から午後の早い時間は避け、昼前の早い時間や夕方の涼しい時間にしましょう。

抱っこ紐で外出する場合は、体が密着している部分に汗をたくさんかきやすくなります。

汗をたくさんかいていないか、赤ちゃんの顔が赤くなっていないかなど様子をよく見るようにしましょう。

長時間の抱っこ紐は赤ちゃんも疲れてしまうので適宜休憩をしましょう。

ベビーカーは地面からの距離が比較的近く、暑い日は地面からの照り返しもベビーカーに乗っている赤ちゃんに影響します。

ベビーカーのサンシェードを使いつつ、赤ちゃんがぐったりしていないかもまめに様子を見るようにしましょう。

車で外出する場合は、短時間でも閉め切った車の中でエアコンを使わずにいると、気温は急上昇します。

短時間であっても赤ちゃんを1人残して車を離れることは、決してしてはいけません。

外出する前に車の窓や扉を開けて中のこもった熱い空気を換気してから、短時間であってもエアコンを使いましょう。

 

月齢別真夏のお出かけ時の服装

生後1ヶ月未満

健診でOKが出るまで外出は控えましょう。

生後1〜3ヶ月

お出かけに慣れていく段階です。

免疫力も抵抗力もまだ低い赤ちゃんにとってのはじめての夏です。

汗をたくさんかきおむつも蒸れやすくなっているため、おむつ替えがしやすい服装にしましょう。

例:肌着+ベビードレスorコンビ肌着

生後4〜8ヶ月

寝返りやハイハイなど体を動かす意欲が出てくる頃です。

体を動かしやすい服装にしましょう。

お出かけにも少しずつ慣れてきた頃です。

少しずつ遠出をしたり新幹線や飛行機を使った外出もできるようになってきますが、周りの赤ちゃんと比べたりせずゆっくりと進めていきましょう。

例:肌着+2wayオールorカバーオール

生後9〜12ヶ月

体がしっかりとしてくる時期です。

ひとり座りやつかまり立ち、早ければひとり歩きもできるようになっているかもしれません。

1人で動き回りたい時期です。

上下分かれている服で赤ちゃんが動きやすいようにしましょう。

例:肌着+薄手のロンパースorズボン、スカート

 

真夏のお出かけ必需品

真夏だからこそ必要になるお出かけグッズもたくさんあります。

赤ちゃんが快適にお出かけするために揃えておくと良いグッズを紹介します。

接触冷感グッズ

触るとひんやりする素材で作られている接触冷感グッズ。

最近ではベビーカー用シートや、ブランケット、汗取りパッドなど接触冷感素材で作られている製品がたくさん販売されています。

クリップ扇風機

ベビーカーやエアコンの冷気が届きにくい車の後部座席などで使えるクリップ扇風機。

電池式や充電式のものがありコードレスで使え、赤ちゃんに涼しい風を届けてくれます。

虫除け

夏場汗をたくさんかく赤ちゃんには虫もよりたくさん寄ってきます。

赤ちゃん用の虫よけスプレーや、吊るしておくだけの虫除けシート、赤ちゃんの肌に直接つけるのではなくベビーカーや洋服にスプレーするタイプのものもあります。

出先に応じて使い分けましょう。

UVケア

赤ちゃん用の日焼け止めクリームもありますが、帽子や薄手のレッグカバーやアームカバーで赤ちゃんの露出を抑えたり、ベビーカー用のサンシェードや車の窓に取り付けたりするタイプのサンシェードで日差しを緩和しましょう。

小さめの保冷剤

ケーキや生物を買った時についてくる小さめの保冷剤を保冷バックに入れて数個持ち歩くと便利です。

ベビーカーやチャイルドシートの背中部分にガーゼなどに包んで入れおくと赤ちゃんも涼しいです。

普通の保冷剤だと冷凍庫で凍らせるため、固くて赤ちゃんも嫌がるかもしれません。

最近では冷凍庫に入れておいても固く凍らない保冷剤も市販されています。

経口補水液、ベビー用イオン飲料

真夏の外出で最も気を付けなければならないのが熱中症です。

熱中症対策の水分のとり方は少量をこまめに飲ませることです。

熱中症にならないようにこまめな水分補給用としても、万が一熱中症になってしまった時の水分補給用にもあると良いでしょう。

熱中症の疑いがある時は、日陰や風通しの良い所へ行き、薄着にさせて体から熱を放出させます。

経口補水液やイオン飲料を自力で飲める場合は飲ませますが、自力で飲めない場合は病院へ連絡しましょう。

赤ちゃんとの買い物。いつから出かけていいの?

 

真夏のおすすめお出かけスポット

たくさんお出かけしたくなる夏場ですが、赤ちゃんと一緒となると行く場所を選ばざるを得ません。

家から比較的近い場所、暑さや天候に左右されない場所、夏ならではの場所。

それぞれ無理のないスケジュールで赤ちゃんとのお出かけを楽しみましょう。

子育て支援センターや児童館

月齢が低くお出かけをし始めた赤ちゃんにもハードルの低い場所です。

屋内のため天候に左右されず、赤ちゃんのための設備もしっかりしているため気軽に外出できます。

水族館

屋内であることが多く、天候に左右されません。

水場の生き物を見ることで目から涼しくなり、海の生き物とのふれあいで夏を感じられます。

テーマパーク

レゴランドやアンパンマンミュージアムのように子供向けの施設は赤ちゃんにも優しい施設です。

赤ちゃん向けのお店や設備も完備されているので外出しやすいです。

プール

夏と言えばプール!

赤ちゃんでも入れるプール施設や、ホテルのプールも最近では人気です。

早いうちから水に慣れておくことによって小学校からのプールの授業で水を怖がらなくなるというメリットもあります。

屋外のプールの場合は日焼け対策や虫対策も必要です。

そして何より大きなプールに慣れていない赤ちゃんから絶対に目を離してはいけません。

アウトドアBBQ

夏だからこそ天気の良い日に山や川辺でBBQもとっても夏らしいお出かけです。

自然の中でのアウトドアの場合も熱中症や日焼け、虫対策が必須です。

こまめな水分補給と赤ちゃん用の日焼け・虫よけ対策グッズを忘れずに持参しましょう。

赤ちゃんとお出かけの注意点・スポット・持ち物は?最小限が正解!

 

まとめ

  • 赤ちゃんとのお出かけは『赤ちゃんに負担をかけない』ことが大前提
  • 無理のないスケジュールでお出かけを楽しむ
  • 熱中症や日焼けなど真夏だからこそ気を付けることがたくさんある
  • 夏ならではのお出かけを楽しみましょう

赤ちゃんと外出することは慣れるまで大変な上に真夏となるとより一層注意が必要です。

赤ちゃんに負担をかけない楽しいお出かけができるよう、事前に注意点を確認しお出かけに備えましょう。

赤ちゃん連れで楽しめる旅行にするには?おすすめ宿3選紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です