子どもの防犯ブザーどれが良いか?選び方の視点は?

小学校に上がると、1人で登下校したり子供たちだけで遊びに行ったりなど、親なしで行動する機会が増えますよね。

子どもを狙った犯罪のニュースが後を絶たない今日では、我が子が犯罪に巻き込まれないかと心配する親御さんも多いと思います。

私が小学校に上がる頃にも、両親から防犯ブザーの携帯を忘れないように厳しく言われていました。

登下校や習い事へ行くときはもちろん、遊びに行くときなど、外出するときは必ず防犯ブザーを持つようにしていました。

今回は、子どもを守るための防犯ブザーの選び方についてまとめました。

万が一に備えての対策に、ぜひ参考にしてください。

 

防犯ブザーの必要性

防犯ブザーはなぜ必要なのでしょうか?

子どもに持たせる目的は、不審者に連れ去られそうな危険が近づいたときに周りに知らせ、逃げる隙を生み出すためです。

昔は身代金目的の裕福な家庭の子どもを狙ったものが誘拐でしたが、最近では身代金目的ではなくわいせつ目的のものが多いようです。

男の子・女の子関係なく被害を受ける可能性がありますので、対策をしっかりする必要があります。

「防犯ブザー」は、持っていれば安心なものではありません。

使い方やその後の行動、注意点などもきちんと教える必要がありますが、いざという時にきちんと使えれば、親が近くにいなくても子どもを守る心強い味方になってくれますよ。

子供の防犯対策 防犯ブザーが命を救ってくれた!その理由とは?

 

防犯ブザーの選び方

では、防犯ブザーはどのように選べば良いのでしょうか。

私が小学生の頃はまだ数も少なく、オーソドックスな色や紐を引き抜くタイプのものしかなかったように思います。

しかし現在は色やタイプもバリエーションが多く、子どものお気に入りのものを見つけられると思います。

防犯ブザーを選ぶ際、特に気にしたい点としては

  • 音が大きいもの
  • コンパクトなもの
  • 子どもが使いやすいもの
  • 防水のもの

があります。

子どもが使いやすいものとしては、紐を引っ張るタイプであれば子どもの力でもひきぬけるもの、ボタンタイプであれば少しの刺激で押されないものなどを選ぶと良いと思います。

また、雨の日でも壊れないように、防水機能が付いたものを選ぶと安心です。

いざという時にきちんと使えるよう、1ヶ月に1度は電池が切れていないか、衝撃で故障していないかを確認するとより安心できると思います。

レイメイ藤井 防犯ブザー 生活防滴 ブルー EBB131A

新品価格
¥936から
(2019/7/22 10:17時点)

こちらはスタンダードなタイプです。

引くタイプですが、抜けきらないのでピンをなくすこともないので安心です。

また、こちらは光を反射する反射シールもついています。

アスカ 防犯ブザー ショコラ キャラメル GE076O

新品価格
¥462から
(2019/7/22 10:18時点)

こちらは女の子に人気が出そうなお菓子の形をした防犯ブザーです。

こちらのピンも抜けきらないようになっています。

また、金具や取っ手に取り付けやすいフックなので、取り外しが簡単にできるので、カバンを替える時などに便利です。

防水ではないので、雨の日は注意が必要です。

他にもハートの形をしたものや時計の形をしたものもあるようなので、お気に入りを子どもと選んでみてくださいね。

子供の防犯グッズ。GPS・ブザー色々あるけど、結局どれがおススメ?

 

防犯ブザーの持ち歩き方

防犯ブザーを持ち歩くときに気をつけることは、子どもの手がすぐに届くところにつけるということです。

ランドセルにつける場合は、ショルダーベルトなどすぐ手が届くところにつけます。

また、取り付けるのは「利き手と逆のベルト」です

防犯ブザーを鳴らすときに、利き手でピンを引き抜けるようにしておくと良いと思います。

また、習い事に通っている子どもは、習い事用のバッグにも防犯ブザーをつけるのを忘れないようにしてくださいね。

ただし、ついている紐を首からぶら下げるようにして持ち歩くのはお勧めしません。

遊んでいる際に遊具に引っかかったりすると首が絞まってしまうので逆に危険です。

子供の防犯ルール。家庭で教えることのまとめ!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、防犯ブザーの必要性と選び方についてまとめました。

私自身、子どもの頃は可愛い防犯ブザーを持ちたかったので、いろんな種類があることがとても羨ましいです。

もちろん何事も起きないことが大切ですが、万が一巻き込まれそうになったときには対応しないといけないですよね。

防犯ブザーは持っていると安心材料になりますが、持っているだけでは意味がありません。

使い方やその後の対応などもしっかり子どもに教えましょう。

子供の通学路には危険がいっぱい!安全に登校するため親ができること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です