絵本で人気のある不動の作品を紹介!子供に読み聞かせする楽しみとは?

子供は3〜4歳になるとシンプルなストーリーが理解できるようになります。

この時期に子供に本を読み聞かせることは、子供に教養を深めてくれるだけではなく、心に豊かさを与えて、想像力を膨らませてくれる、将来の子供の成長に影響を与えてくれるものとなります。

動画を簡単に楽しめる時代となった今、本を読む楽しさから離れていく世代が年々増えていくのを感じます。

自分の子供の頃を思い出してみると、母親から読み聞かせる絵本の魅力や温かさには、完成された動画では味わえないものがあります。

それは、絵本には答えがなく、子供に何かを感じとって、考えて、それぞれの解釈で楽しめる幅が用意されている部分にあると思うからです。

 

長い間に渡り愛されている絵本

自分が子供の頃から本屋さんに並んでいる絵本があります。

子供に何を読み聞かせて良いかわからない時は「懐かしい」「昔読んだ」という経験から選んでみてください。

昔から書店に並んでいる本には、それ相応に読まれている理由があります。

読み聞かせる大人の方もどこか懐かしく感じることのできる素敵な時間を子供と共有してみてはいかがでしょうか。

この記事では、一度は目にしたことがあり懐かしい本を紹介していきます。

思い出しながら「懐かしい」と少しでも感じたら是非、書店や図書館に足を運んで子供に読み聞かせてあげてください。

はけたよ はけたよ

小さな子供が一人で洋服を着るのはとても大変なことです。

上手に着たいのだけど上手にできない。

そんな時、子供は自分に怒り、泣き叫びます。

そんな子供たちの背中を押してくれるのがこの絵本です。

「〜よ。」で終わる文章と、明るい色調と絵本の中で登場するたくさんの動物が子供に優しく語りかけてくれます。

洋服を自分で着たいと意欲のある子供がこの絵本を読み終わった後に起こす行動は「パンツを履く」です。

子供の気持ちを上手くくすぐる様な流れになっているからです。

はけたよはけたよ (創作えほん 3)

新品価格
¥1,080から
(2019/7/23 11:55時点)

11ぴきのねこ

11ぴきのねこ達が力を合わせて大きな魚を捕まえる物語です。

11ぴきのどこか憎たらしいねこ達が、大きな魚を捕まえる為に作戦会議をして、失敗して、何度もトライする姿は、力を合わせることの素晴らしさを描いています。

内容もさることながら、コミカルに描かれたネコ達がとにかく面白くて、大人になった私も印象的な思い出として残っている作品です。

この作品はシリーズ化されていて、これが記念すべき第1作です。

この世界が面白いと感じた人は他作品も見てみてくださいね。

11ぴきのねこ

新品価格
¥1,296から
(2019/7/23 11:56時点)

おふろだいすき

おふろが大好きな「ぼく」が、おもちゃのあひるのプッカをつれて入ると、亀やペンギン、オットセイやクジラが次々とおふろに登場する不思議なお話。

子供の空想が自由にのびのびと活きていて面白いです。

大人になってから読み返すと、自宅のおふろにクジラがいたらちょっと恐いと感じてしまう部分もあるのですが、私自身が子供の時は、次々と登場する動物たちに心を踊らせた記憶があり、大人になった今でも不思議な体験の様な思い出として今も心に残っています。

おふろの温かさと優しい温かさが見事にイラストに共存して描いてあり、この世界観に触れた子供がすぐにでもおふろに入りたいと感じてくれそうな絵本です。

おふろだいすき (日本傑作絵本シリーズ)

新品価格
¥1,404から
(2019/7/23 11:57時点) 

かいじゅうたちのいるところ

絵本といえば?と問われたらまずこの本を頭に思い浮かべるほど、私の中のベストオブ絵本が「かいじゅうたちのいるところ」です。

子供がいる家庭のどこにでもある些細な喧嘩から始まるこの物語は現実とファンタジーの世界が見事に融合した、子供の想像力を掻き立てる素晴らしい作品だと思います。

何よりイラストが美しいので大人になっても眺めていて飽きないものになっています。

恐さの中に優しさがあり、最後は家に帰ってくる主人公マックスの心の移り変わる描き方は子供に「家庭」の大切さを教えてくれるのではないでしょうか。

かいじゅうたちのいるところ

新品価格
¥1,512から
(2019/7/23 11:58時点)

 

まとめ

読み聞かせには、絵本にしかない魅力があります。

一番の魅力は母親の声で物語を子供に聞かせることにあると思います。

絵本には必ず、人に伝えたいメッセージが隠されています。

そのメッセージを共に確認し合いながら伝えていくことは、日常の生活の中で絵本にしかできないことであると思います。

優しい言葉とイラストレーションは子供の心の奥深くに響いて、大人になった時の感覚の部分に影響されていくと思います。

子供の豊かな想像力の源泉に、是非絵本を手にとってみてください。

20年以上読まれ続けている名著は、図書館で借りることができます。

絵本は高いですから、是非利用しましょう。

赤ちゃんが眠くなる!寝かしつけに効果的なおすすめの絵本

子育て本ベストセラーを紹介!余裕がもてる子育て方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です