赤ちゃんの肌着の種類がよくわからない!肌着だけで外出はOK?

初めての妊娠、赤ちゃんが産まれる前から少しづつ赤ちゃんに必要な物を準備していきますよね。

その中で、よくわからない物のひとつが、赤ちゃんが着る肌着ではないでしょうか。

肌着には色々な種類があります。

着る季節や場所によって、着せる肌着が変わってくるんですよね。

私は、それぞれの違いがよくわからず、とりあえず最初に準備したものは、色々な種類が入っている10枚セットの肌着でした。

出産したのが夏だったので、室内ではずっと肌着で過ごさせていましたが、外出の時はどうしたら良いのだろう?肌着のままで良いのか?服を着せた方が良いのか?と悩んでいた事を思い出しました。

きっと、これからママになる方で肌着について良くわからない方も多いと思います。

ですので今回は、肌着について調べてみました。

これからママになる方は、ぜひ肌着の種類や着せ方を知っておいてください。

 

肌着の種類は?

肌着には色々な種類があり、気温や場所によって使い分けしなければなりません。

肌着の着せ方を間違えてしまうと、赤ちゃんが暑すぎて汗をかいてしまったり、逆に寒すぎて風邪をひいてしまうかもしれません。

赤ちゃんに肌着を着せる時は、気温と場所をよく考えて着せてあげるようにしましょう。

では、肌着の種類を見ていきましょう。

短肌着

短肌着とは、赤ちゃんの腰くらいの丈の肌着の事を言います。

一番内側に着せる肌着で、生後すぐから3か月くらいまで着せる事ができます。

通気性と吸水性が高い素材で作られており、着物のように前を合わせてひもで結ぶタイプが一般的ですが、マジックテープで留めるタイプもあるみたいです。

肌着の中でも一番短い肌着の事を短肌着と言います。

赤ちゃんは体温調節がまだ上手くできません。なので、この吸水性の高い短肌着で汗を吸い取り、体温を調節してくれる役割があります。

着せ方としては、短肌着を下着として着せて、その上からお洋服を着せる感じになります。

★日本製★ ワンタッチ フライス 短肌着(マジックテープタイプ)フェルトくまちゃん 新生児 サイズ(40-50cm/50-60cm/60-70cm) 綿100% 日本製 オールシーズン 春 夏 秋 冬 低出生体重児 低体重児 未熟児 早産児 小さい 赤ちゃん 服 マジックテープ 肌着 下着

感想(44件)

長肌着

長肌着とは、丈が長い肌着の事で短肌着の丈をそのまま長くしたものと考えてもらって大丈夫です。

短肌着と同じく通気性と吸水性に優れており、赤ちゃんの体温調節などの役割を担っています。

着せ方は、長肌着1枚でも良いですし、短肌着に長肌着を重ねても良いです。

私は、暑い日などはおむつに長肌着1枚で着せていましたが、それで十分でした。

暑い夏に重ね着をしてしまうと、赤ちゃんが暑すぎて汗をかいてしまったり、熱中症などの危険もあります。

逆に肌寒い秋や冬の日などは、重ね着をさせることによって保温効果が期待でき、赤ちゃんが寒がらずに過ごせると思います。

2枚組無蛍光ガーゼ長下着(バインダープリント)【新生児50-60cm】[赤ちゃん ベビー 肌着 ベビー服 セット 女の子 男の子 キッズ 子供 ベビーウエア]

感想(1件)

コンビ肌着

コンビ肌着とは、長肌着と同じくらい着丈が長く、内股の部分をスナップボタンで留める事が出来る肌着の事を言います。

生地には色々な厚さのものがあるので、季節によって使い分けることが可能です。

長肌着との一番の違いは、足の部分をスナップボタンで留められるか留められないかというところになります。

長肌着は、足の部分が留められないので、ワンピースみたいな形になります。

これでは赤ちゃんの足が冷えてしまうかもしれません。

しかし、コンビ肌着は足のところがズボンみたいな形になるので、赤ちゃんの足が冷えすぎてしまうのを防ぐ事ができます。

着せ方は、短肌着の上に重ねて着る方法と、ロンパースの下に着る方法、1枚で着せる方法があります。

私はよく娘にカバーオールを着せていたので、その下着としてコンビ肌着を使っていました。

カバーオールも足の部分がズボンみたいになっているので、足が分かれていない長肌着よりも、コンビ肌着の方が着せやすかったです。

2枚組無蛍光ガーゼ長下着(バインダープリント)【新生児50-60cm】[赤ちゃん ベビー 肌着 ベビー服 セット 女の子 男の子 キッズ 子供 ベビーウエア]

感想(1件)

ロンパース カバーオール

ロンパースとは、上下が繋がっていて赤ちゃんのおしりまでを覆ってくれる肌着のことを言います。

コンビ肌着同じく、股下にスナップボタンがついたもので、ボタンで留める事が出来ます。

こちらは足を覆うタイプではないので暑い夏の日などは、ロンパース1枚で過ごすことも可能です。

カバーオールはロンパースと違い、足全体を覆ってくれるタイプになります。

こちらは腕や足首まで包み込む形のものなので、洋服として着用することができます。

裾にゴムが入っており、足が出ないような作りになっている物もあるため、冬のおでかけにぴったりです。

ヘビー ロンパース カバーオー 半袖 無地 涼しい 男の子 女の子 男女兼用 肌着 下着 ボディショート ロンパース 新生児 赤ちゃん 出産祝い プレゼント(レッド 3-6ヶ月)

真夏の時期。赤ちゃんと楽しく外出するために気を付けることは?

 

外出ときは肌着だけでいいの?

外出時の服装ですが、コンビ肌着などは可愛いデザインの物も多くあり、コンビ肌着のまま外出しても問題ないだろうと考える方もいらっしゃると思います。

実際に私がそうでした。

しかし、あくまでもコンビ肌着は下着だということを頭に入れておきましょう。

コンビ肌着を着られる新生児期から生後4か月くらいの赤ちゃんは、体温調節が苦手で上手くできません。

夏場の暑い日でも、お店の中などはクーラーが効いていて大人でも寒く感じることがありますよね。

赤ちゃんがコンビ肌着1枚だけで外出すると、身体を冷やしてしまう可能性がありますので、外出の際はコンビ肌着の上にベビー服を着せてあげましょう。

短肌着と長肌着も同じです。あくまでも下着である事を忘れずに、お洋服を着せてあげましょう。

赤ちゃんを守る!お家の中も外もアイデア安全対策で快適空間を

 

外出時の季節別の服装は?

では、ここからは季節別の服装を確認してみましょう。

春(気温20度以上の時)

短肌着またはコンビ肌着+長袖カバーオール

春は比較的暑くもなく寒くもなく、快適な気温の事が多いので、この服装で十分だと思います。もしスーパーなどの寒いところに行く場合は、羽織を持っていると安心かもしれません。

短肌着またはコンビ肌着+半袖ロンパース

夏の暑い日でも、車の中やお店の中はクーラーが効いていて寒いことがあります。

肌着の上にロンパースなどを着せてあげましょう。

秋(気温20度以下)

短肌着またはコンビ肌着+長袖カバーオール+カーディガン

春と違って秋は少し肌寒いので、春の服装にプラスしてカーディガンやベストなどを着せてあげると、赤ちゃんが寒がらずに良いと思います。

汗などをかいていたら、羽織は脱がせて下さいね。

コンビ肌着+長袖カバーオール+冬用のコート+ニット帽

足が出てしまうコートの場合は必ず靴下を履かせて、それでも寒そうな場合は足つきのおくるみなどを着用させてください。

頭も寒いので、ニット帽も忘れずに。

赤ちゃん連れで楽しめる旅行にするには?おすすめ宿3選紹介!

 

まとめ

いかがでしたか。今回は赤ちゃんの肌着についてご紹介しました。

赤ちゃんにとって、産まれてすぐに着る肌着はとても大切なものになります。

赤ちゃんは自分で洋服を選べません。暑くても寒くてもそれをママに伝える事が出来ません。

なので、ママが赤ちゃんの服装についてしっかりと理解する必要があります。

肌着はあくまでも下着だということをしっかりと頭に入れて、赤ちゃんの服装を選んであげられると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です