少しの工夫で冷房代の節約に!涼しくなるアイデアとは?

夏の暑い日は冷房をつけます。

毎日冷房をつけていると、1ヶ月の電気代が高くて節約しなければと思いますよね。

私も夏は電気代が高くなるため、午前中は冷房をつけずに過ごしたり、図書館に涼みにいってみたりといった節約にトライ中です。

そこで、他にもちょっとした工夫で涼しくなるのであれば実践したいと思い、涼しくなるアイデアを調べました。

 

保冷剤を体にあて、からだ全体の温度を下げる

夏の寝苦しい日に、アイスまくらをしてよく寝ていました。

冷房をつけずにアイスまくらだけで一日過ごすだけで節約になりますよ。

ひんやりして気持ちいいです。

赤ちゃんがいる家庭では、冷房をつけずに寝るのは難しいと思います。

しかし、日中であればベビーカーでの移動時に保冷剤をタオルに巻いて持参することは可能です。

節約のコツは人それぞれ!浪費タイプに合わせた簡単な節約のやり方

 

冷却タオルを利用してみる

冷却タオルには2種類あり、水に濡らした後に絞って使うタイプと、濡らさずに肌に当てるだけでひんやりするタイプがあります。

水に濡らすと瞬間的に冷えるタイプ

水に濡らして絞ったあと、振って水分をなくすだけで冷たくなります。

なぜそんなことが可能かというと気化熱を利用しているからです。

気化熱とは液体の物質が気体になるときに周囲から吸収する熱のことです。

想像するのが少し難しいですが、瞬冷タオルの場合は屋内外どちらでもひんやりして持ち運びにも便利なタオルです

接触するとひんやりするタイプ

接触冷感タオルといわれるタオルで、室内で利用するのに向いています

熱をこもらせにくい接触冷感素材が使われているため、気温が低く涼しい場所でないとあまり冷たく感じないからです。

こちらは家の中で少し昼寝をするときに枕の上に敷いて利用したり、クーラーを使わずに部屋で過ごしたりするときに使うと良いでしょう

冷却タオルは保冷剤と違って、乾くとタオルになるため持ち運びに便利ですね。

イライラせずに楽しいやり方で貯金を増やす方法を教えます!

 

扇風機、サーキュレーターを使う

真夏の暑い日は扇風機やサーキュレーターのみではほとんど涼しくならないですよね。

そのため、ほとんどの家庭で冷房を使うことになると思います。

そんなとき併用するのに効果的な家電が上記2つです。

エアコンをつけるときは、扇風機の向きは上に向けます

なぜなら、エアコンの冷気は下の方に溜まるため、扇風機やサーキュレーターを天井に向けて回すことで空気が循環するようになるからです。

空気が循環すると部屋の下の方だけ涼しいといった冷気のムラがなくなり、快適に過ごすことができますよ。私も扇風機をよく回しますが、冷房だけで過ごすよりも涼しいと感じます。

まだ併用したことのない方はやってみてください。

お金の管理はアプリが便利?貯める習慣をつくる家計簿アプリの選び方

 

電力会社のプランを見直す

2016年から始まった電力自由化で、電力会社以外の会社でも電力プランを出せるようになりました。

電気よりもガスを使う割合が大きかったり、一方でオール電化だったりと家庭によって状況が違います。

様々な会社がプランを出しているため、自分の家庭に一番合うお得なプランのある会社を選べば、電気代を安くできますよ

最近はショッピングモールの一部スペースで、電気料金プランを出している会社が説明をしているときがあり、粗品をもらえることもあります。

そういった機会に旦那さんと立ち寄って話を聞いてみるのも良いですよ。

電気の節約で家計が変わる?今日からできるお手軽節電アイデア

 

アイデア次第で節約になるが、エアコンは必須

保冷剤や保冷タオル、扇風機、サーキュレーターを使って暑さをしのぐ方法はあります。

しかし、近年は温暖化の影響で猛暑日が続くことが多くなっていますよね。

そのため真夏で湿度も高く、気温が35度を超えてくると冷房がないと熱中症になってしまう危険がでてきます。

節約も大切ですが熱中症で倒れてしまってはいけませんから、暑いときは我慢せずに冷房をつけましょう

貯金目標1000万円!節約主婦のコツは積立、節約&収入アップで!

 

まとめ

涼しくなるには、冷房の他に保冷剤や冷却タオルを利用したり、扇風機・サーキュレーターを冷房と併用して使ったりするのが有効です。

それ以外にも電力会社のプランを見直すのも電気代を節約する上で効果的であり、複数ある電気料金のプランを比べて家庭に最適なプランを選び、電力会社を変えてみても良いかもしれません。

電気代節約のために涼しくなる方法について紹介しましたが、最近は猛暑日の続く日があり熱中症で倒れる方も続出している状況ですから、あまり我慢はせずに冷房を適度に利用して過ごしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です