心配な子供だけのお留守番!親も子も安心できるセキュリティー対策!

最近は共働き夫婦が多く、子供だけでお留守番している家庭が増えています。

学校終わりは学童に預ける、祖父母に預けるなど様々な方法があるかもしれませんがそうもいかないご家庭もあるかと思います。

それ以外にもちょっとした買い物の間お家でお留守番をしてもらうなど、家で子供だけで過ごさなければいけない状況は避けられない時もありますよね。

しかし留守番中に事件に巻き込まれるというニュースも最近は多く目にします。

そんなニュースを目にしてしまうと親も子供も不安になってしまいますよね。

そんな不安が少しでも取り除けるように、少しでも安心してお留守番ができるようにしっかりセキュリティー対策しましょう。

 

子供だけで留守番をさせるのはいつから?

子供だけでの留守番に対して、いつからなら大丈夫と明確に決めることはなかなか難しいです。

子供の性格にもよりますし、兄弟がいるのか、一人っ子なのか人それぞれかと思います。

自分が子供の頃を思い返してみました。

私には姉1人、弟1人います。

家は自営業で電話注文が入り、親が配達に行っている間は兄弟で留守番でした。

いつから子供だけで留守番していたか思い出してみたけど、はっきりといつからかは覚えてません。

でも小学校低学年の頃からお留守番はしていました。

ひとりだったり、3人だったり、姉と2人、弟と2人様々でした。

家庭の事情で子供だけで留守番させないといけない状況なら仕方ないですが、「他の子はもう1人でお留守番してるから、うちもさせなきゃいけない」と焦る必要はないです。

留守番っていつの間にかできるようになるんです。

ベネッセ教育情報サイトによりますと、初めて子供だけで留守番をした年齢は「小学1年生」が21.9%で最多、ついで18.8%で「小学3年生」という結果になっています(アンケート時期:2013年11月)。

家庭の事情にもよるかと思いますが小学生になってからの留守番が多いようです。

参考:約束事がポイント 子どもだけのお留守番(ベネッセ 教育情報サイト)

子供の通学路には危険がいっぱい!安全に登校するため親ができること

 

留守番のセキュリティー対策としての約束事

子供だけで留守番をさせるにあたって大事になるのがセキュリティー対策です。

私が子供の頃、もう十数年、二十年前…

今とは状況が違いました。

ど田舎ということもあり鍵をかける習慣はあまりなく、留守番中もお客さんは来るし、電話は鳴るし、全てに対応していました。

なんの約束事もなかったので、電話に出て「親は今いません」なんて簡単に言ってしまったり、今では考えられないですね。

1時間以内の短い間だけだとしても、今の世の中何が起きるかわかりません。

留守番のセキュリティー対策としてしっかりとした約束事を決めましょう。

約束1:鍵を開けない

玄関、窓の鍵はしっかり締めて、誰が来てもインターホンに出ないように約束しましょう。

カーテンを閉め切ってしまうと留守だと思われてしまうこともあるので、レースのカーテンのみ閉めることをおすすめします。

約束2:家族以外の電話はでない

電話は留守番電話にしておき、家族以外の電話には絶対に出ないように約束しましょう。

止むを得ず電話に出てしまったら、親がいないことを分からせないような返答をするように決めておきましょう。

約束3:困った時のルール

困った時のルールをしっかり決めておきましょう。

親の連絡先を書き置きしておく、特定の近所の人にお願いしておき、何かあっ

たらそこに行くなどしっかりとしたルールを決めておくことが大事です。

子供と一緒に防犯意識を高めよう!最新・定番グッズのおすすめ

 

防犯対策のための製品の活用

近年、防犯対策のための製品がどんどん増えてきています。

多少お金はかかりますが、子供の安全の為と考え、積極的に取り入れることをおすすめします。

ネットワークカメラの設置

自宅にカメラをおき、スマホで自宅の様子を確認できるシステムです。

画像でモニタリングできたり、声をかけたりと会話もできます。

パナソニック ネットワークカメラ スマ@ホーム おはなしカメラキット KX-HC500K-W

携帯電話を持たせる

固定電話に一切触れさせないためにも、携帯電話を持たせることをおすすめします。

困った時は携帯電話で連絡させたり、親からこまめに連絡を入れることもできます。

子供の防犯グッズ。GPS・ブザー色々あるけど、結局どれがおススメ?

 

まとめ

  • 子供だけの留守番はいつから大丈夫かというのは明確には決められないですが、「小学一年生」からの留守番が21.9%で最多
  • 留守番のセキュリティー対策として約束事を決めましょう。
  • 鍵を開けない
  • 家族以外の電話は出ない
  • 困った時のルールを決めておく
  • 防犯対策のための製品を積極的に活用しましょう。
  • ネットワークカメラ
  • 携帯電話

子供だけの留守番は色々不安もあるかと思います。

親も心配だし、子供も不安だらけですよね。でも避けては通れない道です。

家族で集まり話をし、お留守番の約束事をしっかり決めることが一番のセキュリティーになります。

それにプラスして防犯対策の製品も活用してみてください。

また、子供の頃お留守番をしていた時のことを思い出してみるのもいいですね。

あの時自分が不安だったことを、子供も不安に思っているかもしれません。

親も子供も安心してお留守番ができるようしっかりセキュリティー対策しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です