赤ちゃんとのお出かけはどこへ行けばいい?北海道のおすすめスポットを紹介!

夏本番になり、お出掛けが楽しめる季節になってきましたね。

私も娘が1歳になり、娘がいろいろな事に興味を持ち始めたので、この時期にどんどんお出かけに連れて行ってあげたいな~っと思っています。

この時期はとても暑い日が続くので水遊びなんかも楽しいですし、アスレチックや遊具で遊べる場所も捨てがたいですよね。

でも、赤ちゃんを連れてのお出かけって思った以上に大変なんですよね。

特に、0歳~2歳くらいまでのお子さんは、おむつが取れていなかったり、お出掛けの途中での授乳など、やらなくてはならない事がたくさんあります。

子供が楽しんで遊べるところに連れて行ってあげたいというのは大前提ですが、おむつ替えのスペースはあるのか、授乳室はあるのかなど、赤ちゃんと一緒にお出かけをするにあたって気になる事はたくさんありますよね。

そこで今回は、赤ちゃんを連れても行ける北海道のおすすめお出かけスポットをご紹介します。

 

モエレ沼公園(札幌市)

モエレ沼公園は、札幌市東区にあるとても広い公園で、彫刻家のノグチ・イサム氏が設計をしたオシャレな公園です。

子供が遊べる遊具や、水遊びができるモエレビーチ、アクアプラザ&カナール、山登りができるモエレ山などがあるので、子供が一日中居ても飽きない公園になっています。

私もつい最近、娘を連れて行ってきましたが、一日中居ても回りきれないのではないかというくらい広い公園でした。

休日という事もあり、公園にはたくさんの子連れファミリーが遊びに来ており、モエレビーチの周りに簡易的なテントを張って、そこでお弁当を食べたりお昼寝をしながら、一日中水遊びを楽しんでいる様子でした。

私達家族は、リサーチ不足でテントなどは持って行かなかったので、またテントを持ってリベンジしに行きたいと思います。

これからモエレ沼公園へ遊びに行こうと思っている人は、ぜひテントやレジャーシートなどを持って行ってみて下さい。

広い原っぱみたいなところもたくさんあるので、そこでバドミントンをしている親子もいましたよ。できることはたくさんありそうです。

広い公園なので、夏は自転車をレンタルできるみたいです。

大人用と子供用はもちろん、子供を乗せて走れる乳児用バスケット付きのものもあるみたいです。

自転車があれば広い公園もスイスイと見て回る事が出来そうですね。

もちろん、授乳室やベビーベッドなども完備されています。

事務所でおむつの購入や、調乳する際のポットの貸し出しなども行っているそうです。

赤ちゃんがいる家庭には嬉しい設備ですよね。

モエレ沼公園公式サイト

赤ちゃんとのおでかけはどこが良い?月例別おすすめスポットとは?

 

 

あいあい公園(当別町)

当別町(とうべつちょう)にあるあいあい公園は、水遊びができる噴水やコンビネーション遊具がある公園です。

とにかく噴水が綺麗で、保護者が付いていれば小さい赤ちゃんでも利用できる水遊び場となります。

モエレビーチと同じく、噴水の周りに簡易的なテントを張って遊んでいる親子が多くいました。

噴水のほかにもコンビネーション遊具や砂場など、子供が楽しめる遊び場がたくさんあり、小さな赤ちゃんから小学生のお子さんまで幅広い年齢の子供たちがたくさんいましたよ。

洋式トイレやおむつ替えコーナーもちゃんとあるそうです。

ただ、駐車場がかなり狭く、10台ほどしか停められません。

私が遊びに行った時も、ギリギリ1台空いていたところに停められた感じです。

車で行こうと思っている方は気を付けて下さい。

あいあい公園情報サイト(北海道じゃらん)

赤ちゃんとお出かけ。いつから?最適な服装は?持ち物や注意点もご紹介

 

 

キッズスクエアちっくる(秩父別町)

ちっくるは、2017年4月にオープンした施設で、秩父別町(ちっぷべつちょう)にあります。

なんといってもすごいのは屋内にあるネット遊具で、北海道内最大級なんだそうですよ。

広い体育館みたいなホールの天井に、ネットが2層構造にかかっています。

一番上のネットまで登ると結構な高さになり、私は怖くて遊べませんでした笑

他にも、滑り台やクライミングウォール、赤ちゃん用のトンネルの遊具にボールプールなど、子供が飽きずに遊べる遊具がたくさんあります。

ボールプールがあるので、1歳くらいの小さなお子さんでも楽しむことができます。

ネット遊具やクライミングウォールなどは、もう少し大きいお子さんが対象となります。

もちろん、授乳室や子供用トイレなどの設備もばっちりです。

このちっくるはとても人気の施設で、混雑状況によっては入場規制がかかる事があるそうです。

特に休日はかなり混雑するそうなので気を付けて下さい。

そして、2018年7月にはちっくるのすぐ隣の屋外に、キュービックコネクションがオープンしました。

私はこちらの施設にはまだ行けていないのですが、この施設もかなり面白いそうです。

赤ちゃんというよりは、もう少し大きいお子さんが遊ぶ遊具があるみたいです。

娘がもう少し大きくなったら絶対に連れて行きたいと思っている施設です。

屋内施設のちっくる、屋外施設のキュービックコネクション、一日中飽きずに遊び尽くせる施設になります。

もちろん、全て無料で利用する事ができるので、気になる方はぜひ遊びに行ってみて下さい。

秩父別町公式ページ

新生児お出かけはOK?お出かけに使うのは抱っこ紐ベビーカーどっち?

 

 

ナチュラルスキンケアガーデンナチュの森(白老町)

白老町(しらおいちょう)の虎杖浜に2018年7月21日にグランドオープンしたナチュの森は、水にこだわる化粧品の工場やカフェ&レストラン、直営ショップ、ガーデン(庭園)などを併設した、工園です。

私はまだ行った事がないのですが、近いうちに絶対行きたいなと思っているスポットになります。

子供を連れて行くのにおすすめなのがガーデン(庭園)で、クッタラ噴水や森ビーチでは水遊びを楽しむことができるそうです。

水遊び以外にも、おやまのすべり台やフラフープを楽しめたり、ポニーサークルではポニー乗馬が楽しめます。

ナチュの森のポニーは、セラピーホースという特別な勉強をしているので、穏やかでおとなしく、乗馬を初めて体験する子供にもおすすめです。

乗馬の対象年齢は3歳以上で、1周300円になります。営業はガーデンがオープンしている5月~10月の土日祝日のみなので気を付けてください。

ガーデンの利用は有料で、大人300円、3歳~小学生までが200円、2歳以下は無料となっています。

子供たちが思いっきり遊んだ後は、カフェやレストラン、ショップなどを大人が楽しめるので、化粧品に興味のあるママさんには大変面白い場所となっているのではないかと思います。

もちろん、授乳室もありますしおむつ替えなども困りません。

そしてとても綺麗な施設ですので、気持ちよく使用することができると思います。

気になる方はぜひ遊びに行ってみて下さい。

ナチュの森公式サイト

赤ちゃんとお出かけ。いつから?最適な服装は?持ち物や注意点もご紹介

 

まとめ

いかがでしたか?今回は北海道の子連れおすすめのお出かけスポットをご紹介しました。

北海道は広いので、子連れでお出かけできる場所がまだまだたくさんあります。

とても紹介しきれなかったので、今回は私が行ったことのあるおすすめスポットと、これから行ってみたいスポットをご紹介しました。

どのスポットも、娘は楽しそうに遊んでいました。

まだ1歳ですが、十分に楽しめていたように思います。

1歳未満の赤ちゃんも、ひとりでおすわりが出来るくらいになれば少しお水遊びをしてみたり、動物と触れ合わせてみたりと、楽しむことができるのではないかと思います。

そして、親も一緒に楽しめる場所ですので、親子でたくさん遊んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です