美肌を手に入れる食べ物とレシピ。今日から行う食事法!

日差しが強い季節になり、気になることはありますでしょうか?

私は日焼けと紫外線による肌荒れが気になっています。

子育てをしているお母さんだと、買い物や外遊びなどで、どうしても外に出る機会も多いと思います。

そうなるとなかなか紫外線を避けることが出来ません。

皆さんは少しでも肌へのダメージを減らすために、何かされていますか?エステ、化粧品を変える、日焼け止めなどいろいろな方法があると思います。

私はというと肌のお手入れは、いつもと変わりません。ただ意識をして美肌のための食事を作るようにしています。

人間は口に入れるものによって構成されています。

そのため内側から肌に良いものを取り入れて、美肌を目指していきましょう。

これから肌に良い食べ物やレシピを紹介していきます。

 

肌に効果のある食べ物は?

美肌に効果のあるものは様々あります。

今回はその中からぜひ取り入れてほしいものを紹介していきます。

ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ効果があります。

さらに抵抗力を強める効果もあります。肌の基礎を作るには、必要不可欠な栄養素と言えます。

夏は紫外線の影響で肌の水分が不足しがちです。

肌のかさつきやしわを感じる方はぜひ取り入れてください。

ビタミンAが多く含まれる食品としては

  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • 人参
  • うなぎ
  • レバー
  • 乳製品

など

ビタミンC

ビタミンCは身体の細胞の間を結ぶコラーゲンを作るのに必要不可欠な栄養です。

これによって皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。肌に弾力を与える効果が有名ですね。

それにビタミンCが持つ効果としては、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制します。

ビタミンCが多く含まれている食品は

  • パプリカ
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • 柑橘類
  • キウイ

などの野菜や果物

たんぱく質

体内のあらゆる細胞を作るのにたんぱく質は利用されます。

いきいきとした美肌をキープするためには、細胞を作り替える際に十分なたんぱく質が摂取されていることが不可欠です。

たんぱく質が多く含まれている食品は

  • 赤みの肉
  • 鶏むね肉
  • 鶏ささみ
  • 大豆

など

肌に悩む女性必見!肌荒れに効果的な食事とは?

 

では実際に取り入れられるレシピは?

ビタミンA

ビタミンAは油と一緒に摂取することで、より効果的に吸収することが出来ます。

また火に強いので加熱調理もでき、レシピのバリエーションも増えます。

サラダなど生の状態で摂取する場合においては、ノンオイルドレッシングよりも油の含まれるドレッシングやマヨネーズと一緒に食べるとよいでしょう。

これを心がけたうえでいくつかレシピをご紹介いたします。

アボカドと人参のサラダ

材料
  • にんじん大    1本
  • アボカド     1個
  • オリーブオイル   大さじ1
  • レモン汁      大さじ1
  • 塩小さじ     1/3
  • こしょう     適宜
作り方
  1. 人参を千切りにする。
  2. アボカドを半分に切り、皮と種を取り除いて厚めにスライスする。
  3. 人参とアボカドを器に盛り、残りの材料を入れ混ぜ合わせる

(参照 Cpicon お肌にいい?ビタミンA.B.C.Eサラダ by トレピアンテ

いろどりが綺麗なものなので、1品あるだけで食卓が華やぎますね。

人参ポタージュ

材料 (2人分)
  • にんじん     1本
  • 玉ねぎ      半分
  • バター      16g
  • 塩        少々
  • 水        200cc
  • 牛乳       200cc
  • パセリ(飾り用)   少々
作り方
  1. 人参は2㎜ほどに半月切り、玉ねぎは薄くスライスをします。
  2. 鍋にバターを溶かし①を炒めます。
  3. ②に水を加えて、人参と玉ねぎが柔らかくなるまで火を通します。
  4. ミキサーに荒熱のとれた③と牛乳を入れ、滑らかになるまで攪拌します。
  5. ③の入っていた鍋に④を入れ、塩で味を調整する。

(参照 Cpicon ビタミンAたっぷり!にんじんポタージュ by プロティアジャパン

子供も好きな人参のポタージュです。

これなら子供も喜んでくれるのでぜひ今日から取り入れていきたいですね。

 

ビタミンC

ビタミンCは水溶性ビタミンと言って、体内に蓄積できないビタミンになります。

摂りすぎた分は尿や便などに含まれ、排泄されてしまいます。

そのため「今日は野菜や果物を多く摂ったから最近の野菜不足を解消できた」ということにできない栄養素なのです。

そのためこまめに摂取することを心がけましょう。

それを含めてレシピを紹介していきます。

赤パプリカとブロッコリーのスープ

パプリカとブロッコリーのスープ
赤のパプリカとブロッコリーでクリスマスカラーのスープを作りたかったのですが 出来上がりちょっとオレンジなスープになってしまいました。
材料(4人分)
  • 赤パプリカ         1個
  • 玉ねぎ           1/2個
  • ブイヨン          1個
  • 水             200ml
  • 牛乳            100ml
  • バター           10g
  • ローリエ          2枚
  • 塩             少々
  • ブロッコリー        100g
  • ブイヨン(ブロッコリー用)  1/2個
  • 水(ブロッコリー用)     150ml
作り方
  1. (赤のポタージュを作る)赤パプリカは直火で焼き、冷水にとり皮を剥き、玉ねぎとともには薄切りにする。小鍋にバター入れパプリカと玉ねぎを炒め、ブイヨン、水、ローリエを加え沸騰させる。
  1. ローリエを取り除き、粗熱をとり、ミキサーに入れ撹拌し、小鍋に戻し火にかけ、牛乳を加えフツフツとしてきたら塩で調味する。
  2. (緑のポタージュを作る)ブロッコリーを小房に分け、小鍋に水、ブイヨン、ローリエを入れ、沸騰したら弱火にして5~6分煮て、塩胡椒で調味する。
  3. ローリエを取り除いてからミキサーにかけ撹拌し、小鍋に戻し、加熱する。
  4. 赤のポタージュを器に盛り、緑のポタージュをスプーン等で回しかけながら盛り付ける。
  5. あれば茹でたブロッコリーを飾る。

(参照 パプリカとブロッコリーのスープ

冷えは女性の大敵!

ビタミンC=生の物と思っている方も少なからずいると思いますが、これでビタミンC摂取し身体の中から温められますね。

キウイとレモンのゼリー

材料 (2個分)
  • キウイ       1個
  • レモン汁       大さじ1
  • 水        200cc
  • グラニュー糖    40g
  • ゼラチン       5g
作り方
  1. キウイの皮をむいて、古口切りにする。
  2. 鍋に①と●を入れ、一煮立ちしたら火を止める。
  3. ②にゼラチンを加えて溶かし、レモン汁を混ぜ合わせる。
  4. 容器に③を入れ、冷蔵庫で冷やす。

(参照 Cpicon キウイ⑤キウイ&レモンのビタミンCゼリー by 梅ミッキー

一度でたくさん作っておいて、作り置きが出来て便利ですね。

また子供のおやつとしても自然派で身体に良いものなので安心ですね。

タンパク質

タンパク質は太るというイメージを持っている方もいると思いますが、そうではありません。

もちろん摂りすぎると太りますが、適量であれば積極的に摂取してほしい栄養素です。

タンパク質は単体では、働けません。

そのため体内での合成に作用するビタミンB₆、亜鉛やエネルギー源となる炭水化物などと一緒に摂取することをお勧めします。

炭水化物とタンパク質の組み合わせはすとると思われがちですが、炭水化物がないと不足したエネルギーをタンパク質で補います。

そうすると代謝が落ちたりするので、まったく食べないということはないようにしましょう。

それを含めてレシピをご紹介します。

豆腐と冷しゃぶのサラダ

材料
  • 木綿豆腐           1丁
  • トマト            1〜2個
  • 豚肉             1パック
  • ごまだれ           150cc
  • ゆず果汁(又はレモン汁)    小さじ1
  • 青ネギ(ないでもok)      適量
作り方
  1. キッチンペーパーを使って、豆腐の水分を取ります。豆腐とトマトをスライスし、豚肉はお湯で数秒茹でてます。
  2. 容器にごまだれとゆず果汁を入れ、混ぜ合わせる。
  3. 皿に切った豆腐、トマトを盛り、その上にゆでた豚肉と青ネギを乗せて②をかけます。

(参照 Cpicon 簡単なヘルシー豆腐と冷しゃぶのサラダ by 栄養士の寧々

暑い時期にぴったりのさっぱりとした1品。

トマトをレタスなどの葉物野菜に変えてもいろどりが綺麗ですね。

 

もう考えることがめんどくさい

なかなか忙しい時間を使って献立を考えることは難しいと思います。

そのため時短としても、ミールキットなどを利用するのもいいかもしれませんね。

材料から選ぶことも可能なので今回紹介した、食材の物を選んでみてください。

【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】

肌荒れに良い食べ物と飲み物は?改善と原因も紹介!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?このように少しの意識で美肌の食事にすることが出来ます。

我が家では美肌のために始めたことでしたが、子供や主人にも「いろどりが綺麗で食事が楽しみになった。」と褒められることが増えました。

女性が綺麗でいたいと思うのは必然だと思います。

そうした中で欠かせないのが美肌です。

ちょっとした意識で身体の中から綺麗になっていきたいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です