赤ちゃんとの外出いつから良いの?赤ちゃんを守るために大切なことは?

赤ちゃんとの初めての外出、想像するだけでワクワクしますよね。

早くみんなに見せたい気持ちもあるかもしれませんが、焦らずに、初めての外出の前にはしっかりとした準備が必要です。

赤ちゃんの外出っていつから大丈夫なの?

必要なものは?

注意することは?

いろいろな不安、心配事がありますよね。

赤ちゃんを守る為にもしっかりと準備をし、赤ちゃんも親も安心のできる楽しい外出ができるようにしましょう。

赤ちゃんと外出いつからOK?

早くみんなに赤ちゃんを見せたい、早く一緒に外出したい気持ちがあるかと思いますが、生まれてすぐの外出は、赤ちゃんにもお母さんにもかなりの負担がかかります。

出生後28日未満は「新生児」と呼ばれます。

この期間は、ウイルスや菌への抵抗力が低く、まだ体が弱いため外出を避けるべきです。

外出による疲れや気温差によって簡単に体調を崩してしまいます。

生後1ヶ月になると1ヶ月検診があります。

赤ちゃんに必要な外出で、1ヶ月検診が外出デビューになることが多いです。

検診で特に問題がなければ、少しずつ外出できるようになります。

赤ちゃんとお出かけ!いつから?どこへ?注意点は?ミルク育児、お出かけのコツは?

 

外気浴からはじめよう

1ヶ月検診でのいきなりの外出は不安だと思われるかたは外気浴から始めてみて下さい。

外気浴とは、赤ちゃんを外の空気に触れさせ、その刺激で肌を鍛えるというものです。

外気浴を行うことによって、皮膚感覚が刺激され、体温調節がうまく行えるようになったり、決まった時間に行うことで生活にリズムができたりと赤ちゃんにいい影響を与えます。

外気浴は生後2〜3週間から可能です。

外出する必要はなく、部屋の窓を開けて数分間外気に触れてみるだけで十分です。

1ヶ月検診で何も問題がなければ、実際に外へ出て家の周りを少し散歩してみましょう。

赤ちゃんとの買い物。いつから出かけていいの?

 

持っていくもの

お家の周りを少し散歩するぐらいなら荷物は入りませんが、少し遠出をする時、赤ちゃんを連れて病院に行く時などに以下のもがあると安心です。

オムツセット

絶対に欠かせないのがオムツです。

外出の時間にもよりますが、2、3枚持っ行けば安心です。

お尻拭き、使用済みオムツを入れるビニール袋も忘れずに。

授乳ケープ

授乳室がない時に活用できます。1枚あれば安心です。

ミルクセット

哺乳瓶、ミルク(キューブタイプが便利です)、お湯、湯冷ましでワンセットです。

着替え類

授乳に失敗した時やオムツ漏れの時、汗を書いた時など、様々な場面で着替えることがあるかと思います。

その為外出時は着替えも持っていきましょう。

ウエア上下、肌着、スタイ。スタイは数枚あると便利です。

ガーゼハンカチ

よだれを拭く際、授乳時などに使用します。

バスタオルおくるみ

赤ちゃんの睡眠時にかけてあげます。

一枚あると便利です。

抱っこひも

ベビーカーを持っての外出でも抱っこひもが有ると便利です。

赤ちゃんがぐずった時に抱っこひもを使用すれば安心し落ち着くこともあります。

通院セット

外出先で突然体調不良になるかもしれません。

母子手帳、保険証、診察券など必ず持っていきましょう。

赤ちゃんとお出かけ。いつから?最適な服装は?持ち物や注意点もご紹介

 

赤ちゃんとの外出で注意すること

日焼け対策をしっかりとおこないましょう。

赤ちゃんはまだ肌が薄くダメージを受けやすい為、紫外線からしっかり守ってあげることが大切です。

つばの広い帽子やベビーカーの日除けを使用するなど様々な日焼け対策をしましょう。

人ごみは避けましょう

赤ちゃんは免疫力が低い為、人ごみの中を行くとウイルスや菌をもらい体調を崩してしまう可能性があります。

混雑していない場所、時間帯を見て外出するように心がけてみて下さい。

長時間の外出は避けましょう

長時間の外出は赤ちゃんにとって負担が大きいです。

生活リズムが崩れる原因にもなりますので夜遅くまでの外出は避けて下さい。

赤ちゃんを優先して行動しましょう。

赤ちゃんとのお出かけはどこへ行けばいい?北海道のおすすめスポットを紹介!

 

まとめ

  • 赤ちゃんの外出デビューは1ヶ月検診のことが多く、1ヶ月検診で問題なければ少しずつ外出が可能です。
  • 外気浴から初めてみましょう。外気浴は生後2〜3週間から可能です。
  • 少し遠出の外出をする場合には以下のものを持っていくと安心です。
  • オムツセット、授乳ケープ、ミルクセット、着替え類、ガーゼハンカチ、バスタオル、おくるみ、抱っこ紐、通院セット

赤ちゃんとの外出では日焼け対策をしっかりと行い、人ごみ、長時間の外出は避けましょう。

1ヶ月検診前の外出は赤ちゃんにもお母さんにも負担になることが多いので、できるだけ避けるようにしましょう。

1ヶ月検診で問題がなければ少しずつ外出をしていきましょう。

いきなり無理をするのは良くないですので、赤ちゃんを優先した行動をとるように心がけて下さい。

赤ちゃんにもお母さんにも負担のない外出ができるように参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です