子供にお箸の持ち方教えるには何から教えるのがベストなのか?

お箸の持ち方は大人でも正しく持つことができていない方も多くいると思いますが、やはり我が子には正しい持ち方をしてほしいとほとんどの親が考えると思います。

しかし、どういった教え方をすればいいのか難しいと思ってらっしゃるのではないでしょうか。

できれば、小学校に上がる前にはちゃんとした使い方を教えたいところですよね。

そこで、お箸トレーニングについて紹介していきたいと思います。

 

お箸の選び方

まずはお箸の選び方です。

大人用の大きいお箸や子ども用の小さいお箸など色々大きさがありますが、正しいお箸の持ち方を教えるにはお箸のサイズが重要になってきます。

手の大きさに合わないサイズのお箸だといくら教えても扱いにくいのでなかなか上達しません。

量販店などに子ども用などざっくりとしたくくりで販売してありますが子どもの成長に合わせて手も大きくなるのでその都度、お箸の専門店で最適な大きさのお箸を選んであげてください。

サイズの選び方は親指と人差し指を直角に広げた指先から指先までの長さの1.5倍の長さが丁度良い長さになります。

指先から指先までの長さを「ひとあた」、ひとあたを1.5倍した長さを「ひとあたはん」といい、ひとあたはんが丁度いいお箸のサイズになります。

画像引用 兵左衛門公式サイト

だいたいのサイズの目安は以下の通りです。

・身長100CM以下は箸サイズ13CM ~2歳

・身長100~110CMは箸サイズ14.5CM 3~4歳

・身長110~120CMは箸サイズ16CM 5~6歳

・身長120~130CMは箸サイズ18CM 7~9歳

量販店にあるものより値段は張るかもしれませんが正しい道具を使うことが正しい使い方を覚えるための最短距離になります。

子ども用のお箸が準備できたら早速練習してみましょう。

 

お箸の練習方法

次に、お箸の練習方法です。

練習を始めるタイミングとしてはスプーン、フォークを鉛筆持ちできるようになった頃がいいでしょう。

練習は上のお箸、下のお箸1本ずつ練習します。

まず、上のお箸は人差し指、中指、親指で鉛筆持ちをします。

上手に持てたら数字の1を書くように人差し指と中指を動かします。

次に、下のお箸は親指と人差し指の付け根のところで挟み、薬指のところにそえて固定します。

1本ずつの動かし方、持ち方がちゃんと出来るようになったら2本使っての練習をしましょう。

下のお箸は固定して上のお箸を動かすのが基本です。

子どもが楽しんで練習できるように遊びの中でお箸の練習をさせてください。

いきなり食事しながらだと掴みづらくて食べるのが遅くなり親も急かしてしまうでしょうし、子どもは食べるのが嫌になってしまうかもしれません。

最初、掴むものはティッシュを丸めたものやスポンジをちぎった物など掴みやすいものでしましょう。

掴む経験をさせるのが大切です。

練習用のお箸はキャラクター物があるので子どもの好きなキャラクターならより楽しんでお箸を使ってくれるでしょう。

練習する際に注意して頂きたいことがあります。

 

練習する際の注意点

注意点は、とにかくできなくても叱らずにできた時にたくさん褒めてあげましょう。

初めてのお箸トレーニングではなくすでにお箸を使っていて矯正する場合は特に注意してください。

「なんでできないの」などと強く言ってしまうと子どもを傷つけてしまい上達の妨げになってしまいます。

矯正する場合は練習方法で紹介したやり方を1つ1つ丁寧にやれば必ず出来るようになります。

焦りは禁物です。

周りの子が出来ているからと焦ってしまってはダメなのです。

自分の子どもをしっかり見てあげてください。得意、不得意はそれぞれあるものです。

次に、練習する際に役立つ練習グッズがあるので紹介していきます。

 

練習グッズ

次は練習グッズを紹介していきます。

矯正箸にはキャラクター物など子どもが興味をもって使ってくれそうなものや、素材などにこだわっているものがたくさんあります。

エジソンのお箸

定番の矯正箸ですね。キャラクターの物もあるので子どもの好きなキャラクターだとモチベーションアップですね。

エジソン(EDISON) 子ども用箸 エジソンのお箸キッズ 右手用 (入園から対象) ホワイト 17.5cm

はじめておはし

リングとお箸アシストで練習することができ、リングを外してお箸アシストだけにしたりと上達に合わせて使い方を変えることができます。

素材はヒノキで作られていて日本製でこだわって作られています。

コンビ ベビー用はし はじめておはし木箸 右手用 ライム (イエロー) 2歳頃から対象

子ども用3点支持箸

リング付を使っている方の次のステップで使うといいと思います。

指を置くところにくぼみがあり自然と正しい持ち方ができます。

自然木を使ってあり日本製ですので安心してつかえますね。

イシダ 子供用矯正箸 三点支持箸 右利き用 15cm

はじめてのかんたんおはし

ピジョンから出ている商品でお箸の上にある絵がお箸を閉じたり開いたりすると見えたり隠れたりするようにできていて子どもが興味を持つように作られています。

物を持つ部分は、でこぼこになっていて掴みやすくなっています。

ピジョン はじめてのかんたんおはし 右手用 ピンク [2才頃から]

アンパンマン 持ち方覚え箸

子どもに人気のアンパンマンのお箸です。

サポート部分は取り外し可能なので今後のステップアップにも丁度いいと思います。

レック アンパンマン 持ちかた覚え箸 右きき用 (M) 目安2~4歳頃

名前入り3点支持箸

子どもの名前入れができる3点支持箸です。

名前があることで子どもは特別感が出て積極的に使ってくれるのではないでしょうか。

【名入れ箸】 子供箸 お箸の持ち方練習に♪三点支持箸 箸上手 【はし上手箸 子供用】 [16.5cm/18cm] 矯正箸/しつけ箸/おけいこ箸/トレーニング箸/練習箸/名入れ/名前入り/キッズ/お箸/入学/入園/卒園/プレゼント ペア カップル

価格:1,080円
(2019/8/15 06:15時点)
感想(23件)

 

まとめ

世の中には色々な人がいてお箸の持ち方ひとつで悪い印象を与えてしまうことがあります。

お箸の持ち方は子どもたちの今後に影響をあたえることがあるということを意識して正しい持ち方を出来るように子どもに合わせたペースで練習をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です