家事の時短でワーママがキレイに!? 効率を上げるオススメ本は!?

「24時間だけじゃ足りない!」「あと2時間、1日26時間あれば、やりたいことができるのに。。。」とお嘆きのワーキングママさん。

いまやっている家事を、ちょっと見直すだけで、家事をしている時間がぐーんと減りますよ。

そして、あこがれの「自分が好きなことをして過ごせる時間」が持てるようになります!

決して「手抜き」ではありません。

ワーキングママさんにもその家族さんにも、身体的・精神的にプラスになる「家事の時短」をやってみませんか?

家事を時短することのメリットとポイント、時短のアイデア、家事の時短を加速させるおすすめの本をご紹介しますね。

 

家事の時短のメリットとポイント

家事の時短のメリットは 2つ!です。

「家事以外の時間を増やせること」「心の余裕ができること」です。

家事にとられている時間が、もし5分でも自分の時間として過ごすことができたら、

何がしたいですか?

寝たい!

本を読みたい!

テレビを見たい!

ピアノを弾きたい!

子供と遊びたい!

など、たくさんあると思います。

たった5分かもしれないけど、その5分が、今のあなたには貴重なものと感じていると思います。

わたしもそうです。

5分とはいわず、10分、20分、1時間と、自分の時間を持つことができれば、今までやりたくてもガマンしていたことができるようになりますよ!

人間に与えられた「一日 24時間」はどうやっても変えることができません。

少しの工夫で、肉体的にも精神的にもプラス効果があります。

時短家事を始めるにあたって、心がけるべきポイントがあります。

それは「完璧を求めないこと」「家族に協力してもらうこと」です。

家事の時短を考える人は、そもそもが「まじめ」な方です。

そんな方は、時短家事にも完璧を求めてしまう傾向にあるようです。

完璧にできないことでストレスを感じて、逆にイライラの元になってしまっては本末転倒です。

「ちょっと効率があがればいいな」

「平日は無理だけど、休みの日なら時短家事できるよ」

くらいのゆるい気持ちで十分です。

2分でも家事の時短ができたら、自分をほめまくりましょう!

決して、一人でがんばってはいけません。

家族の協力がかなめになります。

「食事が終わったら、食器を流し台にもってきてもらえたら助かるな」

「洗濯物は、普通にあらうものと、デリケート洗いをするものに、別々にわけてくれるとうれしいな」

と、家族の負担にならないような、簡単にできるお手伝いを ”かわいく” お願いしましょう!

自分がたてる予定の組み方を、見直してみる方法もあります。

時間が足りないと感じている方は、「始める時間」と「終わりの時間」を設定してみるといいですよ。

例えば、「10時から10時30分の30分間で、料理をする」と設定すると、集中して取り組めます。

自分への挑戦状です。自分で決めた目標を達成できたときは、気持ちいいですしね。

予定の立て方として、初めに、「毎日行うこと」と「毎日やらなくていいこと」に分けてみましょう。

「毎日やらなくてもいいこと」とは、例えば、献立作りだったり、庭の掃除だったりします。

毎日やらなくてもいいことは、週末にまとめてやればいいのです。

「毎日行うこと」は、生活していくうえでの最低限事項でOKです。

あれもこれもと欲張らなくても、最低限やってればなんとかなるもんです。

予定をたてるときは、「この時間は譲れない」を最初に埋めてみましょう。

それは通勤時間や勤務時間のような、自分が拘束されている時間であったり、あしたも元気に働くための睡眠時間だったりします。

「譲れない時間」を明確にして、それを除いたところに予定を埋めていく感じです。

1週間後に、立ててみた予定を検証してみてください。

「あれは毎日する必要はないな」

「これは費やしている時間を減らせるな」

という箇所が見えてくると思います。何度も見直して、訂正して、実行していけば、あなたが過ごしやすい予定に洗練されていきますよ。

「予定表」は紙に書いて ”見える化” してくださいね。

始めかららキチキチにスケジュールが埋まっている予定表では、予定がこなせなかったときのショックが大きいので、時間に余裕のある、ゆるい予定表を作ってみてください。

「時間のかかる家事」「時間のかからない家事」が明確になりますよ。

 

掃除の時短アイデア

”ながら” 掃除をする

テレビを見ながら、ハンディワイパーで棚を拭く。

おしゃべりしながら、粘着カーペットクリーナー(通称:ころころ)でカーペットを掃除する。

掃除機をかける手間が省けます。

モップ付きスリッパをはいて、家じゅう歩いて床掃除。

常に手の届くところに、掃除道具をおいておけば、わざわざ掃除道具を取りに行く手間が省けます。

プロに依頼する

手に負えないところは自分でしない。

いさぎよくプロのお掃除を依頼するのも手です。

例えば、自分でやるとすると、掃除道具の買い出しの時間、実際に掃除する時間が 10時間。

しかもたいしてキレイにならない、、、というオチも。

掃除道具に費やしたお金と、自分が実際に動いた時間を考えると、あっさりプロにおまかせするようが金銭的にも時間的にも効率的だったりします。

洗濯の時短アイデア

【干したままハンガーで収納する】

洗濯物はハンガーで乾かす。

乾いたらそのままクローゼットへ!

洋服をたたむ時間が省けますよ。

洋服にシワもつきにくいので、アイロンをかける必要もなくなります。

クローゼットを『ぱっ』と見渡せるようになるので、洋服選びが早くなるというおまけもついてきます。

【全自動洗濯乾燥機を使う】

洗いから乾燥まで、全自動洗濯乾燥機にお願いしましょう。

洗濯機から取り出したら、ほっかほかのふっかふかで仕上がってきますよ。

洗濯物を干す時間が省けます。

【洗濯物入れのカゴを2つ用意する】

「オシャレ着洗い用カゴ」と「普通に洗濯する用カゴ」を用意し、洗濯物はそこにいれてもらいましょう。

そのまんま洗濯機に衣類を投入できるので、洗濯物を仕分ける作業がカットできます。

ご家族にも協力してもらってくださいね。

少しでも楽に!日々の家事を時短できるおすすめアイデア

 

料理の時短アイデア

一週間分の献立表を作る

平日の時間にせまられているときに、献立を考えるのは結構ストレスになります。

一週間分の献立をあらかじめ決めていると、平日に慌てなくてよくなります。

一週間分の献立を考え、まとめ買いをしておけば、食材を余らせることなく使い切ることもできますよ。

便利な調理器具を使う

いままでの調理の固定概念をはずしてみるといいですよ。

ねぎはキッチンバサミでカットすれば、小口切りができます。

ゆで卵はお鍋にお水をはってゆでなくても、レンジで調理することができます。

材料をいれれば調理を完結してくれる自動調理器を使うのもいいですね。

【あす楽 土日も即納】シャープ KN-HW24C-Rヘルシオ ホットクック(レッド系)【送料無料(北海道は800円(税別)沖縄・離島は2500円(税別)加算) のし・ラッピング不可】【ラッキーシール対応】

感想(21件)

時間のある時に下ごしらえをする

時間に余裕があるときに、下ごしらえをしておくと、実際の調理にとりかかるときに時短になりますよ。

野菜は用途にあわせて冷蔵・冷凍。お肉やお魚は下味をつけて冷凍しておきましょう。

下ごしらえしていたものを、「あとは焼くだけ」「あとは炒めるだけ」の状態にスタンバイさせておいてくださいね。

食器洗い機を使う

お皿洗いって、時間をとられるんですよね。家族の人数が増えると、倍々ゲームで大量の食器が食後に流し台に溢れます。

迷わず、「食洗器」のお世話になりましょう。

手洗いよりも、水の使用量は少なくてすみますし、手洗いよりも、よごれがきれいに落ちるメリットがありますよ。

 

買物の時短アイデア

ネットスーパーを利用する

24時間、自分の好きな時間に、自宅で買い物ができますよ。

スーパーに出向く必要はありません。

重たいものも自分で持って帰る必要はありません。

今欲しいものだけを、スマホやパソコンをつかって買い物できます。

買い物をしている時間の短縮になりますよ。

週末にまとめ買いをする

毎日スーパーマーケットに行くより、一度にまとめ買いをしましょう。

まとめ買いのときに時間がかかったとしても、毎日スーパーマーケットに行く時間のことを考えると、かなりの時短ですよ。

一週間分の献立をあらかじめ用意し、必要なものだけを買うことによって、余計なものを買わなくてすみますよ。

お気に入りのスーパー『1店』にしぼる

買物をするスーパーマーケットを「1店」に絞りましょう。

そのお店でどのように店内が陳列されているかを把握していれば、「これ、どこにあるんだっけ?」とお店の中で迷うことがありません。

欲しいものがどこに置いているかがわかっていれば、動きに無駄がなく、買い物も短時間ですみますよ。

家事を時短するには?テクニックを知って毎日の家事を楽にしよう!

 

収納・片付けの時短アイデア

不要なものを処分する

おうちで使われていないもの、ありませんか?

使われていないものに、家を占領されていませんか?

不必要なものは、迷わず処分してしまいましょう。

物があるから、収納を考えなければいけなくなるのです。

家に物があふれかえっていると、まず片付けをしてからの掃除になりますよね。

時間が倍かかります。

収納場所が増えると、掃除をする場所も増えます。

物の定位置を決める

物を、決まった場所に収納しましょう。

使ったら、その物のおうちに戻してあげてください。

家族にも協力してもらってくださいね。

物の定位置を決めていると、物を片付けるという時間がいらなくなります。

そしてその物が必要になったときに、ないないっと探す時間も省けますよ。

仮置き場を作る

「仮置き場」を作ってみてください。

ずっと置きっぱなしで、すぐにはしまわないものを「仮置き場」に置くようにしてみてください。

普段使っているバッグや、未処理の郵便物などがそれにあたります。

出しっぱなしにするものを減らせば、部屋を散らかさず、収納の手間もなくなりますよ。

家事を時短するコツ。掃除、洗濯、料理の3種類で考えてみた!

 

家事の時短に役立つおすすめ本

あたなの家事の時短を加速させるおすすめの本があります。

わたしもこの本を読んで、自分の生活を見直しました。

「わたし、なんてムダな動きをしてたんだろう。。。」

「もっと睡眠時間が増やせる!」を実感しました。

評論家であり、ワーキングママである勝間和代さんの「勝間式 超ロジカル家事」です。

この本で提案させていることは、

「調理家電はフル活用せよ!」

「下処理がラクな食材を選ぶべし!」

「料理に正解はない! 適当で OK!」

「浴室は洗面器・椅子・ふたを断捨離しよう!」

「掃除機は AI化して、指一本で終了させよう!」

「洗濯物はハンガーと平置きネットを活用してみよう!」

「モノは種類別に最小限の定数を決めるべし!」

「買いだめしないでジャストインタイムで一生収納に悩まない!」

「車と終身保険はムダの代表。手放そう!」

「苦しくならない住宅ローン法があるよ!」

「銀行貯金は ×! 勝間流投信貯蓄術 でお金がどんどん貯まりだすよ!」

という、

仕事で培ってきた超効率化と、経済スペシャリストのスキルをミックスさせた、家事と家計を徹底的にラクにする方法です。

インタビューを受けられた勝間さんの言葉を引用させていただきます。

「(最新AI家電を導入して家事を自動化する)(「不便」「面倒」を放置しない)この2つを基本に、自分が価値を感じるところに力を入れ、不要な手間を徹底的に排除すれば、家事負担は劇的に軽くなります。自由に使える時間が生まれ、睡眠時間も確保できるので、身体が疲れにくくなりますよ。さらにロジックを踏まえて行動すると、料理や掃除の失敗が減り、お金のムダ遣いも減ります。仕組みを作ってしまえば、探す、迷う、選ぶ作業少なくなるので、脳も疲れにくく、結果、簡単に幸せになれるのです」

「家事の負担が少なくなれば、ますます家事の工夫ができて、時間にも余裕ができるようになりますよ。また、ロジカル化をはかれば失敗が減るため、お金のムダ遣いも減ります。ぜひ、「超ロジカル家事」によって生まれる好循環を楽しんでください」

 

勝間式超ロジカル家事 [ 勝間和代 ]

感想(11件)

 

まとめ

家事の時短のメリットは2つ!

「家事以外の時間を増やせること」と「心の余裕ができること」です。

ワーキングママの心が満たされ、ワーキングママの笑顔が増える! 家族もハッピーに!

掃除、洗濯、料理、買い物、収納・片付けで時短アイデアがあるよ!

やれそうなところから取り組んでみよう!

家事の時短に役立つ本「勝間式 超ロジカル家事」(著:勝間和代さん)で

家事の時短を学ぼう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です