子どもが片付けられないのはなぜ?片付け上手になる3つの方法を紹介

子どもにとっておもちゃは大切な遊び道具です。

それが分かっているから色んな人がおもちゃを買ってくれて、いつのまにか気づけば家の中におもちゃが散乱している状態になっていることも多いですよね。

ある程度の年齢になると子どもに片付けを教えないといけません。

教えていないと大人になって片付けられない子どもになってしまいます。

それは避けたいですよね。

この記事では、片付けができるようになる3つの方法を紹介します。

 

片付けられないのは、散らかった家が原因?

子どもが片付けられない原因として、家の中が散らかっていることがあるでしょう。

散らかった家で生活していると片付け方が分からず、何をどこに置けば良いか考える習慣がつきません。

物を置くスペースが分かれている家は、決められた場所に置いていけば良いため、こどもでも簡単に片付けることができるようになってきます。

詳しくは下記で述べますが、やはり子どもが片付けられない原因には、整理整頓がされていない家があるのです

私も片付けが下手な一人です。小さい頃から私の母は片付けるのが苦手でした。

家の中のモノたちは、ばらばらに散らばっていて、家の中は統一感のない部屋だったと思います。

そんな場所で過ごしてきたため、新たな家庭がある今の私も、モノを置きっぱなしにする傾向にあり、子どもに片付けを教えられるか不安で焦っています。

どこから始める?スッキリした部屋にするための片付け方法

 

片付けられるようになるための3つの方法

写真付きのおもちゃ箱を作り、そこに入れるように教える

おもちゃ箱を何個か用意し、その箱に入れる玩具の写真を貼ります。

そうすると子どもでも写真を見てどの玩具をその箱に入れるべきか分かるため、片付けができるようになります。

また玩具が増えたときに溢れてしまうのを防ぐためにも、何個かおもちゃ箱を用意し、布製やプラスチック製か分けておもちゃ箱を作ると良いでしょう。

具体的に片付けとは何をするのかを伝える

「お片付けしましょうね。」という言葉は大人はすぐに理解できますが、子どもには分かりにくいです。

そのため「そのおもちゃはおもちゃ箱に入れようね。」など、具体的に何をすれば片付けになるのかを伝えてあげましょう

片付けを一緒にし、できたらほめてあげる

おもちゃ箱に写真を貼っているため、子どもと一緒にその玩具の写真を見て、片付ける玩具がどこにあるのか探してあげます。

そして見つけたら、そのおもちゃ箱に入れるように教え、それができたら「すごいね~」や「お片付け上手!」などと、ほめてあげましょう。

ほめることで、この行動をすればお母さんに誉められると感じてもらえ、次からも自分で片付けをしようとするようになります。

私も、子どもがすることで上手にできたことがあればほめてあげるのですが、そうすると満面の笑みになり、やはり子どもはほめられるととても嬉しいのだと実感します。

ですから片付けができれば、たくさんほめてあげましょう。

汚部屋を綺麗に片づける方法とは?「ときめき」が大事だった⁉

 

それでだめなら役割分担を与えてみる

ほめることが子どもには一番効果がありますが子どもによっては、それでも片付けをしない子もいるかもしれません。

そのときに試したいのが、子どもに役割を与えることです。

おもちゃを片付けたり掃除をしてくれたら、ごほうびに○○あげるなどと言ってみるとやる気になってくれるかもしれません。

子どもがやる気になるような上手な言葉選びをして、小さいうちから片付ける習慣をつけてあげましょう。

服・衣類の片付けはいつ終わるの?収納ができないと悩み続けるあなたへ

 

まとめ

子どもが片付けられないのは、日々過ごす家の中が原因です。散らかった部屋に住んでいると、片付けの方法が分からなくなったり、散らかった部屋に慣れて綺麗にする必要性を感じなくなったりしてしまいます。

将来子どもが独立したときに、片付けられない子になるのは避けたいですよね。

ですから、子どもが小さいうちに片付けられる習慣をつけてあげましょう。

その方法は下記の3つです。

  1. 写真付きのおもちゃ箱を作り、そこに入れるように教える
  2. 具体的に片付けとは何をするのかを伝える
  3. 片付けを一緒にし、できたら誉めてあげる

この3つを実践してもダメだった場合は、こどもに役割を与え、その役割ができればご褒美をあげるというような手段を取ってみましょう。

私は片付けができない女性で、整理整頓が苦手です。直したいと思っても片付けの方法が分からず、ネット検索をして片付けの方法を調べることがよくあります。

調べたら片付けられますが、習慣として身に付いていると部屋も散らからず楽ですよね。

大人になって困らないためにも、子どものうちに片付けができるようになる環境を作ってあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です