子供が片付けをしない。原因はあなたになるかもしれません!

おもちゃで遊び終わった後、本を読んだ後片づけなさいと言ってもなかなか子どもは片づけてくれないことが多いですよね。

言わなくても片づけをしてくれたらどんなに楽かと思ったことがある方も多いと思います。

そこで今回はなぜ子どもが片づけをできないのか、片づけのできる子どもにするにはどうするのがいいか紹介していきます。

 

あなたはちゃんと片づけできていますか?

子どもは親の事を案外よく見ています。あなたはちゃんと片づけできていますか。

いつも片づけできているつもりでもカバンをテーブルの上に置いたままにしていたり、洗濯物をとりあえず部屋に入れてあとで片づけをしていると子どもはそれを見て片づけを覚えてしまいます。

片づけしなさいと注意をしても、それはあなたの真似をしての行動かもしれないのです。

子どもが片づけを上手にできないときよく観察して考えてみてください、意外とあなたも同じようなことをしてしまっているかもしれません。

その収納は間違っている!?部屋を綺麗に片付ける正しい方法とは?

 

子どもの目線で話しかけていますか?

子どもに注意するときにただ「片づけしなさい」と言っていませんか。

そう言っている方は言い方を改めなければいけません。

ただ「片づけしなさい」と言ってもどういう風に片づけをしていいのか子どもは分からないのです。

大人の方でも片づけするのが苦手な人がいるのですがそういう方たちも一緒で苦手な理由はやり方が分からないという方が多いです。

大人でも分からないという方がいるのに子どもに「片づけしなさい」とだけ言っても分からないのは当然ではないかと思います。

そこで、具体的に教えてあげる事で片づけのできる子どもになっていきます。

おもちゃ箱や袋にとりあえず入れるような片づけの仕方ではなく、置く場所を決めて決めたとおりに片づけをするようにおしえましょう。

幼少期の頃からきちんとした片づけをしていると小学生以上になった時に違いが出てきます。

今、小学生の子どもがいる方は分かると思うのですが子どものランドセル奥深くにぐちゃぐちゃになったプリントが入っていませんか。

私の子ども(長男)はよく入っています(笑)

長男は幼少期にとりあえず片づけはできていたのですが、おもちゃ箱に入れればOKのとりあえず入れるだけの片づけでした。

長女の方はしっかりと元の場所に置いて片づけるように教えていたのでランドセルのなかはきれいに整頓されていてランドセルの奥にプリントが入っていることはありません。

幼少期から子どもに分かりやすいようにきちんとした片づけを教えてあげる事が重要です。

子供と一緒におもちゃのお片付け!片付けを習慣づけるためには?

 

まずは一緒にやってみよう!

口で言っているだけでは子どもは分かりにくいと思うので、しっかりできるようになるまでは一緒に片づけをしてあげましょう。

一緒にしようと言うだけで子どもは結構やる気をだしてくれるものです。

一緒に片づけをするときは子どものペースに合わせてあげましょう。

間違えても早くしなさいなどと言ってはいけませんよ。

せっかくやる気になっていたのにやる気をなくしてしまいます。

大人も一緒ですよね。

上手にできた時にはいっぱい褒めてあげてください。

これが1番大切です。

片づけできてないときは怒るのに、片づけできても当たり前と思って褒めないのでは子どもも進んで片づけしようとは思わなくなるのは当然だと思いませんか。

子どもは親に褒めてもらうのが1番嬉しいのです。

小学生くらいになると褒めてもなかなか素直に受け取ってもらえなくなるので幼少期からしっかり褒めてあげてください。

 

片づけをしやすい環境をつくってあげよう!

一緒に片づけをしながら子どもを観察してみてやりづらそうなところはないか確認しましょう。

片づけしやすいように環境を整えてあげるとより苦手意識も無くなってくるでしょう。

例えば、いつも服を脱ぐところに洗濯かごを置いてあげる、カバンや帽子をかけるためのポールハンガーを設置してあげるなどいつもの生活の一部に自然と片づけを入れてあげると効果的ですね。

簡単に綺麗な部屋を手に入れたい。一度は試すべき片付けの方法

 

片づけのできる子どもになると、どうなるか?

片づけのできる子どもになると親が楽になるのはもちろんなのですが、子どもの将来的にもきちんとした片づけができるかどうかで関係してきます。

日頃働いていて、仕事ができる人ほど身の回りが綺麗に整頓されていると思いませんか?

仕事ができない人ほど整頓できなく、スーツなど服装も乱れていたり汚かったりしている人が多いです。

小さい頃からの習慣で身の回りを綺麗に整頓できる大人になることができます。

親なら誰でも子どもには立派な大人になってほしいと願うものです。

身の回りの物がきちんと整理できている人というのは、仕事でもまずはあれをして、次にこれをしようと頭の中で自分のやるべきことも自然と整理することができているので効率よく仕事ができるのです。

お家の片付けで気を付けたい捨てるコツと掃除方法

 

まとめ

片づけができるというのは、子どもの将来の為にも是非とも習得しておきたいスキルの1つです。

あなた自身の為にも子どもの為にも少しずつきちんとした片づけの習慣付けをしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です