肌が乾燥しているときの対策とは⁉保湿クリームで正しくケア!

最近肌がつっぱる…カサカサ・ザラザラしている…そんな悩みはありませんか?

その不快な症状は肌が乾燥しているサインです。

空気が乾燥する季節はもちろんですが、エアコンのきいた部屋に長時間居ると、肌の乾燥が気になりますよね。

肌が乾燥していると化粧のノリが悪くなるだけでなく様々な肌トラブルの原因になってしまいます。

そこで、症状がひどくなってしまう前にできる対処法をご紹介したいと思います。

 

なぜ乾燥するの?

乾燥肌とは、肌の水分と皮脂が不足して肌の潤いがなくなった状態の事で、「ドライスキン」とも呼ばれています。

お風呂やシャワーの後に肌がつっぱる、カサカサ・ザラザラする、粉をふく等の症状が出ます。

特に皮脂の分泌が少ない頬や目、口の周りなどが乾燥しやすいです。

ターンオーバーの乱れが、肌のバリア機能を低下させ乾燥肌になってしまうのです。

乾燥肌の主な原因

エアコンの効いている部屋に長時間居る

エアコンは空気中の水分も一緒に吸収してしまい、空気が乾燥します。

そのため空気の乾燥する季節ではなくても、肌の乾燥につながってしまうのです。

紫外線のダメージ

紫外線はシミやシワ等様々な肌トラブルの原因になります。

肌の外側にある角質層は特に紫外線のダメージを受けやすく、肌のバリア機能の低下させてしまいます。

スキンケア方法が間違っている

洗顔のしすぎ、肌を強くこする、洗浄力が強すぎる石鹸や洗顔料の使用なども肌のバリア機能の低下に繋がります。

また、42度以上のお湯は肌から必要な皮脂を奪ってしまうのでバリア機能を低下させてしまいます。

不規則な食事

不規則な食生活によって栄養が偏り、ビタミン類が不足すると肌へ悪影響が出てしまいます。

特にビタミンB群をはじめ、ビタミンが不足すると肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

皮脂分泌量の減少

皮脂には角質層の保湿、水分の蒸発を防ぐ役割があります。

しかし個人差があるものの、加齢によって分泌量が減少していきます。

これを放置したままだと肌のバリア機能低下の原因になってしまいます。

正常にバリア機能が働いていれば潤いのある肌を保つことができますが、これらの原因によりバリア機能が低下すると、肌から水分がにげてしまい乾燥が起こってしまいます。

つまり肌の乾燥を起こさないためには、肌のバリア機能を守ることが何より大切になってくるのです。

肌の乾燥の原因は?ガサガサ乾燥肌習慣の改善で全身うるうる美肌に

 

肌の乾燥が気になったときの対策は?

肌の乾燥対策は、肌のバリア機能が正常に保てるような毎日のスキンケアや、内側から肌のバリア機能を高められるように食事にも気をつけることが大切です。

正しいスキンケア法

乾燥した肌を改善・予防するには、肌の角質層をはぐくむスキンケアが大切になってきます。

正しいスキンケアを行うことで角質層を良い状態にし、キメが整った状態の肌にすることでバリア機能を高め、乾燥した肌の改善に繋がります。

スキンケアの基本となってくるのは次の4つになってきます。

  • 汗や皮脂等、肌についた汚れをキレイに洗い流す「洗浄」
  • 水分と油分をバランス良く含んでいる肌状態にし、潤いの肌に導く「保湿」
  • 紫外線対策でお肌を紫外線から守る「遮光」
  • 紫外線や乾燥から肌を守りながら肌を美しく装う「メイク」

スキンケア方法を一つずつ解説していきたいと思います。

洗浄

洗浄のスキンケアでは、肌のバリア機能を守って洗うことが大切です。

クレンジングはオイルタイプは刺激が強いので、ミルクタイプやバームタイプを使うのがオススメです。

42度以上のお湯は必要な皮脂までも洗い流してしまうので、ぬるま湯ですすぐようにしましょう。

シャワーから出るぬるま湯を直接当てて洗い流しがちですがこれはNGです。

肌への負担になってしまいますのでやめましょう。

洗顔料もクレンジング剤と同じように刺激の強くないバリア機能を守って洗浄できるものを選びましょう。

しっかり洗顔料を泡立てて泡で顔を撫でるように洗うのがポイントです。

すすぐ時は泡がおちたら終わりではなく、しっかりすすぎましょう。

洗顔が終わり顔を拭く時は軽くポンポンと当てるようにして水気をとりましょう。

肌へは摩擦に弱いですから気をつけるようにしてくださいね。

保湿

洗顔後はなるべく早く化粧水やクリームで保湿をしましょう。

特に夜、入浴直後のスキンケアはスピード命です。

入浴直後は角質層に一時的に水分がしっかり含まれていますが、その後すぐに乾燥してしまいます。

水分が蒸発してしまう前に化粧水やクリームでしっかり肌を保湿しましょう。

この時スキンケアを行う順番は

  • クレンジング・洗顔
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

の順番で行うことが大切です。スキンケア用品を使う順番を守らなければ正しい効果を発揮できない…なんてことに繋がってしまいます。

より化粧水や美容液を浸透させるために、手のひらで温めてからなじませ、かるく抑えるようしましょう。

この時乾燥が気になる部分には重ねて塗るのがポイントです。

スキンケア用品にはそれぞれ適量があるので、正しい用量を確認してしようしてください。

食事

肌の乾燥に悩む方にぜひ積極的に摂取してもらいたい栄養は「ビタミン」です。

特にビタミンB2は「美肌ビタミン」と呼ばれるほど肌と関係の深い成分です。

ビタミンB2はレバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品、葉菜類に多く含まれています。

ビタミンB2は水溶性なので、調理した煮汁ごと利用したり、洗いすぎないようにしましょう。

遮光

一見肌の乾燥とは無関係に感じられる紫外線ですが、実は紫外線はバリア機能を低下させてしまいます。

微量な紫外線であっても繰り返し浴びることで乾燥が進んでしまいます。

紫外線の強い夏はもちろんですが、その他の季節も日焼け止めを塗る等の対策を行いましょう。

日焼けは72時間で定着するといわれているので、紫外線を浴びた後はなるべく早く美白ケアを行いましょう。

メイク

メイクは紫外線から肌を守る働きはもちろん、気になる肌悩みをカバーして美しい肌を演出することができます。

赤みやくすみ、毛穴の凹凸はメイクでキレイにカバーしましょう。

顔の乾燥が老け顔の原因?忙しくても簡単な乾燥対策で若見え美肌に

 

おすすめクリーム紹介

GOGIT ヒルセリンクリーム

【医薬部外品】コジット ヒルセリンクリーム 50g

乾燥の強い味方になってくれる「ヘパリン類似物質」を配合しているクリームです。

肌表面だけでなく、基礎細胞に働きかけて内部から肌荒れをなおしていきます。

乾燥による肌荒れのケアにむいています。

Freeplus ウォータークリーム

【カネボウ】フリープラス ウォータークリーム 50g モイストケアライン クリーム スキンケア 美容 コスメ【お取り寄せの為,一週間程発送にお時間を頂く場合がございます。】【HLS_DU】【05P08Feb15】

軽いつけ心地のクリームで、肌に触れた瞬間に水状に変化します。

肌への負担の少ない低刺激タイプながらしっかり保湿してくれます。

無香料なのも嬉しいポイントです。

無印良品 保湿クリーム敏感肌用

【無印良品】保湿クリーム・敏感肌用 50g

肌の保護成分をたっぷり配合した保湿効果の高いクリームです。

伸びがよく刺激が少ないので使いやすいです。

キュレル 浸透保湿フェイスクリーム

キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム40g

しっかり保湿もしてくれ、ベタベタしない使い心地が人気の商品です。

潤い成分のセラミド機能成分やユーカリエキスが肌をしっかりと保湿してくれます。

お肌カサカサでかゆみがつらい!子育てママへおすすめ肌改善法時短編

 

まとめ

肌の乾燥する原因やスキンケア方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

エアコンの影響を受けやすい時期だからこそ様々な肌トラブルに関わる乾燥には気をつけていきたいですよね。

スキンケアを正しく行っても改善しなかったり、悪化した場合は早めに近くの皮膚科へ行きましょう。

乾燥気にならない潤った肌で、もっと自分に自信をつけましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です