【子供の歯磨き】嫌がる理由は?歯磨きの基本や好きにさせる裏技も!

親にとっては本当に大変な、毎日の子供の歯磨き。

嫌がって口を開けなかったり、逃げ回ったり、泣きじゃくったり…

嫌がる子供を、無理やり押さえつけてでも歯磨きしている親御さんも多いのではないでしょうか?

私も毎晩歯磨きの時間は大騒ぎでしたし、今でも楽に歯磨きしてくれるというわけではありません。

もう少し子供の歯磨き嫌いが何とかならないかな、と思いませんか?

そこで今回は、子供の歯磨きについて詳しくお話ししていこうと思います。

子供がなぜ歯磨きを嫌がるのか、歯磨きの基本や、対策など、是非ご一読頂きたいと思います。

これを知ることで、お子さんの歯磨き嫌いが少しでも緩和するかもしれませんよ。

 

子供が歯磨きを嫌がる理由を知っていますか?

歯磨き嫌いな子供は多くいますが、ではなぜ歯磨きが嫌いなのか、その理由をご存知ですか?

子供によって嫌な理由は様々ですが、「歯磨き嫌い」の理由にも代表的な物がいくつかあるようです。

そこでここでは、その代表的な理由について見ていきたいと思います。

お子さんの「歯磨き嫌い」がどれに当てはまるのか、よく観察してみましょう。

口の中に歯ブラシ等、異物が入るのが気持ち悪い!

子供が嫌がる理由で一番多いのがこの理由だと思います。

得体の知れない歯ブラシが口に入り、歯や歯茎に触れる感覚が気持ち悪いようです。

このような場合は、まずは歯ブラシが口に入るということに慣れてもらうことから始めましょう。

のど突き防止付きの歯ブラシもあるので、食べた後にガシガシ噛ませる練習から始めてみましょう。

その他歯が生える前から、お母さんの指を赤ちゃんの口に入れる練習をすると良いというのも聞いたことがあります。

歯磨きするときに、前歯や奥歯が磨く時に親の指を入れることもあるので慣らしておくとスムーズですね。

歯磨き中、口を開けていると苦しい!

歯磨き中口を開けてると、唾が溜まり苦しくなってしまうので、それを嫌がる子供もいるようです。

対策としては、唾が溜まってきたタイミングで一度唾を吐きだすように促すのも良いそうですね。

また、口を開けていると顎も疲れてきますので、唾を出すタイミングで顎の休憩も意識してあげましょう。

歯磨きをしている時のお母さんが怖い!

子供の歯磨きは、親にとっては毎日大変で辛いものです。

嫌がる子供を無理やり抑え込んで歯磨きしたり、怒ったり、何としてでも歯磨きさせないと!という気持ちでいっぱいになります。

でも、これが実は逆効果なようです。

歯磨きしている時のお母さんの顔、声、表情全部子供にとっては恐怖のようです。

急いで歯磨きしないと!と急いですると力が入ってしまうのも、子供にはとっても怖いんでしょうね。

「歯磨き=お母さんが怖くなる」というイメージをなくすためには、お母さんも優しく笑顔で楽しく歯磨きするように心がけてみる必要がありそうです。

私も子供が嫌がるので、ついつい力が入って「痛い~」と泣かれてしまいます。

優しくしないと!と毎回思うのですが、毎日の事となるとそうも言ってられないというのが実際のところ。

どうしても歯磨きをさせてくれない時は、イライラしてしまうので、主人にお願いします。

主人の場合は「歯医者さんごっこ」をして、娘の気持ちをガッチリ掴んでいるようです。

いつもの歯磨きも、「ごっこ」になると楽しくなるようで、娘も喜んで歯ブラシされに行きます。

その時は、今日は○○さんが(娘の知り合いか、好きなキャラクター)歯医者に来ましたよ。

などという話をしながら、ささっと磨いています。

お母さんはイライラしてしまう事が多いので、可能であればお父さんにお願いするのもおすすめですよ!

 

歯磨きの基本について

皆さんは、歯磨きの基本をご存知ですか?

いつから磨き始めるのか、時間はいつ、どれぐらい、どこでなど色々耳にはしますが、実際のところはどうなんだろう?と思われているのではないでしょうか。

そこで、ここでは歯磨きの基本のお話しをしていきます。

知っておいて損はないと思いますので、是非読んでみてくださいね。

歯磨きを始めるタイミングは、下の前歯が2本生える6カ月~1歳頃が目安

生え始めの歯は虫歯になりやすいのですが、この時期はまだ間食が少ないので、唾液の作用で衛生的に保つことが可能だそうです。

そのため、この時期は歯ブラシに慣らしていくようにしましょう。

また、この時期の歯はフッ素を取り込みやすいので、フッ素入りの歯磨き粉を使うのが丈夫で強い歯にするためには良いそうですよ。

歯磨きは1日2回(朝と晩)でOK!晩は仕上げ磨きもしっかりと!

歯磨きは、歯に付着したプラークを落とすために行うものです。

プラークは形成されるのに24~48時間かかるそうなので、1日1回しっかり磨くのであれば問題ありません。

でも、1回でしっかり磨ききるのは大変なので、口臭予防も兼ねて朝と晩に磨く事が推奨されています。

また仕上げ磨きは夜には必ず行い、1日の汚れをしっかり落とすようにしましょう。

食後3分以内に磨きましょう

「食後すぐはエナメル質が溶け出す」や「食べたら30分以内に磨く」など様々な説があり、実際はどうしたらいいのかわからずにいる方もいらっしゃると思います。

エナメル質は、食後10分頃が一番強く溶け出すそうです。

そのため、食後3分以内に歯を磨き始めるとエナメル質も守りながら、汚れも落とせるそうです。

私も娘と食べ終わりを一緒にして、片付けもせず洗面所に走る!というのを最近行っていますが、食後すぐ磨くと口が汚れている不快な状態が無く、とても気持ちよく次の作業に取り組めるのでおすすめです。

時間ではなく、きれいになるまで磨くのが目安

歯磨きにかかる時間は最低3分だと思っておきましょう。

しかし、時間ではなく綺麗に磨くことが目的です。鏡を見ながら行ったり、歯磨きの後チェックしたりして綺麗に丁寧に磨く練習をしましょう。

慣れてくれば短い時間でも綺麗に磨けるようになります。

歯磨きは洗面所で行いましょう!

皆さんは、歯磨きはどこで行っているでしょうか?

我が家では、リビングに持って行って何かしながら磨くことが多く、我が子もリビングで寝転ばして歯磨きさせていました。

でも、歯磨きは洗面所で、しっかり鏡を見て磨いている箇所を確認しながら磨くのが良いそうです。

出来れば子供と一緒に親も洗面所で磨き、お手本を見せるのが良いそうですね。

確かにリビングでスマホやテレビを見ながら歯磨きしても、しっかりは磨けてはいませんでした。

歯磨きの回数が少ないと、虫歯、歯周病、口臭のリスクが高まる!

歯磨きは口内環境を整える役割もあります。

歯磨きの回数が少ない、又は歯磨きをしないと口内環境が悪くなり、虫歯や口臭の原因になります。

またその状態を放置しておくと、歯周病や、酷い口臭、歯茎の腫れなど様々な口内トラブルが起きます。

子供の歯を守るのは親の役目です。しっかりお口のケアをしてあげてください。

歯ブラシの毛先が開いていたら即交換!

歯ブラシの毛先が開いていると、しっかり磨くことができません。

またお子さんですと、その開いた先が歯茎に当たって痛いと感じる事もあります。

少しでも開いていたら、すぐ交換するように注意してあげてください。

歯ブラシの寿命は短いのに、お値段は結構しますよね。

変える時に、もう少し使える!とは思うのですが、子供の将来の為になるべく変えるようにはしています。

我が子はまだまだ歯磨き中にガシガシ噛むので1週間も持たない時が多く大変辛いですが。

 

「歯磨き嫌い」への対策と、好きにさせる裏技

歯ブラシについて

歯ブラシは成長段階や用途に応じて、様々な商品が売られているので店頭で確認してみてください。

我が家も助けられていますが、大好きなキャラクターの歯ブラシは、食いつき方が違います。

他に、歯ブラシが歯や歯茎に当たるのが嫌なお子さんには、毛先の柔らかい歯ブラシがよいそうです。

歯磨き粉について

子供用歯磨き粉は、シートタイプ、ジェルタイプ、ペーストタイプがあり、年齢に合わせて選びます。

【0~1歳】初めての歯ブラシの場合は「シートタイプで歯ブラシに慣らすこと」から始めましょう。

シートタイプ歯磨き粉や、濡らしたガーゼで優しくのでも構いません。歯の汚れをふき取ってあげましょう。

【1~3歳】ジェルタイプでしっかりブラッシングするようにしましょう。

すすぎが簡単にできるのが特徴なので、うがいができない子でも大丈夫です。

【3歳以降】うがいができるようになったら、ペーストタイプも検討してみましょう。

フッ素配合のものは丈夫な歯の助けになるのでおすすめです。

お気に入りの味を見つければ、お子様も喜んで歯磨きしてくれるかもしれませんね。

その他のおすすめ(動画、絵本、アプリと電動歯ブラシ)

スマホやタブレットで見られる歯磨き動画やアプリもおすすめのようです。

我が家では、動画を見せる癖を付けたくなかったので利用しませんでしたが、歯磨きをする3分間だけ見ても良いよ!とルール決めをして利用するのは便利だなと感じました。

また、普段読む絵本の中に歯磨きの本を加えておき、歯磨きをしないとどうなってしまうのかをわかりやすく伝えるのも良いそうです。

その他、どうしてもダメという場合は、電動歯ブラシを使うという裏技もあるそうです。

実際に3人の子供に電動歯ブラシを使わせているお母さんを知っていますが、下の3歳の子も含め3人とも楽しそうに歯磨きをしていました。

子供は動くものにはついハマるので、大人が先に使っているのを見せて欲しがった時に購入してあげると効果的だそうですよ!

歯ブラシは親子のコミュニケーションの時間として意識する

歯磨きをさせるとき、仕上げ磨きをするときは、怖い顔やきつい言い方になっていないか意識してみましょう。

なるべくやわらかな表情、やわらかな口調で磨き、できたらしっかりと褒めてあげます。

今日は口がしっかりあけていられたね!や、上手にすすげたね!などいいところ探しをして、褒めましょう。

そして、歯磨きの時間はお母さんと仲良く出来る楽しい時間だ!と思って貰えるように工夫してみましょう。

上手に磨けたらギューと抱きしめたり、その後少し触れ合いの時間にしてみるのも良いですね。

歯磨きの時間は親子のスキンシップの時間になるように意識すると、親子双方にとって良い効果があるのではないでしょうか?

 

まとめ

  • 子供が歯磨きを嫌がる理由は、「歯ブラシが口に入るのが気持ち悪い」「口を開けていると苦しい」「歯磨きをしている時のお母さんが怖い」が代表的なものです。
  • 歯磨きは、下の前歯が2本生える6カ月~1歳頃から始めるのが目安です。
  • 歯磨きは1日2回、食後3分以内に行い、晩は仕上げ磨きも必ず行います。
  • 歯ブラシはこまめに交換したり、洗面所で歯磨きを行うなどを普段から意識しましょう。
  • 歯ブラシは、毛先の柔らかい歯ブラシの使用や、好きなキャラクターの歯ブラシを使うの効果があるかもしれません。
  • 歯磨き粉はシートタイプ、ジェルタイプ、ペーストタイプがあるので、年齢に合わせて選びましょう。
  • 歯ブラシ関連の動画や、絵本、アプリを上手く利用しましょう。裏技として電動歯ブラシもおすすめです。
  • 歯ブラシは親子のコミュニケーションの時間として意識しましょう。

今回お話しした内容を知っているだけで、歯磨きへの意識が少し変わるのではないでしょうか?

子供が何を嫌がっているのか観察し、その恐怖を取り除いてあげることで、歯磨き嫌いは克服できると思います。

また、お母さんは是非肩の力を抜いて、楽な気持ちで歯磨きの時間を過ごして頂きたいです。

歯磨きの時間を、1日のうちで親子で触れ合える貴重な時間だと意識して頂くと良いかもしれません。

子供の健康な歯を、親子で毎日楽しみながら守っていってあげたいものです。

(関連ページ)

子供が使う歯磨き粉!フッ素入り歯磨き粉で、健康で強い歯に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です