子供を自転車に乗せる時のヘルメットは?大切さを知っていますか?

みなさんは子供を自転車に乗せる時、ヘルメットを被せていますか?

自転車は簡単に乗れる乗り物ですが、簡単なぶん危険も多い乗り物です。

自転車の後ろのチャイルドシートに乗せていて、思わぬ事故に巻き込まれて転倒してしまう可能性や、子供がひとりで自転車に乗れるようになった時に店頭してしまう可能性もありますよね。

そんな時にヘルメットを被っていないと、頭部を強打し、取り返しのつかないことになるかもしれません。

しかし、最近ではヘルメットを被っていない子供達をよく見かけますし、お母さんの後ろに乗っている小さな子供にもヘルメットを被せていないお母さん達もいますよね。

それは、大変危険な行為です。

今回は、子供のヘルメット着用の大切さとヘルメットの選び方を考えてみましょう。

 

子供のヘルメット着用の大切さ

現在の日本は、平成20年6月1日の道路交通法改正で、幼児及び児童に対するヘルメット着用の努力義務が施行されています。

この法律により、子供を自転車に乗せる時にはヘルメットを着用するように努めなくてはならなくなったのです。

しかしあくまでも努力義務なので、ヘルメットを着用しなくても罰金を払ったりすることも、逮捕されることもないのです。

原付のバイクなどは、ヘルメットの着用は義務付けられていますが、同じく車道を走る自転車は努力義務なのです。

自転車で転倒した時の衝撃もものすごいものになるので、頭部を強打した場合命を落としてしまう可能性は十分にあります。

ですが、それでもヘルメットを着用していない人はまだたくさんいます。

幸い死亡事故にならなかった場合でも、頭部を強打したことによる後遺症が残ってしまい、麻痺が残ってしまったり、言語障害が出たりなど、子供にとって大変な人生を送ることにもなりかねません。

自分の子供の命を守るためにも、ヘルメットの着用はとても大切なことだと思います。

 

子供のヘルメットの上手な選び方

頭のサイズに合ったものを選ぶ

安全なヘルメットを選ぶための第一歩は、子供の頭のサイズを知るところからです。

子供はすぐに成長するからと言って大きめのサイズを選ぶのはNGです。

ぶかぶかなヘルメットは、転倒してしまった時にはずみで外れてしまう可能性があります。

せっかくヘルメットを被っているのにそれでは全く意味のないものになってしまいます。

ヘルメットにはあごに調節できる紐がついているので、前後にグラグラと動かない程度に締めて調節し、ぴったりとフィットする物がちょうどよいサイズと言えます。

できれば子供と一緒に店頭へ行き、試着して購入するのが一番良いですね。

ひとりひとり頭の形は違いますし、サイズは同じでもメーカーごとに微妙に形が違うものもありますので、試着してみたほうがサイズが合わなかったという失敗がありません。

安全基準を満たしているものを選ぶ

ヘルメットを購入する際には、SGマークがついているものを選びましょう。

SGマークとは、消費生活製品安全法という法律で、安全基準を満たした製品だけ表示することができるマークです。

もし、SGマークがついているヘルメットの欠陥で、人身事故を起こしてしまった場合、1億円を限度とする対人賠償保険がついているのです。

日本国内で製造されたヘルメットには、ほぼSGマークがついていますが、購入の際に確認しましょう。

 

ヘルメットの買い替え時期は?

意外と知らない人もいるかと思いますが、ヘルメットには使用期限があるんです。

それは、購入した日から3年です。

3年というのは、SGマークの対人賠償保険の有効期限が3年だからです。

購入日から3年が過ぎたヘルメットは買い換えるようにしましょう。

また、頭のサイズが合わなくなったり、高い位置から落としてしまい、強い衝撃を受けた

りしたヘルメットは買い換えると安心です。

強い衝撃を受けたヘルメットは、見た目の変化はなくても、内側の緩衝剤が変形してしま

い、次に衝撃を受けた時にその役目を果たさない可能性があります。

お子さんを守る為にも、ヘルメットの点検は定期的にしてあげてくださいね。

 

子供用おすすめヘルメット

ブリヂストンエアリオ

通気性が良く、頭が蒸れにくい構造となっているそうです。

口コミでの評判もよく、ブリヂストンも有名なメーカーですので、安心感がありますね。

カラーバリエーションも豊富で、どれを購入するか迷ってしまいそうです。

ブリヂストン 子供用ヘルメット エアリオヘルメットM CHA54560

ナットケースリトルナッティ

アメリカ及びヨーロッパの厳しい安全基準を満たし、日本のSGマークも取得しているヘルメットなので、保障も問題ありません。

取り外し可能なバイザーがついているのがとても便利です。

個性的なデザインがとってもかわいいですね。日本製の製品にはなかなか無いデザインなので、人とは少し違ったヘルメットを被せたい!と思っている方はぜひ。

【子供用 ヘルメット】 Nutcase Little Nutty XS GEN3/ ナットケース リトルナッティ XSサイズ ニューモデル[子供用 ヘルメット 自転車 キッズ ストライダー ]

オージーケーカブトキッズ

こちらは、超計量ヘルメットで頭の負担が少なく着用する事ができます。

ヘルメット自体は軽いですが、SGマーク付きなので安全基準もばっちり満たしているので安心です。

たくさんのカラーバリエーションがあるので、男の子でも女の子でもどちらでも使用する事ができます。

★楽天スーパーSALE★ 7,560円以上で送料無料 OGK KABUTO FR・キッズヘルメット FR-KIDS 子供用ヘルメット チャイルドヘルメット 安全 セーフティ 子供乗せ(チャイルドシート)の後ろや幼児用自転車に くまもん 安心のSG製品 自転車の九蔵

 

まとめ

いかがでしたか。今回は、子供のヘルメット着用の大切さについて考えてみました。

ヘルメットは子供の命を守る大切な物になります。

ヘルメットを着用しておらず、命を落としてしまった子供達もたくさんいます。

そんな落とさなくても良い命を落としてしまう子供を少しでも減らすために、ヘルメットは必ず着用するようにして下さいね。

もちろん、ヘルメットをつけているから絶対に安心と言う事はありません。

自転車で走行する時の交通ルールなどもしっかりと子供に教える必要があります。

それに加えて、ヘルメットの着用を習慣化する事で、守れる命が増えると私は思います。

みなさんも子供ヘルメット着用について、今一度考えてみてください。

(関連ページ)

子供の自転車保険の加入についてどのように考えていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です