子供の通学路は危険が潜んでいる?!安全対策で子供を守ろう!

子供をもつ親にとって、毎日の子供の通学路の安全性には心配がつきないと思います。

毎日のように交通事故や不審者による犯罪などが、ニュースや新聞で取り上げられていますよね。

「我が子が、もしも交通事故や犯罪にまきこまれてしまったら…!」と親は不安と心配でいっぱいになると思います。

そこで今回の記事では、交通事故や危険な犯罪などから子供を守るために、通学路の安全対策についてお話ししたいと思います。

 

交通事故から身を守るには!

子どもの通学路で、1番心配で危険な事といえば、車やバイクなどによる交通事故ではないでしょうか。

安全性がある通学路の場合は、まだ良いのですが、気をつけたいのは、歩行者が車道にはみ出しやすい通路や、歩道が狭い道、ガードレールがない歩道などは大変危険な通学路ですので、交通事故が発生しやすく事故に合わないよう注意しなくてはなりませんよね!

このような特に危険な通学路の場合には、子供には「絶対に車道にはみ出さない事!」「車が来たら注意すること!」を念入りに伝えることが大切になります。

 

不審者・犯罪にあわないためには!

不審者による犯罪は、子供の通学路が1番狙われやすいと言われています。

子供を連れ去る事件が発生しやすいのは、人通りの少ない道や死角となる場所が多い道です。

不審者や犯罪から子どもを守るためには、日頃から安全対策をしっかりと行う必要があります。

不審者に対する安全対策
  1. 1人にならず、出来るだけ友人と登下校を共にする!
  2. 知らない人に声をかけられても、絶対について行かない!
  3. もしも、連れ去られそうな身の危険を感じたら、大声わ出して、その場から急いで走って逃げる!
  4. いつも、防犯ブザーを身につけておく!

防犯ブザーの人気ランキング1位!

クツワ STAD 防犯ブザー SL018【通学/学用品】【児童文具】【学校準備】【店頭受取対応商品】

このブザーは大音量の93bB、一度作動させると5時間も鳴り続けます。

引っ張りやすいリングで緊急事態にも引き抜きやすい構造になっています。

子供向けの防犯テキストがついていますので、子供自身の防犯意識を高めるのにもオススメの防犯ブザーです。

リングは簡単に抜けるタイプなので、本当に助けを求めたい緊急時や、不審者から身を守るためには、とても良いアイテムです!

是非、子供達に持たせてあげたい防犯ブザーですよね!

子供の登下校中はどうしても親の目が届かないため、上記のことを各家庭でしっかり話し合って、必ず子どもに守らせるようにしましょう!

不審者は犯罪を起こす前に、現場を下見する事が多いと言われていますので、人気の少ない公園や駐車場などは、不審者が下見をしやすい場所のため、注意が必要です。

子どもの防犯対策を高めるためには、親も、一度子どもと通学路を歩いて危険な場所を一緒に確認してみるとよいですね。

そして、危険な事に巻き込まれそうになった場合の、安全な場所を見付けてあげることも大切です。

緊急時やトラブルが発生しても、子どもはパニックになり、どう対処すれば良いかなかなか判断することが難しいです。

そのために、「子供110番」のシールが貼っている家や建物、交番の場所を、子供と一緒に確認しておく事は、親と子供にとってもとても大事な事ですね。

 

まとめ

まとめ
  1. 交通事故に巻き込まれないためには・・・「絶対に車道にはみ出さないこと」「車が来たら、よく注意すること」を念入りに子供に伝えましょう!
  2. 犯罪から身を守るためには、1人で登下校をしない。知らない人には、絶対について行かない。身の危険を感じたら、大声をだしその場から逃げる。防犯ブザーは、いつも持参しておく。
  3. 子供の通学路を、親も一緒に歩いて危険な場所を教え、また安全な場所を探してあげる。

これらの事を、各家庭で決めて大切な子供達を、様々な危険から守ってあげましょう!

この記事が、お役に立てましたら幸いです。

(関連ページ)

子供の通学路には危険がいっぱい!安全に登校するため親ができること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です