HSPの子供だからこそのメリットが!?向いている職業とは?

とかくネガティブなイメージがついている 『HSP』ですが、その特性を考えると、HSPでない人よりもメリットが多いことがわかりました!

特に、将来における職業については、HSP以外の人では、その仕事に就くことが難しいと思われるジャンルも、HSP なら、その仕事を得ることができ、さらにその道で活躍できそうなことがわかりました!

HSPの特性をまとめ、そこから見いだされる職業についてご案内します!

 

HSPとは

HSP について、簡単にご説明しますね。

HSP は、一言でいうと、「人一倍繊細で敏感な人」といえます。

H=Highly

S=sensitive

P=person

の略です。

こと、子供については

H=Highly

S=sensitive

C=Child

の略で、

HSC と呼ばれています。

人一倍、人の気持ちがわかり、光や音、香りなどに敏感に反応する人をHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)といいます。

全体の15~20%の割合で、HSPの特性を持っている人がいます。

人間だけに限らず、猿や犬、猫といった動物も、一定の割合でこの特性を持っています。

注意深く、物事の些細な変化にも気づくHSPは、歴史的にみても、私達に降りかかる危機を敏感に察知し、その回避に大いに貢献してきました。

その一方で、「内気」「神経質」といった言葉で、HSPの敏感で注意深い特徴は、ネガティブなイメージをもたれやすく、一般社会では、様々な誤解として受け止められることが多いです。

しかしながら、HSPは、思慮深く、繊細で、豊かな感性を持った人たちであるので、私達の社会には、なくてはならない存在なのです。

では、HSPの特徴を見てみましょう。

感覚が鋭く、人の気持ちや、様々な刺激に敏感です。

人の表情、態度の小さな変化に、HSPは気づきます。

ですので、他人の退屈そうな表情や、人を見下したような態度を敏感に察知し、傷ついてしまうこともあります。

激しい光や大きな音、強い味や香りにも敏感です。

突然の物音や、カフェイン・アルコールに強く反応してしまう方も多いです。

内向的で、物事を深く考えます。

HSPの脳は、物事を深く処理する能力に優れています。

想像力が豊かであるので、一日中考え事をしても飽きません。

内省的な面があります。

いろいろな観点から物事を考えることができます。

物事への偏見は少なく、強い倫理観を持っています。

共感力が強く、他者との境界がもろいです。

共感力が強く、困っている人を、見て見ぬ振りができない優しい心を持っています。

人の気持ちになって、真剣に物事を考えることができます。

しかしながら、他者との境界がもろいので、人の苦しみや悩みを、自分のことのように抱え込んでしまう場合もあります。

外部から、様々な刺激を取り入れてしまうので、疲労しやすいです。

外からの様々な刺激を取り入れてしまうHSPは、環境の変化を伴う、旅行・引っ越し・転職に、人一倍ストレスを感じます。

他の人と合わせて行動している場合、他の人達よりも疲れやすい傾向があります。

無理をして体調を崩すこともあります。

人混みやパーティなど、大勢に囲まれる状況は、気を使いすぎて疲れてしまいます。

自己肯定感が低く、他人に利用されてしまうことがあります。

良心的で、物事を思慮深く判断する傾向があるHSPは、理由なく他人を否定したり、攻めたりすることができません。

それゆえ、物事がうまくいかなかった場合、一人で責任を背負いがちです。そのことが自己肯定感の低さにつながってしまいます。

他者に共感する優しい心と、自信のなさにつけこまれ、周りの人に利用されてしまい、傷ついてしまうこともあります。

 

アメリカではポジティブに捉えられているHSP

アメリカでは、HSPは、とってもポジティブに認知されています。

それは、「個性」として捉えられるからです。

日本ではどうしても、和を重んじる文化であるので、「みんなと同じ」が美徳とさせる傾向にあります。

しかしながら、海外に目を向けると、「みんなと同じ=個性のなさ」と捉えられます。

ゆえに、HPSは『個性的なステキな人』と受け入れられます。

勇気づけられる記事を紹介をしますね。

「HSPがビジネスにもたらす、8つのメリット」

HSPは個性であり、強みですよ!

 

HSPにむいている職業

特性を個性としてとらえ、HSPに向いている職業をご紹介しますね。

豊かな感性・想像力が活かせるアーティスト

感受性が強く、想像力豊かなHSPは、芸術的才能に恵まれた人が多いです。

芸術的感性を必要とする音楽家』『画家』『小説家』という仕事は、HSPにとって向いている職業です。

組織に縛られることなく、自由に働けるのも魅力です。

人の悩み、不自由に寄り添う仕事

HSPは、人の痛みに共感することができます。優しい心の持ち主です。

『心理カウンセラー』『ソーシャルワーカー』という、人の悩みや不自由に寄り添う仕事に向いています。

直接的に人の役に立つことのできるこれらの仕事は、達成感や貢献感という、精神的に満足を重視するHSPにとって、大きな幸福感を得ることができます。

動物、植物に関わる仕事

言葉によるコミュニケーションをあまり必要としない動物や植物は、過度な人間関係に疲れを感じるHSPにとって、安心して取り組める相手となります。『酪農家』『農家』『フラワーデザイナー』です。

動物や植物の、小さな変化を敏感に感じ取り、献身的にお世話ができるHSPにとって、向いている職業です。

人に物事を教える仕事

他人の求めていることを敏感に察知できるHSPは、人に物事を教えるのが上手です。

『教師』『塾講師』『インストラクター』です。

勉強に限らず、深い知識のある趣味や特技を生かして働くこともできます。

規則的な生活リズムで働ける仕事

環境の変化に敏感で、疲れやすいHSPは、規則的な生活リズムが維持しやすい仕事が向いています。

こつこつと物事に対して努力できるHSPは、『公務員』『事務員』 『薬剤師』 が向いています。

働く場所、時間を自分で決めることのできる仕事

自分の生活のリズムを維持しやすく、人との関わりも自分で調整することができるので、

『在宅ワーク』『自営業』 『プログラマー』 がむいています。

人に監視されることも少ないので、過度なストレスを受けることなく、HSPの能力を発揮できます。

 

HSPの子育てアドバイス本 おすすめ3冊

HPSのお子さまをより理解を深めるため、そして一緒に過ごすご家族の方の子育てが、もっと楽しいものになる、おすすめの本を紹介します。

ひといちばい敏感な子

ひといちばい敏感な子

 

「HSCは生まれながらの気質で、病気や障害でもなんでもないと、明るい気持ちで読める本でした。言い換えれば、敏感さをこじらせる前の対処策が、豊富に載っている本だと思います。 」

「一般的な子育ては、HSCの子には当てはまらないので、子どもがHSCだと思ったら、育児書がわりに読むといいと思います。 」

「人一倍敏感なタイプの子どもを尊重、尊敬する気持ちが湧きました。 」

「読み進めていくうちに、子どもの特徴など、共感できるところが次々に出てきて、その対処法なども具体的に書かれていたので、今まで気になっていたことがクリアになりました。 」

「今まで途方にくれていたこと子供の言動が理解できるようになり、以前より良い関係に慣れたと思います。」

(Amazon のレビューより)

子供の敏感さに困ったら読む本

子どもの敏感さに困ったら読む本:児童精神科医が教えるHSCとの関わり方

 

「”もしかして?”と思ったら早めに読んでみてほしいです。 」

「ADHDやアスペルガーなど、他の症状との違いが書かれている点がよかった。」

「精神医学や発達についての見識があまりなく、途中難しい部分もありましたが、理解が深められ、とても為になりました。 」

「自分の子供の頃からのいきづらさ、そして大人になってから思っていたことがすべて代弁してくださったような、救われた思いです。 」

「この本を読んで、気持ちがすーっとしました。 」

(Amazon のレビューより)

HSCの子育てハッピーアドバイス

HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子

 

「やっとうちの子の子育てにマッチしたアドバイスに巡り合えました。 」

「もっと早くこの情報を知りたかったー。 」

「アーロン博士の翻訳の本も持ってますが、こっちの方がHSC初心者にわかりやすいです。 」

「イラストがあってわかりやすいです。」

「私の子育てに否定的な母にもプレゼントしました。 」

「子育てされている親御さん皆さんに読んでほしいと思いました。それほど、子育てに根本的に大切な事が暖かく書かれています。 」

(Amazon のレビューより)

 

まとめ

まとめ

HSP の特性は 個性!

HSP の特性を活かせる職業はたくさんある!

しかもそれが、皆が憧れるクリエイティブな仕事が多い!

この個性を活かし、将来にはばたこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です