子供の思春期、不安な反抗期はいつまで?思春期の反抗期を知ろう!

思春期、反抗期の子供に頭を悩ませている方、そろそろ子供が思春期、反抗期を迎えることに不安に感じている方いるかと思います。

反抗期の態度は人それぞれ、子供によって違いがあります。

何を言っても聞いてくれず、暴言をはかれる毎日。

いつまで続くのかわからず不安で、子供の反抗期に疲れてしまいますよね。

「育て方が悪かったのかな」と悩んでしまう人もいると思います。

育て方が悪かったなんてそんなことはないんですよ。

思春期、反抗期とはどういうものなのかしっかり理解し、子供の成長を見守り、助けてあげましょう。

 

思春期とは?

思春期とはどういうものかわかりますか?

思春期とは、大人としての自分を確立する時期です。

親から自立したいと思う一方で、離れることを不安に思い葛藤します。

その不安になんとか対応していくために友達から安心感を得ようとします。

その結果、自立した行動ができるようになるのです。

思春期の心の発達は小学校高学年から高校時代の時期です。

周囲の影響を受けながら心の成長をしていきます。

ひとりで生きて行くための自律性を得るために、反抗的な態度をとる。

これは思春期を代表する行動です。

 

反抗期とは?

私たち大人も思春期反抗期を乗り越えてきました。

自分の反抗期の時のことを思い出してみてください。

親にあれこれ言われ、「うるせー」なんて暴言をはいてみたり無視したり。

思い出すと親に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

それでもここまで成長できたのはやっぱり親のおかげですよね。

今は反抗している子供たちも、この時期を乗り越えればいつかきっと親のありがたみをわかる時がきます。

反抗期には精神面の発達の過程で、ストレス、不満、不安などの思いが反抗的な態度となって現れます。

意見や指示に対して反抗するようになった、話に耳を貸さなくなった、無視する、部屋に閉じこもるなどの行動がみられます。

反抗期は二度あり、乳幼児期に現れるイヤイヤ期、小学校高学年から高校生くらいまでの思春期に現れます。

親としてはどう対応して良いのか悩むところですが、ひとつ理解して欲しいのが、これは大人になる為の大切な成長過程であるということです。

自立への第一歩です。

 

思春期の反抗期 男女の違い

反抗的な態度をとることについて、男子が多い、女子が少ないなどといった男女の違いはありません。

しかし反抗的な態度には男女で少し違いがあるようです。

また女子の方が反抗期が早く始まり早くおさまる男子の方が遅く始まり、その分おさまるのも遅くなってくる傾向があるようです。

男子
  • 暴力的言動
  • ものを投げる、壊すなど物に当たる
  • 壁や机を叩くなど大きな音を出す
  • 母親に暴言をはく
女子
  • 男性的言葉遣い
  • 部屋にこもる
  • 母親に暴言を吐く
共通
  • 挨拶や返事をしない
  • 化粧や髪を染める
  • 喫煙など非行に走る

反抗期だからといって、自己主張する子ばかりではありません。

中には反抗的な態度を見せず、心の中で悩んでいる子もいます。

うまく自分の意見を伝えることで衝突を避ける子もいます。

やはり人それぞれです。

我が子がどのタイプなのかしっかり見極めそれにあった対応をして行くことが大切です。

 

思春期の反抗期 いつまで続く?

子供にとっても親にとっても辛い反抗期の時期。

いつまで続くのだろうと不安になりますよね。

思春期の反抗期について明確な終了時期は定まっていません

20歳頃まで続く子もいれば、17歳ごろで落ち着く子もおり、個人差があります。

ただひとつ言えることは、一瞬では終わらないということです。

一般的には高校生の終わりから大学生にかけておさまってくることが多いです。

反抗期が終わったと明確には言えませんが、少しずつ心、態度が変化していっていつの間にか終わっていたということが多いです。

 

まとめ

まとめ
  • 思春期とは大人として自分を確立する時期、こころの成長の時期です。
  • 反抗期とは精神面の発達の過程で、ストレス、不満、不安などの思いが反抗的な態度となって現れます。
  • 大人になる為の大切な成長過程であり、自立への第一歩です。
  • 反抗的な態度には男女の違いが多少あります。また、中には反抗的な態度を見せない子もいます。
  • 反抗期が終わったと明確には言えませんが、少しずつ心、態度が変化していっていつの間にか終わっていたということが多いです。

親にとって思春期、反抗期の子供への悩みは尽きないと思います。

ただ子供自身もいろんな思いと戦っていることを忘れないでください。

反抗期というものがどういうものか頭に入れておくことで、反抗期の子供、これから反抗期を迎える子供への対応の参考になればと思います。

子供が大人になろうともがいていることをしっかりと理解してあげましょう。

思春期に起こる反抗期!子供と良い関係を築くための対応とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です