子どもが嘘をついてしまった時、あなたはどのように叱っていますか?

子どもに嘘をつかれてショックをうけた経験はありませんか。

たしかに子どもに嘘をつかれるとショックですし、嘘ばかり言ってしまう人になってしまわないか心配してしまうと思います。

しかし、嘘をついてしまう時の心理状態やどう対策をするといいのかをしっかりと考えておくことで親、子ども両方の心の負担を減らすことができます。

 

子どもが嘘をつく時の心理

まず、人はなぜ嘘をついてしまうのでしょうか。

嘘にも色々と種類があると思いますが、怒られるのが嫌でつく嘘、相手の気持ちを引きたくてつく嘘など、嘘をつく時の感情はその時その時でさまざまなのです。

子どもの嘘には大丈夫な嘘と、直さないといけない嘘があります。

3歳、4歳ころの子どもは空想上のものを本気で信じていたりします。

例えば、トイストーリーのようにおもちゃが喋っただとか、ワンちゃんとお喋りしたとか、かわいいなと思えることです。

あとは、強い願望からついてしまう嘘です。家族で遊園地に行きたいと思っていたら、行くと決まってもいないのにお友達などに今度遊園地に遊びに行くのと言ってしまうようなことです。

空想上の事や、強い願望からの嘘は成長するにつれて現実と空想の違いを認識できるようになってくると自然となくなってくるので大丈夫です。

反対に直さないといけないのは、怒られるのが嫌でつく嘘、人の注意を引きたくてつく嘘です。

子どもは人生経験が少ないので何か問題が起きた時に解決方法が分からず、思わず嘘をついてしまうことがあります。

1度嘘をつくとなかなか本当のことを言いづらくなります。

嘘をつかなくてもいい環境、嘘をついてもごめんなさいを言いやすい環境を作ってやるのが大切でしょう。

 

子どもが嘘をつく原因はあなたにあるかも

子どもが嘘をついてしまうような叱り方していませんか?

子どもに対して適当な事ばかり言っていませんか?

まず、子どもが何か叱られるようなことをした時に、まくしたてるように厳しく叱ってしまっている方はその叱り方やめましょう。

叱られたくない一心で嘘をついてしまいます。

親が子どもをちゃんと信じてあげていないと子どもは本当のことを言えなくなってしまいます。

次に、子どもが本当のことを言った時に、嘘をついていたことを叱らないでください。正直に言ったこと自体は褒めてあげましょう。

そして、子どもが悪かった点などがあれば、なぜそんなことをしてしまったのかを聞いて、今後はどうしたらいいか考えるようにしましょう。

「絶対に叱らないから、本当のことを言ってごらん。」と言って、子どもが本当のことを言ったのに嘘をついたことに対して叱っている方がいますが、それではダメですね。

あなたも、嘘をついてしまっていますよね。

親の真似でつく嘘の場合ですが、言うまでもなく、親が子どもに対して誠実な態度でいること、嘘をつかないようにすることです。

子どもだからといういい加減な気持ちではだめです。

子どもだからこそ、誠実に対応しなければならないという気持ちでいることが大切です

 

子どもが嘘をついてしまった時にどうすればいいのか

否定からはいるのは絶対にやめましょう。

「どうせ嘘なんでしょう」など言ってしまうともう最悪です。

実際に嘘をついていたとしても子どもを信用できていないと子どもは親を信用できなくなってしまいます。

それでは本当のことはなかなか言えなくなってしまいます。

子どものうそに気づいたときは、叱ってやめさせるのではなく、次はどうやってうそをつかせないかを考えましょう。

うそは絶対にいけないと堅苦しく考えず、ときにはユーモアをもって受け止め、うそをうそにしないでおくことも大切です。

お笑いの芸人さんなどは、話を面白くするために1くらいの小さなことでも10くらい大きく話して面白く話をすることがあるそうです。

それを、嘘つきと思うのか話の上手な面白い人だと思うのかは受け取る人次第ですよね。

子どもに対してもそういうとらえ方が大切です。

うそをつくのがよくないことを教えるなら、うそをついたときではなく、一緒に絵本やテレビを楽しんでいるときが最適です。

ストーリーの中でうそをつくと友だちが悲しむね、お母さんも悲しいな、などと伝えてみてください。

怒られながら嘘はダメと教えられるより素直に受け止めることができるので効果があります。

 

まとめ

まとめ
  • 子どもが嘘をつく時の心理はいろいろある
  • 子どもが嘘をつく原因はあなたにあるかも
  • 子どもが嘘をついてしまった時に否定から入るのはダメ!

今回は、子どもの嘘についてその時の心理状況や、原因、どのような対応がいいのか紹介しました。

それぞれ子どもの個性があるので子どもによって正解も変わってくると思うのですが大きな心で受け止めてあげるということは変わらないと思います。

最後に、嘘はいけないことですが、優しさからの嘘であることもありますし、嘘をつくことは成長していることでもあります。

ついつい怒ってしまう事もあると思いますが、大きな心で色々な角度から子どもを見てあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です