習い事はどこで始める?英語の力のつく幼児教室はこう選ぶ!

英語で苦労したパパさんやママさんは、いらっしゃいますか?

自分が苦労したことは、なるべくなら、子供には味わわせたくないですね。

英語なら、小さいうちから学んでおけば、もしかしたら苦労せずに身につけることができるかもしれない。

でも、どこで始めたら良いの?本当に効果が出るのかな?

そんな風に考えるパパやママのための情報です!

 

習い事に英語を選ぶ理由!

以前から、英語や英会話は、習い事として人気があります。

最近では、小学校での英語教育の本格化が伝わり、さらに人気が高まっているそうです。

なぜ、習い事に英語が選ばれているのでしょうか?

英語を習わせたいと思う親のキモチ

 英語を習わせたいパパやママは、このような心配をしていることが多いようです。

  • 小学校から始まる英語の授業で、子供が苦労しないようにしてあげたい
  • 就職の際に、英語を武器にできるくらいにするには、早くから始めないと
  • 臨界期を逃してしまったら、子供に損をさせてしまう

ひとつずつ説明します。

2020年から、小学校での英語教育が本格化します。

現在でも、高学年では英語での活動を取り入れた授業はあります。

ALTの先生と会話をしたりして、英語に親しむ時間となっています。

2020年からは、その英語活動は3・4年生がすることになります。

5・6年生では、英語は正式な教科となるのです。

中学校では昔から、英語は主要3教科のひとつとして、重要視されます。

当然ですが、成績もしっかり数値で表されます。

5・6年生でも英語がそのような教科になるならば、親は心配になりますよね。

早いうちから習っておけば、英語で良い成績がとれるかもしれない

自分のように、英語で苦労しないで済むようにしてあげたい。

そのように考えるパパやママは多いはずです。

更に先の、子供の将来に思いをめぐらせるパパやママもいるでしょう。

英語を自由にあやつることができれば、就職などの際に、大きな武器となります

早いうちから準備して、将来、周りより優位に立てる状況を用意してあげられたら。

「就活」の辛さや、「ブラック企業」という言葉がそこら中で聞かれる中、パパやママのそんな心配も、うなずけるものがあります。

「臨界期」という言葉も、パパやママを焦らせることがあるかもしれません。

臨界期とは、「7歳までは母国語以外の言語でもスムーズに習得できる」という、神経生理学発祥の考え方です。

「7歳までならスムーズ」と聞いてしまうと、7歳までに始めなきゃ、と考えるのが親というものです。

それまでに始めないと英語が身につかない訳ではありません。でもつい、親は焦ってしまいますよね。

英語を習わせて得られること

子供に英語を習わせるとき、一番期待したい効果はなんでしょうか。

英語が得意になり、英語で苦労しなくて済むことでしょうか。

さらには、英語を武器にできる人間になり、それで世の中をわたっていけることでしょうか。

しかしそれは数年後、もしくは10年や20年後の姿です。

最終的にそこにつなげるための、今の時点で求めたい効果とは?

それは、子供が「もっと英語を学びたい!」と思うようになる、ということではないでしょうか。

やらされる学びと、自らやりたくてやる学びでは、吸収力が全然違います。

10年後や20年後にすばらしい効果を得るためには、いずれの時点からか、子供が自ら学んでいく姿勢が必要にあります。

そのために大事なのは「英語って楽しい!」と、子供が思うことです。

運動系の習い事でも、楽器系の習い事でも、なんでもそうですよね。

その習い事を「楽しい!」「すごく好き!」と思っている子供は、上達が早いです。

なぜなら、練習が苦ではないからです。

むしろ、そう思えないと、上達は難しいとも言えます。

楽しいと思えないことを練習することは、子供にとって、とても苦痛だからです。

練習しなければ、なかなか上達しません。

英語も同じです。

上達するには、家での自主トレが必要です。

英語を習って、英語を「楽しい!」と思った子供は、家でも練習や宿題に、興味を持って取り組むでしょう。

子供に英語を習わせることは、この先も英語を学ぼうとする子供になるための「きっかけ作り」として大事なのです。

週1回の英会話教室に通っても、英語がしゃべれるようにはならないかもしれません。

日本では、日常生活で英語を使うことは、ほとんどないですよね。

そんな日本に住んでいて、それを望むのは難しいことです。

しかし、英会話教室に楽しく通っているなら、きっと英語に対する興味を持つことができています。

例えば外国人の先生に接して「もっと先生と話したい」と思ったなら、その後はさらに意欲的に学んでいくはずです。

上手に発音しようとするとか。家でも英語を使おうとするとか。

中学生くらいになり、ホームステイを経験したりすると「ホストファミリーともっと話せるようになりたい!」という感想を持つ子供は多いそうです。

それを本当に叶えようとする子供は、熱心に英語の勉強をします。

自分で目標を見つけた子供は、自ら学んでいくことができます。

それについてくるものとして、英語の成績が良くなったり、就職に役立ったりする、ということも起こり得るでしょう。

「人は、複数の言語を、生涯にわたり学ぶ権利がある」。

これは、ヨーロッパの複言語主義の考え方です。

ヨーロッパでは、たくさんの国と国とが隣り合っています。

自国のアイデンティティを尊重しながらも、ヨーロッパとしてひとつの共通性も育んできた歴史があります。

そこから出た考え方です。

つまり、本来言語とは、生涯学び続けるものなのです。

先ほどの「臨界期」という言葉を聞くと、親としては焦りを感じてしまいます。

しかし、焦る必要はありません。

子供が英語を自ら学びたいと思ったときが、英語を習得できる一番のチャンスです。

英語の習い事は、そのきっかけを与えてくれるのです。

 

英語はいつから習う?幼児だからこそ得られる効果もある

株式会社バンダイが行った調査によると、英語を学び始めた時期で一番多いのが小学1年生、次が小学5年生だそうです。

小学1年生は、学校での勉強が始まるタイミング、小学5年生は、英語の授業が始まるタイミングといえます。

その次に多いのが、3歳だそうです。

3歳は、幼稚園に入園する年齢です。

パパやママと離れて過ごすこともできるようになり、習い事を始めるタイミングとしてちょうど良いのかもしれません。

しかし、3歳で英語を習うことに、効果はあるのでしょうか?

率直にいうと、あります。

3歳で英語を習っていると、リスニングができる耳に育つ可能性があります。

リスニングができる耳とは、英語の音を雑音と区別して聞くことができる耳のことです。

英語耳と呼ばれて、話題になっていますね。

日本語と英語では周波数に違いがあります。

日本語の周波数に慣れてしまうと、その周波数にない音を雑音と認識してしまいます。

「雑音」と認識された音は、聞き取るのが難しくなるのです。

聞こえなくなる、とも言えるでしょう。

小さいころの耳ならば、周波数を選ばず、聞き取ることができます。

その時期に英語を「雑音」ととらえさせないことで、英語を聞き取れる耳に育ちます。

日本にいながら英語耳を育てるには、英語を聞くのが自然である、という環境をつくる必要があるでしょう。

英語を習えば、その時間は、自然に英語に触れることができますね。

もちろん、楽しめていることが前提ですよ。

つまらないと思いながらでは、きっと家で英語に触れる時間は少ないでしょう。

英語耳を育てるには、英語に触れる時間が長い方が、当然効果は大きくなります。

もっと赤ちゃんのころから、英語の歌や教材に触れさせるのもありでしょう。

「シャワーのように英語を浴びる」という表現がありますが、これには一定の効果があるそうです。

しかし、赤ちゃんだった子供も3歳になれば、お気に入りのキャラクターや番組もでてきます。

赤ちゃん時代と違い、自分の見たいものを主張する子供もいるでしょう。

それをさえぎってむりやり英語に触れさせては、英語を嫌いにさせてしまいます。

無理強いは良くありません。

本気で効果を求めるのであれば、

  • 英語に触れるのが自然である環境をつくること
  • 英語を楽しいと思わせること

が必要です。

そのような環境を整え、それを継続することは、パパやママの努力も必要になります。

とても大変なことです。

しかし、子供に効果をもたらした家庭では、きっとその努力を怠らなかったのでしょう。

そういうパパやママも、世の中には確かにいます。

 

英語教室やめさせる?続ける?習い事で悩んだら

せっかく英語を習い始めても、やめさせようと思うこともあるかもしれません。

やめた方が良い場合と、やめない方が良い場合を紹介します。

 子供が英語を楽しめなかったら

 英語を習い始めて、子供が楽しくなさそうなら、やめて正解です。

小さいころの習い事は、英語に限らず、本人が楽しんでいることが何より重要です。

楽しんでいなければ、身につく効果は少ないでしょう。

やめてしまったとしても、それは良い経験だったのですよ。

少なくとも「ここで英語を習っても楽しそうではない」ということは、習ってみなければ分からなかったことです。

習わせてみて、子供がうかない表情をしていたら、パパやママも納得がいくでしょう。

子供にイキイキとした表情が見られないと、なんとなく親も違和感を感じるものです。

もしかすると、英語を習うのが合わない訳ではなく、その教室が合わなかっただけかもしれません。

英語を習わせたい気持ちに変わりがなければ、別の教室に再チャレンジするのも手です。

楽しくないことを続けさせて、英語嫌いにさせてしまうのが一番良くないパターンです。

パパやママも後悔してしまいますよ。

英語の効果がみられなかったら

 子供は楽しんでいるけれど、英語の効果が感じられず、やめさせようか悩む場合もあります。

この場合、やめさせるのはもったいないです。

子供が、楽しめる習い事に出会えたことは、とても幸せなことですよ。

その時点での効果は、高い費用を払っているのに本当に意味あるの?と思うものかもしれません。

しかし本当に「英語って楽しい」と思えているなら、その気持ちは人生のどこで花咲くか分からないものです。

また、本人が楽しんでいるものを「効果がない」と中断させることは、やる気をうばってしまうことにもなります。

子供自身は、効果などは期待していないのです。

純粋に興味をもって楽しむ子供を、大人は評価しないで見守ってみてください。

じっと見守ることで育つものもあります。

こどもが英語を楽しんでいるようだったら、続けさせてみてはどうでしょう。

子供の心の中で、「英語って楽しい」という気持ちは育っていきます。

将来「留学する!」と言い出すなど、驚きの未来が待っているかもしれませんよ。

 

幼児向け英語教室を紹介!

実際に人気のある英語教室を紹介します。

新しいタイプの英語教室もありますよ!

シェーン子ども英語

シェーン英会話は、首都圏中心に213校を展開する、大手英会話スクールです。

すべての教室で、子供用の「シェーン子ども英語」を受講することができます。

英語の講師は、全員が英語を母国語としたネイティブです。

英語を母国語としない人に英語を教えるためのトレーニングが定期的に行い、常に講師の質を高めているそうです。

実際にレッスンを受けている子供の親からの評判もとても良いです。

3歳児クラスでも、50分間のあいだ、講師は英語のみしか使いません。

親が見ている様子では、それでも子供たちは、講師の英語をなんとなく聞き取れているそうです。

英語を使って、50分間楽しく遊ぶ中で、自然に耳が鍛えられているのでしょう。

シェーン子ども英語公式サイト

子ども英会話ペッピーキッズクラブ

スクール名の「ペッピーキッズ」とは「元気な子供たち」という意味です。

その名の通り、子供たちに英語の楽しさを伝えることを、一番大事にしているそうです。

「英語って楽しい」から「もっとやりたい!」「もっと知りたい!」へつなげていく。

そこへ導くために、教室でのスクールから、サマーキャンプ、海外イベントまで、いろいろな体験が用意されています。

レッスンは、外国人講師と日本人講師の2人で行います。

日本人講師から習ったことを、外国人講師相手に実践し、英語で伝える楽しさを子供が実感できるようにしています。

英語の学習塾と違う豊富で楽しいプログラムに対し、保護者は賛否両論の部分もあるそうです。

保護者の目的や、子供のタイプによっては合う・合わないがあるのかもしれませんね。

興味があったら、子供に実際に体験させてみるのがおすすめです!

子ども英会話ペッピーキッズクラブ公式サイト

ECCジュニア

35年以上のあいだ、日本の子供たちに英語教育を提供してきた、有名な英語スクールです。

語学の習得に必要な「聞く・話す・読む・書く」をバランス良く教えています。

小学生からはオリジナルテキストを利用して、内容の理解を図っていきます。

そのため、学校での英語の成績に直結し、成果を出すことができます。

そこが保護者からの信頼の高いゆえんでしょう。2018年のマザーズセレクションでは、「学習教材・塾」の部門で、大賞を受賞しています。

全国各地でホームティーチャーが活躍しています。

開講されている教室の数は1万以上にのぼります。

主婦の方が多いため、ネイティブによる本格的な英会話を身につけさせたいのであれば、別の教室が良いかもしれません。

ECCジュニア公式サイト

ホビングリッシュ

「ホビングリッシュ」という言葉を知っていますか?

ホビングリッシュとは、「ホビー(趣味)」と「イングリッシュ(英語)」を掛け合わせた言葉です。

ホビングリッシュの教室では、ダンスや体操、絵画などを、英語で習います。

楽しみながら英語を覚えていく、という新しいタイプの習い事です。

英語教室でダンスなどをするのと違い、どちらもきちんと習うことができるのが特徴です。

サッカーを通じて英語を学ぶスクール

指導員はネイティブやバイリンガル。

サッカー用語を学ぶのではなく、サッカーを通して日常会話を学んでいきます。

グローバルアスリート英語サッカースクール公式サイト

演劇を通して英語を学ぶスクール

劇の発表に向けて、作品を作っていく過程で、英語を身につけていきます。

普段は英語を話すのが恥ずかしくても、劇の最中ではそうはいきません。

それもホビングリッシュによるメリットといえます。

アートビーズ イングリッシュ公式サイト

 

まとめ

子供に、英語を身につけさせたいと思うとき、子供の気持ちを無視することはできません。

最初は大人に連れられて英語教室に来る子供たちも、そのうち自分で学びたいものを選んでいきます。

そのときに、

「もっと英語を学びたい!」

「話せるようになりたい!」

「外国に行きたい!」

と、英語に関係する夢を持っていたなら、幼児期の英語教育は大成功だったと言えるのではないでしょうか。

英語は、子供のときに習っていただけでは、マスターできません。

子供が継続して英語を学びたくなるような、そんな教室を、子供と一緒に見つけにいってみてくださいね!

(関連ページ)

幼児に英語の習い事は必要?いまどきの一石二鳥の英語教室とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です