子供にお留守番をさせる際に守るべき8つの注意点とは?

お子さんが小学校に上がるのを機に、お母さんがまた外に働きに出られるというご家庭も多いのではないでしょうか?

その場合、お子さんは長い時間、お家で留守番することになります。

また、仕事でなくても、子供を家に置いて、外出しなければならないこともありますよね。

では、その際に気をつけなければならないことには、どのようなものがあるでしょうか?

ここでは、その注意点について考えて行きましょう。

守るべき8つとは?

帰宅時

まず、家に着いたら、入る前に、周りに不審者がいないかどうか確認し、鍵を持っていることを気づかせないようにしましょう。

そのうえで、家に帰ったとき、中に誰もいないことをわからせないようにしなければなりません。

大きな声で「ただいま!」などと、声をかけて入りしましょう

そして、入ったらすぐに鍵をかけましょう

普段から、鍵は見えない所にしまい、家が留守だということを人にわからせないようにしておきましょう。

電話

子供が出ても、親が不在なのをわからせない返答をするのがいいのですが、子供には難しいと思われますので、最善の策は電話に出ないことでしょう。

コール音が長いと留守だとわかりますので、普段から留守番電話にしておくといいでしょう。

親からなど、出なければならない電話は、ナンバーディスプレイにしたり、あらかじめコール数を決めておくなどしておきましょう。

訪問者

扉を開けなくても、インターホンのモニターで訪問者を確認できますが、安全そうに見える人(郵便局員や宅配業者など)でも、安心できませんので、応対しない、つまり、居留守を使うのが一番いいでしょう。

万が一、出てしまった場合には、親は今、手が離せないと言うなど、家に大人がいないことを気づかせない工夫が必要です。

火の取扱い

親が不在の間に、子供が火や家電で、火事を起こすということも想定されます。

子供だけのときは火を使わないよう徹底し、使ってもいい家電も決めておきましょう。

連絡

緊急時にすぐ連絡できるよう、母親の携帯電話など連絡先を決めておきましょう

キッズ携帯は登録している相手にしか、かけられないので、持たせておくのもいいかもしれません。

また、できれば出先から定期的に連絡すると、様子がわかっていいでしょう。

事故を防ぐ

留守中の子供の事故を防ぐための注意も重要です。

子供が誤って溺れないように、お風呂の水は流しておく。

ベランダからの落下を防ぐために、ベランダには出ないよう徹底する。

または、柵近くに踏み台になるような物は置かない。

包丁など危険な物は、手の届きにくいところに置く。

などの工夫も必要です。

子供とのルール決めはシンプルに!

以上の注意点を考慮して、子供と留守番中に守るべきルールを決めましょう。

ルール決めは、留守番において、とても大切です。留守中に、触ってはいけないもの、使ってもいいものなども決めておきます。

なるべく子供にわかりやすいようにし、徹底させましょう。

どこか見えやすいところに書いて貼っておくのもいいですね。

子供はいくつぐらいから留守番できる?

預かってもらえる環境その他でも変わってくるとは思いますが、やはり、ある程度ルールを理解し、守ることができるようになってからということになります。

ですから、最低でも小学校に上がってからということになるのではないでしょうか。

その他の注意点

親が何時ごろ帰宅するかがわかっていると、子供も安心しますので、あとどのぐらいで帰るなどという連絡もまめに行いましょう

また、何か緊急の場合に頼れるご近所さんも必要です。

緊急時でなくとも、何でお世話になるかわかりません。日頃から、ご近所づきあいをきちんとしておきましょう。

まとめ

  • 帰宅時に家に誰もいないのを気づかせないようにする。
  • 電話には出ない。
  • 訪問者には居留守を使う。
  • 火は使わない。
  • 親との連絡のルールを決めておく。
  • 事故を想定できるものは、遠ざける。
  • 日頃から、ご近所づきあいをしておく。
  • 留守番時のルールを決めておく。
  • 留守番させるのは、小学生から。

その他にも、近頃では様々な防犯グッズや防犯システムなどがありますので、それらを活用するのもいいでしょう。

とにかく、子供と一緒にルールを決め、それを徹底させることが大事です。

それには、普段から親子のコミュニケーションをとっておくことが、留守がちだからこそ、重要になってきます。

親子とも安心して、留守番できる環境作りをしておきましょう。

(関連ページ)

子供の留守番はいつから?電話・インターホン・災害時などのルール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です