子供が進んでお片付けできる、一緒に考える収納でお片付け上手になろう!

子供がいる家庭は子供の衣服やケア用品など必然的にものが多くなりますが、中でも一番散らかりがちなのが子供のおもちゃです。

子供にとっては散らかすこと自体が遊びのようになっていることがあります。

ですからいつまでも散らかしっぱなしのままではまた散らかして遊ぶものがなくなってしまいます。

それに散らかった部屋では大人もイライラしてしまいつい子供に強く「片付けなさい!!」と怒ってしまいます。

そうならないためにも毎日きちんと整理整頓して、子供にはちゃんと使ったものは元の場所に戻すといった、基本的な片付けができるようになって欲しいものです。

そのためには大人がお手本を見せたいところですが、大人も子供も面倒な片付けはなるべくならしたくないものです。

そこで簡単に子供も自分から進んでお片付けができる収納を子供と一緒に考えていきましょう。

 

子供に片付けの仕方を教えよう

お片付けの習慣付けは赤ちゃんであっても、おもちゃを使って遊ぶようになったら始めることができます。

まずはなんでもお父さんお母さんがお手本を見せることが大事です。

赤ちゃんは大人の行動をよく見ています。

一生懸命お父さんお母さんの真似をしようとしている姿はとっても可愛いですし、それが子供にとっても良い習慣となれば嬉しいです。

普段からお父さんお母さんもきちんと整理整頓の習慣を子供に見せて、お片付けの習慣はそこから始めていきましょう。

しかしまだそれでは片付けるということがどういうことからまだちゃんと理解できていないと思います。

まずは“片付ける”とはどういうことなのかを教えましょう。

片付けるとは

  • ものを整理してしまう
  • 適切な場所に収め入れる
  • 乱雑に置かれたものをまとめ整える

ことです。

整理整頓をし、常にものの定位置を決めておけば、いざそれが欲しくなった時にすぐに見つけ出すことができます。

逆に散らかしたままでは探しものもすぐには見つからずそのまま失くしてしまうかもしれません。

そうならないためにも片付けの大切さを子供に教えていきましょう。

普段の生活の中で子供に1番片付けて欲しいのは子供のおもちゃです。

子供が遊んだおもちゃを自分で片付けてくれたら「片付けなさい!」なんて怒らずに常に穏やかな気持ちで子供に接することができて嬉しいですね。

ですが子供にとっておもちゃは“遊ぶもの”です。

そこで次は『遊んだものは片付けるもの』ということを教えていきましょう。

子供におもちゃを片付けてほしい時に

「片付けないなら捨てちゃうからね!」

とつい言ってしまいがちですが、これはNGです。

捨てられてしまう!と思ってその時は片付けをするかもしれませんが、これはただの脅されて恐怖したに過ぎず自主的な片付けではありません。

これでは自分でお片付けをするという習慣は身につきません。

更にお父さんお母さんも本当におもちゃを捨てるつもりはないと思います。

何度もこの脅し文句を使っていると子供も「本気で捨てるつもりはない」ということを見透かして言うことを聞かなくなります。

子供に何かを教える時は脅しや怖がらせてはいけません。

それをしなければどんな悪いことがあるのか(おもちゃを失くしてしまう、家族が踏んで怪我をしたりおもちゃが壊れたりするかもしれない)

どんな良いことがあるのか(次遊ぶ時に欲しいものがすぐ見付かる、片付いた広いスペースで体を大きく使って遊ぶことができる)を教えていきましょう。

これは片付けだけでなくいろいろなことに応用できます。

 

子供と一緒に片付けトレーニング

子供が自主的に片付けをしてくれるようになるには両親と一緒にトレーニングが必要です。

片付けをする意義を教えながら日常生活の中で楽しみながら片付けトレーニングをしましょう。

片付ける時間を決める

お出かけ前やご飯の前、お風呂に入る前には使ったおもちゃを片付けるというルールを決めると、子供もメリハリがあり抵抗なくお片付けをしてくれるかもしれません。

片付けをしたら

「今日のご飯はあなたの好きなメニューが待っているよー!」

「お出かけしたら楽しいところに行けるよ!」

「お風呂でお船を浮かべて遊ぼう!」

など、片付けたあとに楽しいこと嬉しいことが待っていることを伝えると片付けも楽しい気分ですることができます。

一緒に遊びながら片付ける

お片付けをする時に誰かと一緒にお片付け競争をするとお片付けも楽しくなります。

「10数える間におもちゃをたくさん箱に入れられた人の勝ち」

などルールを決め、よーいどん!でお片付けをするとゲーム感覚で子供も楽しくお片付けができます。

片付け終わったら、片付いて空いたスペースで子供と寝っ転がってゴロゴロ遊びをすると、部屋が片付いていればこんな遊びもできるということを子供に体感させましょう。

おもちゃに住所を作ってあげる

まだ小さい子供だととりあえずなんでもおもちゃ箱に入れるだけでお片付けが済むかもしれませんが、小学生くらいになってくると細かいパーツのおもちゃやおもちゃの種類も増えてくると思います。

それらを全て一緒くたに片付けてしまうと次はその中からお目当てのものを探すのが大変になってきます。

複数の収納を使い、それぞれをカテゴリー分けして収納するように年齢に合わせて収納の仕方を変えていきましょう。

そしてカテゴリーごとに収納ケースに番号や入れるものの名前を書いてわかりやすくしましょう。

まだ字が読めない子供にはシールやマーク、写真を貼ってどれがどのケースかがわかるように工夫しましょう。

“お人形は右の1番の箱”“車のおもちゃは車のマークの箱”

など、カテゴリーごとに番号やお人形の家、車庫など名称をつけておもちゃそれぞれの片付けられるべき場所を決めましょう。

片付けの時には

「そろそろお人形のお家に帰りたいみたいだよ?」

「燃料切れだよー、今日はもう車庫で休憩したいよー」

などの声がけをして決められた場所におもちゃを片付けられるようにしましょう。

片付けができたあとはたくさん褒める

子供がお片付けをちゃんとできた時には思い切り褒めてあげましょう。

言われたことをちゃんとしたのに見ていてくれなかった、何も言ってくれないとなると子供もやりがいを失くします。

できたことをちゃんと見ていてくれて、たくさん褒めてもらえれば子供にとってもそれは大きな自信になります。

一緒に片付けをし、できた時にはたくさん褒めて子供を認めてあげましょう。

 

収納方法は子供と一緒に考える

収納方法は子供の成長に合わせて変えていく必要があります。

小学校入学前の子供であればおもちゃを箱にポイポイ収納で事足りるかと思いますが、小学校に上がるとおもちゃだけではなく学校で使うものの収納・片付けも必要になります。

学校へ行く準備はなるべくなら子供1人でできるようになって欲しいですし、おもちゃも自分で管理して欲しいものです。

収納方法は親だけで決めるのではなく子供と一緒に考えることが大切です。

どうすれば1人で簡単に片付けや学校の準備がしやすいか子供自身にも考えさせ、一緒に工夫をしていきましょう。

1.収納場所

収納場所も一概に“子供のものだから子供部屋”と決めてしまうとうまくいかないこともあります。

学校で使うものの場合、子供部屋に勉強机はあるけれど実際はリビングや居間で宿題をすることが多かったり、子供部屋が2階で重いランドセルを担いで上り下りするのが大変だったりすると収納場所と使用場所が異なるため子供も片付けが億劫になってしまい片付けることができなくなってしまいます。

学校で使うものの場合は普段の子供の生活動線や子供の生活スペースの中で子供が使いやすい場所を子供と一緒に考え見付けましょう

おもちゃの収納も子供自身がどこで遊んで、片付ける場所はどこであれば簡単かを考えさせましょう。

2.ものを仕分ける

大人もそうですが、ものが多ければその分片付けも収納もその分大変です。

まずは“いるもの”“いらないもの”の仕分けです。

この時子供に

「いるものといらないものを分けて」

と言っても

「全部いる」

と言われて困ってしまう親御さんも多いでしょう。

なので“いるもの・いらないもの”と聞くのではなく、

“好きなもの・よく使うものはどれ?”

と聞くと子供も選びやすくなります。

おもちゃや学校へ着ていく服などはこの方法で1軍・2軍・3軍くらいにまとめます。

この時3軍のあまり好きじゃない・あまり使わない3軍のものは期間を決めて処分することを伝えましょう。

あまり使わないものでも子供にとっては思い出のあるものかもしれません。

子供のものであっても勝手に処分せず、“半年経っても必要なければ捨てる”など期間を子供と決めてから処分しましょう。

そしてそれぞれの収納場所は、1軍を1番取りやすい場所、2軍はその奥、3軍はあまり使わない部屋などに分けて収納しましょう。

学校で使うものに関してもシーズンオフのものや長期休暇中に持ち帰ってくるものの収納場所もこの時に決めておきましょう。

3.『とりあえずここBOX』を作る

好きだけどあまり使わないもの、捨てるには勿体無いもの、工作に使えそうなもの、途中のワークやプリントなどカテゴリー分けが難しいものを入れておく“一時避難場所”的な箱を趣味やおもちゃ用と学校で使うもの用で作っておくと便利です。

これも一定期間置いておいてやりかけのプリントから作業するや、使わなければ処分するなど、子供と一緒にルールを決めておくとものが散らかりにくくなります。

 

まとめ

まとめ
  • 片付けは親が手本になって子供と一緒にする
  • 片付けることの意義を子供に理解させる
  • 子供と一緒にどうすれば片付くかを考える

子供にとっては散らかすことも遊びです。

散らかったままの部屋にイライラしてしまう前に子供と一緒に簡単に片付けができるような収納を工夫しましょう。

片付けることで生まれる余裕が子供にとっても大人にとってもストレスを感じさせない心地よい空間をつくってくれます。

“使ったら片付ける”の基本を忘れないように子供と一緒に片付け上手になりましょう。

(関連ページ)

子供が片付けをしない。原因はあなたになるかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です