暖房費を節約するアイデア。エアコンその他の暖房器具で考えてみよう!

冬の暖房、皆さんはどうしてますか?

寒いと、ついついすぐにエアコンをつけてしまって、電気代が高くついて困る、こたつだけだと出たくなくなる、などとお嘆きの方も多いのではないでしょうか?

でも、ご安心ください!少しのアイデアで工夫するだけで、暖房費は抑えられますよ。

ここでは、その節約術をご紹介して行きましょう。

 

冷房費よりも暖房費のほうが高くつく?

夏の冷房費と、冬の暖房費、どちらが高いと思いますか?

冷房費と思いがちですが、実は暖房費なんです。

冬は夏よりも、外気温との差が大きく、暖房で設定温度まで室温を上げようとすると、冷房よりも消費電力が多くかかります。

そのため、冬のほうが電気代は高くつくというわけなんですね。

電力会社を見直す

今は、電力自由化によって、電力会社も選べるようになりました。

自分の生活スタイルに合ったプランに変えるだけでも、かなりの節約になります。

まずは、電力会社を見直してみましょう

 

エアコンを使う際の節約術

暖房と言うと、やはり、エアコンを使うご家庭が多いのではないでしょうか?

そこで、エアコンを使う際の節約術をご紹介しましょう。

風を下向きにする。

暖気は密度が小さくて軽いため、部屋の上部分に溜まる性質があります。

風を下向きにして、生活スペースに届きやすいようにしましょう。

また、こうすることで空気の循環も良くなりますよ。

サーキュレーターを使う。

サーキュレーターを使い、風を送ることで、暖気が循環し、エアコンの設定温度を低くできます。

サーキュレーターの消費電力は少ないので、電気代もかかりません。

自動運転にする。

消費電力が少ないと思い込んで、弱運転にしていませんか?

実は、自動運転のほうが、消費電力は抑えられるのです。

なぜかというと、エアコンは設定温度にするために電力を使います。

ですから、自動にしておくと、設定温度まで一気に調整したら、あとは、消費電力が少なくて済みます。

弱では、ずっと一定の電力を消費してしまいます。また、エアコンはオンにする際に多くの電力を消費しますので、こまめにオン、オフを繰り返すよりも、つけっぱなしのほうが電力が抑えられます。

小一時間ほどの外出ならば、つけたまま出かけたほうがよいでしょう。

フィルターをきれいにしておく。

フィルターにホコリが溜まっていると、暖房性能が落ち、電力が多く必要になってきますので、定期的に掃除してきれいにしておきましょう。

2週間に一度ぐらい、はたきでサッとはたいたり、掃除機で吸うだけで構いません。

断熱カーテン、厚手のカーテンを使う。

外からの冷気をシャットアウトでき、暖房の効きがよくなります。

室外機周りもチェックしましょう。

室外機周りに物が置いてあると、暖房の効率が下がってしまいます。

室外機周りは物を置かず、スッキリさせておきましょう。

 防寒グッズを活用する

すぐに暖房器具に頼る前に、ひざ掛け、レッグウォーマー、ルームシューズなどの防寒グッズも活用してみましょう。

暖房を使う場合でも、これで消費電力が少なくてすみますよ。

 

電気代の安い暖房器具を使う

エアコンだけでなく、その他の暖房器具を使ってみましょう。

暖房器具ごとの電気代について考えてみました。

部屋全体を暖めたい、いる場所だけピンポイントに、寝るときだけ、など目的に合わせた暖房器具を使うのも重要な節約術です。

また、いくつか組み合わせることで、暖房費を抑えるのに、効果的な使い方ができますよ。

  • エアコン 8~10畳向けのもので、1時間当たり2.8~39.9円
  • セラミックファンヒーター 8畳向けで、1時間当たり 強32.4円 弱14.9円
  • オイルヒーター 8畳向けで、1時間当たり 12.7円
  • 電気ストーブ ハロゲンヒーター 3畳向け 1時間当たり 強27円 中18円 弱8.9円 カーボンヒーター 3畳向け 1時間当たり 強24.3円 弱12.1円
  • パネルヒーター 1時間当たり 強27円 弱13.5円
  • 電気カーペット 2畳向け 1時間当たり 高9.6円 低6.2円
  • こたつ 1時間当たり 強4.3円 弱2.2円
  • 電気毛布 1時間当たり 強0.9円
  • 電気ひざ掛け 1時間当たり 1.1円

 

まとめ

寒いからと、すぐエアコンのスイッチをオンにするというのではなく、色々な暖房器具を組み合わせたり、使い方も工夫したり、それに加えて器具以外にも工夫したりと、アイデアを考えて、寒さ対策をして行きたいものですね。

こたつだけでほっこりするという冬の過ごし方もいいものですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です