嘘をつく子供、どう対処する?嘘をつく原因は本当に子どもだけにあるの?

子供の嘘への対応、親としては悩むところですよね。

嘘をついた事のない人なんていないと思います。

大人だって嘘をつくときもあります。

それなのに子供に「嘘をつくな」なんて少し難しい気もしますね。

どうして嘘をつくのか?

原因は子供だけにあるのでしょうか。

普段の子供への対応を見直してみてください。

子供はどうして嘘をつくの?

子供は2〜4歳頃から嘘をつき始めます。

子供はどうしてすぐにバレるような嘘をつくのでしょう。

嘘を付かれたら親としてはとてもショックですよね。

でも嘘をついた本人にとっては何の悪意もないケースがほとんどです。

子供の嘘は親をだましたり、あざむく為の嘘ではありません。

自己防衛の嘘

本当は自分がやったのに「◯◯ちゃんがやった」、本当はやっていないのに「手を洗ったよ」などと自己防衛の為に嘘をつきます。

本当のことを言ったら怒られるという怖さから、怒られない為に自分の身を守る為に嘘をついてしまいます。

また、親にいい顔をしたい気持ちから嘘をついてしまいます。

この自分を守る為の嘘が一番親を悩ませるのではないかと思います。

愛情が欲しい為の嘘

本当は褒められていないのに「今日褒められた」と嘘をついたり、「今日はこんな怖い目にあった」などと嘘をついたり。

これは愛情が欲しい為の嘘です。

親にかまってもらいたい、認められたい、注意を引きつけたい気持ちから嘘をついてしまいます。

 

子供にしてはいけない親の行動

子供が嘘をついたとき、親としてはショックで「どうして嘘ついたの!」なんて頭にきて怒鳴って問い詰めてしまったり。

そんな行動に心当たりがある方も多いかと思います。

子供にとって逆効果になる、子供が嘘をついてしまったっときにとってはいけない行動があります。

今までの子供に対する行動を振り返ってみてください。

嘘をついた理由を問い詰める

子供が嘘をついたときに「なんで嘘ついたの?」「どうして?」と問い詰めてしまう。

そんな行動に心当たりありませんか?

これはかえって逆効果になり、子供は怒られない為に、その場をとりつくろう為にと嘘に嘘を重ねてしまう場合があります。

子供に厳しすぎる

子供に対して厳しすぎてはいませんか?いっぱい我慢させていませんか?

親のそういった行動により、子供は叱られたくない、褒められたいという思いから嘘をつくことがあります。

すぐに謝らせる

子供にすぐに謝るように促していませんか?

「ごめんなさいは?」「ちゃんと謝りなさい」というのはよくありません。

謝罪を強要することで「謝れば済む」という考えが身についてしまいます。

「ごめんなさい」といえば許されると思ってしまうのです。

心のない謝罪は意味がありません。

「悪いことをしたから謝らないといけない」と子供が自然に思う事が大事です。

 

嘘をついた子供への対処法

頭ごなしに怒らない

子供の嘘に対し怒ってしまう気持ちもわかりますが、頭ごなしに怒るのは良くありません。

子供の「怒られたくない」という気持ちを強くさせてしまいます。

ゆっくりと子供が話をできる空間を作ってあげ、子供の目を見てしっかりと話を聞いてあげてください。

正直に話したときにはしっかりと褒めてあげる

「叱らないから本当のことを話して」と言って、本当のことを話したら叱ってしまうなんてことはしていませんか。

子供が正直に話したときはまず、正直に話したことを褒めてあげてください。

そのあとになぜそんなことをしたのか話を聞いて悪かったことを注意し、今後どうすればいいのか子供と一緒に考えてあげましょう。

子供を嘘つきにしたくない気持ちをしっかりと伝える

「嘘をつかれたらママ(パパ)は悲しい」ということをしっかりと伝えてあげましょう。

しっかりとそのことを伝えてあげれば子供は理解してくれます。

親が子供にどんな姿を見せているか見直す

普段イライラを態度に出していませんか?

機嫌が悪いのを態度に出していませんか?

「今日ママ(パパ)は機嫌が悪い」子供はすぐに察します。少なからず恐怖心を与えているかもしれません。

感情的にイライラしすぎると子供の心も不安定になってしまいます。

 

まとめ

まとめ
  • 子供は自己防衛の為、愛情が欲しい為に嘘をついてしまいます。
  • 嘘をついた理由を問い詰めると、子供は恐怖心から嘘に嘘を重ねてしまいます。
  • 子供に厳しくしすぎてしまうと叱られたくない、褒められたいという思いから嘘をついてしまいます。
  • 子供にすぐに謝るように促してしまうと「謝れば済む」という考えが身についてしまい、心のない謝罪をするようになってしまいます。
  • 子供が嘘をついたときは頭ごなしに怒らないようにしましょう。
  • 正直に話したときはしっかりと褒めてあげてください。
  • 子供を嘘つきにしたくない気持ちをしっかりと伝えてあげましょう。
  • 親が普段子供にどんな姿を見せているか見直しましょう。

子供の嘘には悪気がない事がほとんどです。

ただ、怒られたくない、褒められたいという気持ちで無意識のうちに嘘をついてしまいます。

子供の嘘の原因は子供だけにあるわけではありません。親の影響もあります。

子供だからといい加減な気持ちではなく、子供だからこそ誠実な態度で向き合い対応する事が大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です