子供の健やかな成長は歯の健康から。おすすめ歯磨き粉で歯磨き習慣をつけよう!

子供の歯の健康は毎日の歯磨きの習慣で培われていきます。

大人にとっては当たり前の歯磨きも子供にとってはやりたくないことのひとつです。

『食べたら磨く』の習慣をちゃんとつけられればおのずと健康な歯が作られていきます。

歯磨きをすることが当たり前の習慣になるように工夫していきましょう。

 

子供の歯磨き いつから?

子供の歯の健康を守るためには歯磨きの習慣をつけることが大事です。

そのためには早い段階からの練習が必要です。

一般的には下の歯が2本生え始めた頃、6ヶ月〜1歳くらいから始めるのが効果的と言われています。

この頃は何でも口に入れて口や舌でどんなものなのかを確かめます。

そのため歯ブラシや他のデンタルケア用品を口に入れられても抵抗が少ないとされています。

またこのくらいの時期は今まで母乳やミルクしか口にしたことのなかった赤ちゃんも離乳食が始まる時期です。

ものを食べるという行為のあとは歯を磨くという習慣をこの時期から身に付けていきましょう。

更に生えはじめの歯は、歯のエナメル質を強化したり、再石灰化を促進し、最近を弱体化させたりする働きのあるフッ素を取り込みやすいとされています。

また虫歯菌の働きを弱めたり、歯の石灰化を促したりする効果のあるキシリトールもフッ素と一緒に使うと虫歯予防に最適です。

もちろん嫌がるようであれば無理に歯ブラシを口に入れる必要はありません。

嫌がっているのに無理に歯磨きをしようとすると『歯磨きは嫌なこと、怖いこと』覚えてしまうため歯磨きの習慣を身に付けることができなくなってしまいます。

子供の成長に合わせ無理をせず楽しみながら始めていきましょう。

 

子供の歯磨き 磨き方

子供の歯磨きは必ずしも歯ブラシで磨くだけではありません。

現在では様々なデンタルケア用品が市販されています。

それらを子供の成長に合わせて取り入れていきましょう。

子供の歯磨きの基本姿勢は大人が足を伸ばして床に座り、足の間に子供を仰向けで寝させて膝の上に頭を乗せる寝かせ磨きが基本です。

顎を手で押さえ、上から大人が子供の口の中をのぞきこむような形で行います。

溝が深く磨きにくい奥歯は特に丁寧に磨きましょう。

歯ブラシは鉛筆を持つように持ち、奥まで歯ブラシが入ってしまわないように持ちます。

上唇と歯茎を繋ぐ筋に歯ブラシが当たると痛いので上の歯の前歯を磨く時はそこを指で押さえて磨きましょう。

生後6ヶ月頃 初めての歯磨き

この時期は口に歯ブラシを入れる練習をします。

実際に磨けていなくても子供が嫌がらない程度に口の中に歯ブラシを入れて、生え始めた歯や歯茎に触れさせてみましょう。

実際に歯を磨ければそれでも良いですが、難しい場合はシートタイプのデンタルケア用品を活用して生え始めた歯を清潔に保ちましょう。

歯磨きに慣れてきたら ジェルタイプ歯磨き粉

泡立たないジェルタイプの歯磨き粉は口の中がよく見えるため磨き残しなく磨くことができます。

子供の好きな味の歯磨き粉で歯磨きの時間を楽しいものにしましょう。

うがいができるようになったら

ペーストタイプの歯磨き粉を使ってみましょう。

一般的に多く販売されている歯磨き粉の形状です。

泡立ちが良いという特徴があり歯磨き粉に含まれるフッ素などの成分を口の中に広げることができます。

そしてうがいをすることで最後に口の中をすっきりさせて口の中が綺麗になったことを実感させましょう。

うがいはし過ぎてしまうと折角のフッ素成分を流してしまうため少量の水で1~2回にとどめましょう。

子供は歯磨きを嫌がるイメージがありますが、子供が歯磨きを嫌がる理由はいくつかあります。

  • 口に異物が入るのが嫌
  • 口をずっと開けているのが嫌
  • じっとしていないといけないのが嫌
  • 体を抑えられるのが嫌
  • 歯磨きをしているときのお母さんの顔が怖くて嫌
  • 歯磨き粉の味が気に入らない

などなど子供の嫌には理由があります。

3歳くらいまでに楽しく歯磨きの習慣を身に付けて、3歳くらいの歯が生えそろった頃になったら子供にひとりで歯磨きをさせてみましょう。

その際歯ブラシを咥えたまま走り回らないように注意しましょう。

転んで喉の奥を付いてしまう事故がこの時期には多く発生しています。

また、この時期もまだ大人の仕上げ磨きは必要です。

歯磨きが当たり前にできるように楽しい雰囲気で歯磨きができるように工夫しましょう。

そしてちゃんと磨けていたらたくさん褒めてあげましょう。

楽しく歯磨きをするためにはお母さんの雰囲気作りも大切ですが最近では絵本や歯磨き動画、スマホのアプリなどを使って歯磨きの時間を楽しいものにすることができます。

子供がなかなか歯磨きをしてくれないときには使ってみるのも手です。

歯磨きアプリ

はみがき勇者

App Store

Google Play

 

おすすめ歯磨き粉

子供の歯磨きには歯磨き粉を段階的に変えていくとスムーズに進められます。

それぞれの特徴を理解し子供にあったものを選びましょう。

シートタイプ

ピジョン(Pigeon) 親子で乳歯ケア 歯みがきナップ (個包装) ウェットタイプ 【やさしく拭き取る】 子ども用 歯磨きシート いちご味 42包入[cb]

 

にこピカ 大きな 歯みがきシート キッズ りんご味(20枚入)

価格:253円
(2019/10/8 07:39時点)

ジェルタイプ

【公式】アロベビー 歯みがきジェル(ALOBABY)オレンジ味【送料無料】【赤ちゃん用 歯みがきジェル/歯磨き粉 子供/歯磨き粉 子供用/乳歯ケア/ジェル状歯みがき/100%食品由来/フッ素不使用/国産/無添加/オーガニック/歯の生え始めから】

 

ピジョン 歯磨き粉 子供 ジェル状はみがき ぷちキッズ ぶどう味 50g ベビーハミガキ粉 ジェル状 こども 無添加 キシリトール はみがき フッ素食品原料 乳歯ケア

ペーストタイプ

 

薬用ガム(G・U・M) デンタルペースト こども用(70g)【ガム(G・U・M)】

 

キシリデント ライオン こども(60g)【キシリデント】

 

まとめ

まとめ
  • 歯磨きの大切さを理解させる
  • 早い段階から楽しい雰囲気で歯磨きの練習をする
  • 子供にあった歯磨き用具や歯磨き粉を使う
  • 嫌がる子供を押さえつけて歯磨きをしてはいけない
  • デンタルケア用品それぞれの特徴を理解し子供にあったものを選ぶ

子供の健やかな健康を守るためには歯の健康もとても大切です。

大切な子供の歯を守るために歯磨きの練習を楽しみながら親子でしていきましょう。

またこの歯磨きに練習は親子にとって大切なスキンシップの時間にもなります。

子供との歯磨きスキンシップタイムを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です