子供用ペダルなし自転車とは?今流行の『ストラーダー』の魅力!

近年、公園などでペダルなしの自転車に乗っているお子さんよく見かけますよね。

初めて見たときはびっくりしました。

なぜペダルがないのか、ブレーキもない。不思議で仕方ありませんでした。

今時は小さいうちからペダルなしの自転車に乗るのが当たり前になっているようですね。

2歳の誕生日プレゼントにペダルなし自転車をあげる話もよく聞くようになりました。

そのせいか三輪車に乗っているお子さんを見る機会が減ったような気がします。

小さい頃は三輪車に乗って庭や公園を走り回っていた記憶があります。

三輪車を見かけなくなったのは少し寂しい気もしますね。

今流行りのペダルなし自転車とはどういうものなのか、小さなお子さんがいる親としては気になるところだと思います。

 

子供用のペダルなし自転車とは

ペダルなしの自転車に乗っているお子さんを多く見かけると、同じ年頃の子供がいる親にとっては「自分の子供にも買い与えた方がいいのか」と思うこともあるのではないでしょうか。

子供がペダルなしの自転車に乗ることでどんなメリットがあるのか気になるところですよね。

子供用のペダルなし自転車とは一般的な名称としてキックバイクと言われています。

キックバイクは自転車のようにまたがり、足で地面を蹴って進むペダルのない二輪遊具です。

自転車のトレーニングに有効で、補助輪を使うより早く自転車に乗れるようになると言われています。

遊びながらバランス感覚、脚力をつける事が出来ます。

特に知名度が高いメーカーがストライダーです。

聞いたことある方も多いのではないかと思います。

ストライダーのキックバイクはペダル、ブレーキがありません。

対象年齢は2歳からです。

ストライダーについて詳しく見ていきましょう。

 

ストライダーが人気の理由

ストライダーはなぜ人気があるのか。

人気理由はなんなのでしょうか。

  • ストライダーは重さが3kgと軽く、女性でも簡単に持ち運びができます。

この軽さのおかげで2歳ほどの小さな子供でも楽に操縦ができ、足を地面に押し付けることによって簡単に止まる事ができます。

  • ホイールベースが広いので安定性が高いです。
  • カスタムパーツが豊富にあります。

ホイールタイヤ、サドル、グリップなど様々なカスタムパーツがあり、オリジナルに近い自転車を作る事ができます。

子供はもちろん親も一緒に楽しむ事ができます。

オリジナルのストライダーに親の方が熱くなってしまうなんてことも。

  • ストライダー限定のレース「ストライダーカップ」

ストライダーカップは2010年に日本で開催されてから世界中で開催されているストライダー公式のレースです。

2歳から参加する事ができます。

 

ストライダーの注意点

走行場所を守りましょう。

ストライダーは公道では乗れません。

危険なので車の往来が激しい場所では乗らないようにしましょう。

あらかじめ安全に乗れる場所を探しておくといいでしょう。

ヘルメットを着用しましょう

転用したときのことを考えヘルメットを着用しましょう。

公式ショップにもたくさんの商品があります。

お気に入りのヘルメットを見つけ、ストライダーに乗るときにはヘルメットを被ることを徹底しましょう。

肘や膝のプロテクターもあれば尚よいでしょう。

親は必ず付き添い、目を離さないようにしましょう。

いつどこに何があるかわかりません。

飛び出し、階段、段差、坂道など危険が伴う場所は多いです。

子供はとっさの判断ができないので子供がストライダーに乗るときは、親は必ず付き添い目を離さないようにしましょう。

 

まとめ

まとめ
  • 子供用ペダルなし自転車とはキックバイクと呼ばれ、自転車のようにまたがり足で地面を蹴って進むペダルのない二輪遊具です。
  • 自転車のトレーニングに有効で、補助輪を使うより早く自転車に乗れるようになると言われています。
  • 知名度が高いメーカーが「ストライダー」です。
  • ストライダーは重さが3kgと軽く、カスタムパーツが豊富にあります。
  • ホイールベースが広いので安定性が高いです。
  • ストライダー限定の「ストライダーカップ」があり、人気が高いです。
  • ストライダーは公道では乗れないことを理解し、走行場所を守りましょう。
  • ヘルメットを着用し乗りましょう。
  • 親が必ず付き添い目を離さないようにしましょう。

危険も伴いますのでしっかりとルールを守って乗りましょう。

正しく乗ればメリットの多い乗り物です。

ルールを守ることの大切さを教えるきっかけにもなりますね。

(関連ページ)

子供が自転車に乗れるのは○○だけ!?いつから始めてもOKの理由は!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です